link3504 link3505 link3506 link3507 link3508 link3509 link3510 link3511 link3512 link3513 link3514 link3515 link3516 link3517 link3518 link3519 link3520 link3521 link3522 link3523 link3524 link3525 link3526 link3527 link3528 link3529 link3530 link3531 link3532 link3533 link3534 link3535 link3536 link3537 link3538 link3539 link3540 link3541 link3542 link3543 link3544 link3545 link3546 link3547 link3548 link3549 link3550 link3551 link3552 link3553 link3554 link3555 link3556 link3557 link3558 link3559 link3560 link3561 link3562 link3563 link3564 link3565 link3566 link3567 link3568 link3569 link3570 link3571 link3572 link3573 link3574 link3575 link3576 link3577 link3578 link3579 link3580 link3581 link3582 link3583 link3584 link3585 link3586 link3587 link3588 link3589 link3590 link3591 link3592 link3593 link3594 link3595 link3596 link3597 link3598 link3599 link3600 link3601 link3602 link3603 link3604 link3605 link3606 link3607 link3608 link3609 link3610 link3611 link3612 link3613 link3614 link3615 link3616 link3617 link3618 link3619 link3620 link3621 link3622 link3623 link3624 link3625 link3626 link3627 link3628 link3629 link3630 link3631 link3632 link3633 link3634 link3635 link3636 link3637 link3638 link3639 link3640 link3641 link3642 link3643 link3644 link3645 link3646 link3647 link3648 link3649
トップページ > ONEDARI BOYS, グルメ・食文化 > 石狩川ベーコンは本物の薫製の味わいだった

S2000 clipart on PhoPng.

石狩川ベーコンは本物の薫製の味わいだった

北海道トンデンファームの、白樺チップで燻煙した石狩川ベーコンは、ちゃんとベーコンが薫製だということを証明してくれる!!

トンデンファームから頂いた石狩川ベーコン。一見するとブロックのようだが、実はスライス済みで手間要らず。この通りかなりの肉厚。
石狩川ベーコン

火を通さずそのまま一枚を食すことにする。カリカリに焼いたベーコンが好きだなんてのは、ベーコンを知らない奴の言う台詞だ[謎]。
石狩川ベーコン皿のせ

赤みと白みのコントラストが実に美しいテクスチャー。室温にわずか数分おいておくだけで、ジワジワと脂が溶け始め、ベーコンの表面にしっとりと薄い膜を張る。その照り具合、透明感がさらに食欲をそそる。
石狩川ベーコンのテクスチャ

乾燥パセリが、ある者は脂を吸い、ある者は脂の上を漂い始めたのがお分かり頂けるだろうか?
石狩川ベーコンの脂

ステーキナイフのような鈍い刃物でも脂身が分離せずにすっきりと切れる。肉厚のせいだけではない。すぐ千切れるようなベーコンとは明らかに違う。しっかりとした肉なのだ。なのに柔らかく切れるという不思議。
石狩川ベーコンを切る

まずは一口。まさにとろけるような味わい。端の部分までやわらか。噛むと肉の旨味が口の中いっぱいに広がる。その後に塩味が追いかけて来る。
石狩川ベーコンを食す

しばらく食べてみて、普通のベーコンとの違いがさらに分かる。ちゃんとスモークされているのだ。嫌みな煙の残り香などではない。ベーコンは薫製なのだと改めて気付かせてくれた。ヤニの少ない白樺チップの成せる業か?
石狩川ベーコンは美味い

1枚目を完食した後、この記事を書きながら再び美味さを思い出し、いてもたってもいられず更に2枚を食べた。「どっちの料理ショー特選素材」という称号も伊達ではない。

とりたてて脂身が多いベーコンというわけでもないのに非常に柔らかい。ゆえに脂身の嫌な味が舌に残ることもない。とにかくこれは薫製だ。ベーコンとしてではなく、一種の薫製として味わっても良いものだ。

【関連記事】
北海道トンデンファームのベーコン、焼牛、クラコウ
ベーコン料理レシピ、豆乳スープとジャーマンポテト
クラコウを食す
石狩川ベーコンでペペロンチーノ
トンデンファームのスティック・クラコウ完食
北海道トンデンファームの焼牛(和風ローストビーフ)
ONEDARI BOYS(クチコミマーケティングのパイオニア・おねだりボーイズ!): トンデンファームにONEDARIしました!




ハム

お試しセット

どっちの料理ショー特選素材

直火式炭火製法石狩川ベーコン

北海道トンデンファーム

石狩川ベーコン



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年7月 8日 06:03

» トンデンファームの石狩川ベーコンを食す。 from Modern Syntax
ONEDARI BOYSの「トンデンファームにONEDARIしました!」にあるよ… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年7月17日 23:36

» 薫香に酔う from 雪猿亭
FSS教師陣のブログを巡っていると六花童子先生のブログに、北海道は新千歳空港での旨いものが紹介されていました。 そこで便乗、 私“K”の新千歳空港でのお薦… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年1月13日 20:02

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー