link411 link412 link413 link414 link415 link416 link417 link418 link419 link420 link421 link422 link423 link424 link425 link426 link427 link428 link429 link430 link431 link432 link433 link434 link435 link436 link437 link438 link439 link440 link441 link442 link443 link444 link445 link446 link447 link448 link449 link450 link451 link452 link453 link454 link455 link456 link457 link458 link459 link460 link461 link462 link463 link464 link465 link466 link467 link468 link469 link470 link471 link472 link473 link474 link475 link476 link477 link478 link479 link480 link481 link482 link483 link484 link485 link486 link487 link488 link489 link490 link491 link492 link493 link494 link495 link496 link497 link498 link499 link500 link501 link502 link503 link504 link505 link506 link507 link508 link509 link510 link511 link512 link513 link514 link515 link516 link517 link518 link519 link520 link521 link522 link523 link524 link525 link526 link527 link528 link529 link530 link531 link532 link533 link534 link535 link536 link537 link538 link539 link540 link541 link542 link543 link544 link545 link546 link547
トップページ > Web 2.0, 動画共有・ストリーミング > 動画共有サービスはYouTubeよりFlickrを目指すべきだ

動画共有サービスはYouTubeよりFlickrを目指すべきだ

CGMをうたいつつも著作権侵害に頼ったアングラまがいのサービスなどはいずれ終わり、真に「機能」としての動画共有サービスのみが残るのではないだろうか。

実に鋭い考察だというか、あの頃ブロードバンドでアレだった人間にはとても共感できるというか。
【B面】犬にかぶらせろ!乃風 — ブロードバンドバブルの時代を思い出す

そもそも何をどう勘違いすれば人が素人の作った著作権的に無問題な映像を観るなんて思うのだろう

まったくその通り。ブログを書くのとは難易度が決定的に違う。なかには面白い動画もあるけど、並外れた熱意の賜物かもしくは偶然の産物である場合が多々。ブログのように誰もが手軽に興じられる遊びでないことは確か。

素人が本当にエンタメや情報番組というものをやれるなら、そしてユーザーが真にそれを望むのなら、YouTubeの著作権問題が大々的に取り扱われることはないだろう。

つまりビデオにおけるCGMというのはあり得ないということになる。

ならば動画共有サービスというのはどうあるべきかというと、Flickr的な利用目的しか今のところ思い浮かばない。Flickrが動画にも対応すればいい。ただそれだけだ。

ビデオカメラの現状を見てみると、テープやDVDといったリムーバブルメディアから、ハードディスクドライブやメモリーカードに移ってきている。

これは撮影した動画のインデックスが、メディア(ロール)単位からファイル単位に移行しているということ。

これまではテープに貼ったシールがタグ付けを、撮影日が時系列での索引を、テープの保管場所がカテゴライズだったりした。これがファイル単位だとまったく通用しない。何らかの情報技術に頼るより他はない。

そこで動画共有サービスの出番だ!とは言い難いが、ローカルのHDDにため込んで管理するよりは、データセンターのストレージのほうがずっと良い環境だとも考えられる。確実にバックアップもとってくれるならなお良しだ。

テープメディアと違って、衝撃や静電気で全て吹き飛んでしまうような脆弱な記録媒体がメジャーになってきているということ、そしてどうインデックスするかどう検索性を持たせるか、これらの諸問題を解決するひとつの方法が動画共有サービスだと言える。

動画共有とは書いているが、別に共有する必要があるわけではない。名前から想起するような、SNS的なものである必要もない。動画ファイルに適したオンラインストレージがあれば、使ってみると良いというだけのことだ。ただし、単なるストレージではなく共有もできるサービスであれば、遠方の家族や友人などと分かち合うものもあり、何かと便利なのではないかと思う。

これらを実現するには、現状をはるかに超える高速回線と無尽蔵のストレージが必要になるだろう。なにしろ時代はハイデフなのだ。QVGAがようやく見られるような現在の状況ではまだまだ満足できるサービスとは言い難い。

早ければ3年、遅くとも5年以内にはそういった問題は解決され、HD映像を気軽にアップロードできる動画版Flickrのようなものも現れるのではないだろうか。

また、WEBアプリケーション上でHD映像のエディットまで出来てしまえば嬉しい。既に「Jumpcut」のようなサービスがあるので、それはそう遠くない将来に実現されるだろう。hellodeoのようなダイレクト録画機能についても同様だ。

結局のところ、今現在のYouTube祭りに関しては、著作権にまつわる問題提起と、素人によるビデオCGMよりもやはりメジャーコンテンツが面白いという印象を残して、近々急速に終息するような気がしてならない。

その後に、本質的な動画共有サービスが始まるのではないかと考えている。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年7月27日 14:24

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー