link4672 link4673 link4674 link4675 link4676 link4677 link4678 link4679 link4680 link4681 link4682 link4683 link4684 link4685 link4686 link4687 link4688 link4689 link4690 link4691 link4692 link4693 link4694 link4695 link4696 link4697 link4698 link4699 link4700 link4701 link4702 link4703 link4704 link4705 link4706 link4707 link4708 link4709 link4710 link4711 link4712 link4713 link4714 link4715 link4716 link4717 link4718 link4719 link4720 link4721 link4722 link4723 link4724 link4725 link4726 link4727 link4728 link4729 link4730 link4731 link4732 link4733 link4734 link4735 link4736 link4737 link4738 link4739 link4740 link4741 link4742 link4743 link4744 link4745 link4746 link4747 link4748 link4749 link4750 link4751 link4752 link4753 link4754 link4755 link4756 link4757 link4758 link4759 link4760 link4761 link4762 link4763 link4764 link4765 link4766 link4767 link4768 link4769 link4770 link4771 link4772 link4773 link4774 link4775 link4776 link4777 link4778 link4779 link4780 link4781 link4782 link4783 link4784 link4785 link4786 link4787 link4788 link4789 link4790 link4791 link4792 link4793 link4794 link4795 link4796 link4797 link4798 link4799 link4800 link4801 link4802 link4803 link4804 link4805 link4806 link4807 link4808 link4809 link4810 link4811 link4812 link4813 link4814 link4815 link4816 link4817
トップページ > IT, Internet > 視聴者のいないテレビに広告がつくだろうか

視聴者のいないテレビに広告がつくだろうか

お客様は神様です。神様はスポンサー様です。スポンサー様のお客様は視聴者様です。視聴者は神様です。

トラバいただいた「kaku-log: 「テレビ局は番組ではなくCMありきらしいよ」論争」と、newsingでのコメントを読んで、ちょっと思ったことなどを。

「金だしているスポンサー様こそ偉いのだ」というのを全面的に肯定する意見もあります。間違いではないですが、ある意味でこれは非常に怠慢だと思うんですよ。

ことウェブに関しては、ユーザーにとって良いコンテンツを作っている、良いサービスを続けているところに、多額の広告費が落ちてくるという事例も多々あるわけです。

そうなるとむしろ「広告を出してやってる」という立ち位置ですらありますね。いやな広告主なら無理に載せなくていいし。そういう強い立場を確保できてこそメディアとしての中立性も生まれるというもの。スポンサー等に尻尾ふる犬にはそれは無理。

また、広告主にとってのお客様は誰かと言えば、まぎれもなく広告を見て購買行動に出る視聴者なわけです。

いま目の前にちらついてる現金は明らかに広告主の財布から出て来るわけですが、もとをたどれば商品を購入した視聴者の財布から出ているわけで、本気で広告主様のことを思えば、視聴者を無視したコンテンツ作りはできないはずですね。

ちなみに僕は大学のとき映像を専攻していたのもあって、テレビ番組やCM制作を行う会社から内定を頂いてました。

卒業も間近の頃、その会社に遊びに行ったとき技術者の人と話していて、ある何かに関して「プロってすごいですね」みたいな事を言ったと思うのですが、そしたらその技術者の方が「手は抜けないよ、だって日本中の同業者が見てるんだから」と誇らしげに言いました。

その瞬間にサーッと冷めて、その会社は蹴りましたよ。いくら技術者とはいっても、視聴者のことを一番に据えてないのは痛すぎると感じましたから。

自主映画やってたころは、観衆の反応が対価そのものだったのでね。

で、数ヶ月後にマルチメディア制作に落ち着き、その流れでインターネットでの映像配信などもやり始めたというわけ。さまざまな映像配信に携わるようになってかれこれ10年ですね。

その10年、いくらでもテレビ局が開拓する余地はあったのですが、YouTubeの脅威まで手を打たずに来たので今さら焦ってるわけです。僕はそれを鼻ほじりながら楽しんでみてるところ。

まあ、米国でいろいろ大きな動きがあるので、日本の民放も1〜2年で追随するでしょうけどね。そうなってからが、テレビは本当に面白くなるんじゃないでしょうか

【関連記事】
テレビ局は番組ではなくCMありきらしいよ



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年8月16日 00:44

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー