link3504 link3505 link3506 link3507 link3508 link3509 link3510 link3511 link3512 link3513 link3514 link3515 link3516 link3517 link3518 link3519 link3520 link3521 link3522 link3523 link3524 link3525 link3526 link3527 link3528 link3529 link3530 link3531 link3532 link3533 link3534 link3535 link3536 link3537 link3538 link3539 link3540 link3541 link3542 link3543 link3544 link3545 link3546 link3547 link3548 link3549 link3550 link3551 link3552 link3553 link3554 link3555 link3556 link3557 link3558 link3559 link3560 link3561 link3562 link3563 link3564 link3565 link3566 link3567 link3568 link3569 link3570 link3571 link3572 link3573 link3574 link3575 link3576 link3577 link3578 link3579 link3580 link3581 link3582 link3583 link3584 link3585 link3586 link3587 link3588 link3589 link3590 link3591 link3592 link3593 link3594 link3595 link3596 link3597 link3598 link3599 link3600 link3601 link3602 link3603 link3604 link3605 link3606 link3607 link3608 link3609 link3610 link3611 link3612 link3613 link3614 link3615 link3616 link3617 link3618 link3619 link3620 link3621 link3622 link3623 link3624 link3625 link3626 link3627 link3628 link3629 link3630 link3631 link3632 link3633 link3634 link3635 link3636 link3637 link3638 link3639 link3640 link3641 link3642 link3643 link3644 link3645 link3646 link3647 link3648 link3649

https://igratnadengi.org/

素性が割れてしまう動画共有サービス

ポッドキャスティング、動画共有などなど、ネット上での顔出し動画公開で、近所でよく見かける人がどういう人なのか知ってしまう件

昨日、小鳥ピヨピヨの「YouTubeの真の力、あるいは超笑ったビデオメッセージ」というのを読んで(というか観て)、あまりに同意し過ぎてしまいました。

CMSというからには、こういうスタイルって重要ですよね。ブロガー的感覚でいうと言及トラックバックでしょうか。テレビ的メジャースタイルとは一線を画したものですよね。上から下に押し付けるのではなくて、あくまでフラットに波紋が広がるような感じ。

さてさて、その小鳥エントリーを読んだ直後にワッチミー!TVに動画のアップロードをしつつ、他のビデオなど観ておりましたら、なんと知ってる人が出ているじゃないですか!!

知ってるといっても知合いではなくて、近所でよく見かける人なんですけども、すごくストイックなオーラが出てて金髪短髪でタンクトップ微々マッチョなお兄さん。

あまりにもオーラが他の人と違うので、この人はどういう人なんだろう?と前々から気になっていたのですが、まさか動画共有サービスでその素性を知ってしまうことになろうとは!!

ちなみにそのお兄さんというのは、この方です。
超人発掘列伝|2006/07/13 賀出自己紹介 初回版
筋肉番付の腕立て伏せ記録3396回

いやあ、まさか彼の素性というか歴史というか、栄光と挫折のドラマまで知ってしまうことになろうとは!!でもって、彼のサイトから芋づる式に、事務所の地図とかmixiとか瞬く間に知ってしまうわけです。(つうかマジで近所すぎw)

こうして「知る」ことによって、ある種の敬意が生まれるから不思議です。今度見かけたら、声かけてみようかなと思います。

ところで僕の場合もネットで顔をさらしまくってるわけで、加えて今年はテレビ3回出てて、そのせいかどうか知らないですけども、街歩いてて目があった人に「あっ」みたいな表情をされることが何度かありました。

僕を見かけた人は怖がらずに「なにわともあれのお兄さんですか?」と気軽に声かけてくださいね。

あと、くれぐれも「こないだ歌舞伎町で女連れだった」とかこっそりブログに書いたりしないように。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年8月22日 18:42

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー