link1507 link1508 link1509 link1510 link1511 link1512 link1513 link1514 link1515 link1516 link1517 link1518 link1519 link1520 link1521 link1522 link1523 link1524 link1525 link1526 link1527 link1528 link1529 link1530 link1531 link1532 link1533 link1534 link1535 link1536 link1537 link1538 link1539 link1540 link1541 link1542 link1543 link1544 link1545 link1546 link1547 link1548 link1549 link1550 link1551 link1552 link1553 link1554 link1555 link1556 link1557 link1558 link1559 link1560 link1561 link1562 link1563 link1564 link1565 link1566 link1567 link1568 link1569 link1570 link1571 link1572 link1573 link1574 link1575 link1576 link1577 link1578 link1579 link1580 link1581 link1582 link1583 link1584 link1585 link1586 link1587 link1588 link1589 link1590 link1591 link1592 link1593 link1594 link1595 link1596 link1597 link1598 link1599 link1600 link1601 link1602 link1603 link1604 link1605 link1606 link1607 link1608 link1609 link1610 link1611 link1612 link1613 link1614 link1615 link1616 link1617 link1618 link1619 link1620 link1621 link1622 link1623 link1624 link1625 link1626 link1627 link1628 link1629 link1630 link1631 link1632 link1633 link1634 link1635 link1636 link1637 link1638 link1639 link1640 link1641 link1642 link1643
トップページ > IT, Internet, エンターテインメント > ネット配信になればテレビ番組も観てもらえるのか?

ネット配信になればテレビ番組も観てもらえるのか?

テレビ番組の一部がYouTubeなどにアップされるわけだが、その部分しか観たくないということであれば、作り方を変えるしかないのでは?

なぜテレビを観なくなったかといえば、くだらない番組があまりにも多すぎるからで、それらをネット配信したところで、今さら視聴者が戻って来るとも思えないのです。

「伊東家の食卓」とか「トリビアの泉」なんかはブツ切りされてYouTubeにアップされてます。視聴者が本当に観たいのはその部分だけということの現れですよね。

だとしたら、電波にのせているものをIPにものせるという事では対処不十分なのだと思うのです。

従来通りの電波をやりつつ、ネット向けの制作もしていかなければならない状況に追い込まれているのが、今のテレビ局なのかな?

「お父さんのためのワイドショー講座」なんて皮肉そのもので、各ニュースの扱われた総時間というのが、どこのチャンネル観ても拾って来る話題が同じ、という状態を表してるわけですね。

これ、どこのブログ読んでも今日はこの話題ばかりだな、というのと全く同じ。

一度それと似たような状態になってから淘汰を待つのも良いですね。

その間に、既に各分野に特化されたCSのチャンネルが市場を支配しそうな気もしますが。

そういえば個人的には、テレビ観なくなったというより先に、地上波を観なくなったという事がありました。CSのような特化型のチャンネルがいいんですよね、観たくないものまで惰性で見せられてしまうことが無い。

NHKスペシャルとかだったら観るけど、テレビ有名人がわいわい騒いでいるだけの番組はどうでもいいし、ニュースはどこも切り口が似てるし、面白いドラマはなきに等しいし。

酔って来たのでこのへんで徳力メソッド的に締めて終わりにします。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年7月30日 21:03

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー