link2336 link2337 link2338 link2339 link2340 link2341 link2342 link2343 link2344 link2345 link2346 link2347 link2348 link2349 link2350 link2351 link2352 link2353 link2354 link2355 link2356 link2357 link2358 link2359 link2360 link2361 link2362 link2363 link2364 link2365 link2366 link2367 link2368 link2369 link2370 link2371 link2372 link2373 link2374 link2375 link2376 link2377 link2378 link2379 link2380 link2381 link2382 link2383 link2384 link2385 link2386 link2387 link2388 link2389 link2390 link2391 link2392 link2393 link2394 link2395 link2396 link2397 link2398 link2399 link2400 link2401 link2402 link2403 link2404 link2405 link2406 link2407 link2408 link2409 link2410 link2411 link2412 link2413 link2414 link2415 link2416 link2417 link2418 link2419 link2420 link2421 link2422 link2423 link2424 link2425 link2426 link2427 link2428 link2429 link2430 link2431 link2432 link2433 link2434 link2435 link2436 link2437 link2438 link2439 link2440 link2441 link2442 link2443 link2444 link2445 link2446 link2447 link2448 link2449 link2450 link2451 link2452 link2453 link2454 link2455 link2456 link2457 link2458 link2459 link2460 link2461 link2462 link2463 link2464 link2465 link2466 link2467 link2468 link2469 link2470 link2471 link2472 link2473 link2474 link2475 link2476 link2477 link2478 link2479 link2480 link2481
トップページ > Web 2.0, エンターテインメント > テレビはなぜ、つまらなくなったのか

テレビはなぜ、つまらなくなったのか

『日経ビジネス』連載に加筆修正して単行本化「テレビはなぜ、つまらなくなったのか?スターで綴るメディア興亡史」

テレビはなぜ、つまらなくなったのか?スターで綴るメディア興亡史
テレビはなぜ、つまらなくなったのか?スターで綴るメディア興亡史

ついさっきまで某局の方々とそういう話をしていたところに、帰りに寄ったコンビニでこの本を見かけてついつい手にとってしまったのです。

  • 長嶋茂雄、墜ちた視聴率王
  • 力道山、国民ヒーローの虚実
  • 手塚治虫、アニメに憑かれた天才
  • 大橋巨泉、“革命家”の嘆き
  • 黒澤明、天皇の孤影
  • 山口百恵、比類なきテレビスター
  • 角川春樹、奇才の「破壊と創造」
  • 鹿内春雄、テレビのバブル紳士
  • ジャニー喜多川、少年スターの創造王
  • 北野武、テレビを捨てた天才

などなど…
例えば、たけしが映画監督になった意外な経緯とか、たのきんトリオが金八先生でデビューに至る経緯とか、そんな業界裏話を見せつつ、なぜテレビがつまらなくなったのかという本題を浮き彫りにしてゆく。
日経ビジネス EXPRESS TV WARSのインタビューからの収録も多数。大橋巨泉氏のあの名言「金持ち、勝ち組、インテリはテレビなんか見なくなった」が活字で読める!

ま、貧困層ほどインターネットをよく使うというレポートがあるわけで、そのほうが巨泉さんよりずっと信憑性高いので僕はスルーしてますけどね。

てゆうか、IT業界のコンテンツ制作能力の無さの方がやっぱり気になるわけです。僕はテレビ側ではなくてIT側の方ですからね。常々思うけども、本気のプロが参入してきたらCGMみたいな素人の落書きは簡単に消え去ってしまうわけで、きっと配線工の人くらいしか儲からなくなるんだって。Web 2.0とかあんまし毒されてちゃいかんよ。

ところで前述とは別の某局から電話がありまして、ヨコハマ EIZONE 映像文化都市フェスティバルで開催予定のシンポジウムにて、あれがあれであれなのであれですけどどない?という問い合わせがありました(謎)まあ、全然OKですよウェルカム。むしろ美味しくて有り難うございます。
中谷日出さん、箭内道彦さんらが出演されるので非常に見に行きたいのですが、平日18時にハマへは到達できないと思うので、誰かお暇な方は僕の代わりに見に行って感想を聞かせて下さい。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年7月25日 01:37

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー