link1606 link1607 link1608 link1609 link1610 link1611 link1612 link1613 link1614 link1615 link1616 link1617 link1618 link1619 link1620 link1621 link1622 link1623 link1624 link1625 link1626 link1627 link1628 link1629 link1630 link1631 link1632 link1633 link1634 link1635 link1636 link1637 link1638 link1639 link1640 link1641 link1642 link1643 link1644 link1645 link1646 link1647 link1648 link1649 link1650 link1651 link1652 link1653 link1654 link1655 link1656 link1657 link1658 link1659 link1660 link1661 link1662 link1663 link1664 link1665 link1666 link1667 link1668 link1669 link1670 link1671 link1672 link1673 link1674 link1675 link1676 link1677 link1678 link1679 link1680 link1681 link1682 link1683 link1684 link1685 link1686 link1687 link1688 link1689 link1690 link1691 link1692 link1693 link1694 link1695 link1696 link1697 link1698 link1699 link1700 link1701 link1702 link1703 link1704 link1705 link1706 link1707 link1708 link1709 link1710 link1711 link1712 link1713 link1714 link1715 link1716 link1717 link1718 link1719 link1720 link1721 link1722 link1723 link1724 link1725 link1726 link1727 link1728 link1729 link1730 link1731 link1732 link1733 link1734 link1735 link1736 link1737 link1738 link1739 link1740 link1741 link1742 link1743 link1744 link1745 link1746 link1747 link1748 link1749 link1750 link1751
トップページ > エンターテインメント > 80年代の三大メガネ有名人

Nurtition clipart on PhoPng.

80年代の三大メガネ有名人

めがねっ子ブームも単に80年代リバイバルの一環ではないかと思うのです

一昨年あたりから空前の眼鏡ブーム到来と言ってもいい感じですが、もとをたどるとこの3人に行き着くような気がします。左からDr.スランプ アラレちゃん、斉藤ゆう子 ( 斉藤祐子 )、笠浩二(C-C-B)
めがね

大村崑とか三木のり平とか横山やすし等と違うのはコミカルさの強調よりも、ちょっとフェミニンな可愛さやポップさを演出している点ですね。これが現在のメガネ属性とかメガネ萌えといわれるものの源流たる所以ではないかと。

ということで、「なぜ今メガネ・ブームなのか」と悩んだりせずに、80年代リバイバル・ブームの最後っぺ程度に考えてみると良いんではないでしょうか。

しかし、メガネが「萌え」の対象となったのは21世紀からですよね。もちろんエロ漫画やエロゲーなどではずっと以前からそういう性的な趣向はあったわけですが、市民権を得たのはごく最近ではないかと思います。

そもそも昔ながらのエロゲーの定石では「肉感的ボデーのお姉さんのメガネにぶっかけたい」という欲求の方です。つまり、眼鏡をかけているべきなのは朝比奈みくる的存在であって、長門有希ではないはずです。この辺は多分いしたにさんが適切にフォローしてくれるので、投げっぱなしにして私は仕事に戻ります。

ちなみに斉藤ゆう子は斉藤祐子の名で声優さんをやっているようです。彼女は『ビッグマグナム黒岩先生』で横山やすしと共演しています。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年8月10日 23:43

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー