link1022 link1023 link1024 link1025 link1026 link1027 link1028 link1029 link1030 link1031 link1032 link1033 link1034 link1035 link1036 link1037 link1038 link1039 link1040 link1041 link1042 link1043 link1044 link1045 link1046 link1047 link1048 link1049 link1050 link1051 link1052 link1053 link1054 link1055 link1056 link1057 link1058 link1059 link1060 link1061 link1062 link1063 link1064 link1065 link1066 link1067 link1068 link1069 link1070 link1071 link1072 link1073 link1074 link1075 link1076 link1077 link1078 link1079 link1080 link1081 link1082 link1083 link1084 link1085 link1086 link1087 link1088 link1089 link1090 link1091 link1092 link1093 link1094 link1095 link1096 link1097 link1098 link1099 link1100 link1101 link1102 link1103 link1104 link1105 link1106 link1107 link1108 link1109 link1110 link1111 link1112 link1113 link1114 link1115 link1116 link1117 link1118 link1119 link1120 link1121 link1122 link1123 link1124 link1125 link1126 link1127 link1128 link1129 link1130 link1131 link1132 link1133 link1134 link1135 link1136 link1137 link1138 link1139 link1140 link1141 link1142 link1143 link1144 link1145 link1146 link1147 link1148 link1149 link1150 link1151 link1152 link1153 link1154 link1155 link1156 link1157 link1158 link1159 link1160 link1161 link1162 link1163 link1164 link1165 link1166 link1167
トップページ > エンターテインメント > 地方出身者が考える東京地図

地方出身者が考える東京地図

ヒムロック最強伝説『ライブハウス武道館へようこそ』

『ライブハウス武道館へようこそ』といえばBOφWY時代の氷室京介の名言中の名言。初の武道館GIGで放った言葉で、ベストアルバム「THIS BOφWY」などに収録の「IMAGE DOWN」で聴けます。

正しくは、

ライブハウス武道館へようこそ

ライブハウス武道館へようこそ

ここは東京だぜ

と言っています。

この最後の『ここは東京だぜ』が謎ですね。「だからなに?」と思ってしまう。実は名言というより迷言のほうが多いヒムロック。

地域ネタでいうと、ソロ転向後にも変な台詞があります。これは友人から聞いたのですが、アンコール終了後に

『サンキュー東京!』

と連発したらしいのです。

これだけ聞くと何もおかしくはないのですが、この台詞を放った地は横浜アリーナ!

東京じゃねーしwww

神戸のことを大阪と呼ぶようなものですね。

でもこのへんに地方出身者の東京観がよく現れていて、田舎者の僕からすると東京というのは実に広い。

最近は都内在住なのでそうも思わないですが、昔は関東圏全域が東京みたいなものだと考えていました。

横浜なんて確実に東京だし、もちろん川崎もそうです。船橋も大宮も東京に入ります。浦安のネズミが東京を詐称しなくても、その辺一帯は東京です。湘南だって伊豆だって東京ですよ。

下手すると群馬や茨城なんてのも東京の範囲内ですね。山梨なんかも片足入りかけてる。頭文字Dなんて東京が舞台の話です。

ところが実際に東京に住んでみると、首都機能とカルチャーとしての東京がいかに小さいものか判明するわけです。山手線の内側でレッドゾーンを省いた範囲内という感じでしょうか。

そう定義してしまうと、やっぱり僕は東京には住んでない事になってしまうわけですが(笑)

和光在住の友達がミクシィ日記で『和光は都内です』と書いていました。成増まで自転車ですぐ行けるから。確かに和光は成増と言ってもいいかもしれない。

じゃあ成増が東京なのかというと、僕はずっと埼玉県だと思っていたくらいで、あれが板橋区なのだと知ったとき軽くショックを受けました(笑)赤羽なんかももちろん埼玉なわけです。池袋も埼玉でいいんじゃないかというくらい。

尼崎の市外局番は「06」だから大阪なのか?とか、舞鶴は京都じゃないとか、河内は大阪とは別物だとか、奈良や和歌山はまだしも三重県は関西に入れていいものか、という事情ともよく似ていますね。

僕の大阪認識では泉州や河内は大阪ではないし、むしろ神戸や京都のほうが大阪に近いというか、いわゆる三都だけが関西として映る面もありますね。それでも河内ラヴですけどね。実在の「モートルの貞」がいるしね。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年7月23日 12:58

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー