link292 link293 link294 link295 link296 link297 link298 link299 link300 link301 link302 link303 link304 link305 link306 link307 link308 link309 link310 link311 link312 link313 link314 link315 link316 link317 link318 link319 link320 link321 link322 link323 link324 link325 link326 link327 link328 link329 link330 link331 link332 link333 link334 link335 link336 link337 link338 link339 link340 link341 link342 link343 link344 link345 link346 link347 link348 link349 link350 link351 link352 link353 link354 link355 link356 link357 link358 link359 link360 link361 link362 link363 link364 link365 link366 link367 link368 link369 link370 link371 link372 link373 link374 link375 link376 link377 link378 link379 link380 link381 link382 link383 link384 link385 link386 link387 link388 link389 link390 link391 link392 link393 link394 link395 link396 link397 link398 link399 link400 link401 link402 link403 link404 link405 link406 link407 link408 link409 link410 link411 link412 link413 link414 link415 link416 link417 link418 link419 link420 link421 link422 link423 link424 link425 link426 link427 link428 link429 link430 link431 link432 link433 link434 link435 link436 link437
トップページ > IT, Internet > 動画マニュアル.com

動画マニュアル.com

パワポ、エクセル、ワードなど、アプリの使い方を動画で解説

動画マニュアル.com

Windows定番ソフトの基本操作から便利な「裏技」まで、わかりやすい解説付きFlashムービー(動画マニュアル)をほぼ毎日、更新していくBlogです。

動画でのアプリ操作方法といえば当ブログでも「ファミコンぽい8ビット サウンドをガレージバンドで作る方法」なんてのが、それなりに反響があったのも記憶に新しいところです。

書籍や紙のマニュアルと違ってどう操作するかが本当によく分かるので、今後もこういったものは多々現れるのではないかと考えています。

ただし、動画はどうしても時間に縛られてしまうものです。書籍のように気軽にパラパラとめくりながら目的にたどり着くものではありません。その辺りの処理如何でウケるかどうか分かれるのではないでしょうか。

また、書籍やセミナー等も含めてこの手のアプリ操作方法のレクチャーはあふれ返っています。本当に大切なのはアプリの使い方や裏技といったものではなく、そこに縛られない使い方や発想のほうです。

初期の「MONO*crafts.」や「イメージダイブ」が面白かったのは、アプリ開発者が想定している操作方法、提供されている機能の限界に挑戦しているからではないかと思います。

Passion For The Future: パワポ使いへの警告

「パワポ使いが陥る6つのワナ」はどれも大変に納得。
1 パワポで企画書を書きながら、企画そのものを考える
2 企画の全体像を考える前にディティールばかりに目を向けてしまう
3 ”いつもの”企画書を使いまわす
4 パワポの機能でできないことは諦めてしまう
5 「カット&ペースト」でデータを切り貼りして企画の流れを見失う
6 アニメーション機能など演出に凝りすぎて、企画の本質を忘れてしまう

これは何もパワポに限ったことではないでしょう。私がよく話すネタのなかに、後輩デザイナーに「ちょっとラフ描いてみて」と言ったら、彼は「はい」と言ってまずイラストレーターを起動したので激高してしまった、というものがあります。

ディティールばかりに目を向けてしまう、アプリの機能でできないことは諦めてしまう、そんなことを避けるためにも、紙と鉛筆は大切です。

アプリの使い方だけ教えてサヨウナラ、というものは多々あります。肝心なところは誰も教えてくれないのだと認識しなくてはいけません。パソコンが使えればとりあえず職にありつけるという夢のような時代はとっくに終わっていますし。
パワポ使いへの警告
パワポ使いへの警告



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年7月11日 08:10

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー