link5180 link5181 link5182 link5183 link5184 link5185 link5186 link5187 link5188 link5189 link5190 link5191 link5192 link5193 link5194 link5195 link5196 link5197 link5198 link5199 link5200 link5201 link5202 link5203 link5204 link5205 link5206 link5207 link5208 link5209 link5210 link5211 link5212 link5213 link5214 link5215 link5216 link5217 link5218 link5219 link5220 link5221 link5222 link5223 link5224 link5225 link5226 link5227 link5228 link5229 link5230 link5231 link5232 link5233 link5234 link5235 link5236 link5237 link5238 link5239 link5240 link5241 link5242 link5243 link5244 link5245 link5246 link5247 link5248 link5249 link5250 link5251 link5252 link5253 link5254 link5255 link5256 link5257 link5258 link5259 link5260 link5261 link5262 link5263 link5264 link5265 link5266 link5267 link5268 link5269 link5270 link5271 link5272 link5273 link5274 link5275 link5276 link5277 link5278 link5279 link5280 link5281 link5282 link5283 link5284 link5285 link5286 link5287 link5288 link5289 link5290 link5291 link5292 link5293 link5294 link5295 link5296 link5297 link5298 link5299 link5300 link5301 link5302 link5303 link5304 link5305 link5306 link5307 link5308 link5309 link5310 link5311 link5312 link5313 link5314 link5315 link5316 link5317 link5318 link5319
トップページ > Web 2.0 > マーケティング2.0読了

マーケティング2.0読了

「マーケティング2.0」を読み終えて

マーケティング2.0、これまでの総集編という感じの内容でした。

最新の成功事例をあげつつ、それを細かく分析するような内容が多かったような印象があります。

例として挙っているものも、比較的Web 2.0的な部分に目敏い業界や親和性の高い業態など。

それはそれで良いんですが、「で、うちの業種・業態の場合はどうすればいいの?」というのが欠けてる気もしました。そんなのケースバイケースだから書けるわけないんだし、そもそもハウツー本ではないので仕方ないですけどね。

次はそういう書籍が出て来るんではないかという気がします。不動産とインターネットという視点とか色々。業界別ハウツーみたいなものがあると良いですね。

あと非常に気になった点ですが、関さんの炎上を鎮火するというくだり。これもやはり鎮火方法が書かれていない。これまたケースバイケースなので具体策など書けるわけもないのですが、「誠意ある対応」という曖昧な真実は期待してなかったりするのです。それじゃ禅問答に片足突っ込んでるから(笑)

鎮火方法についてはノウハウ蓄積中なのかもしれないですけど、炎上に対して効果的かつ効率的な対処法を誰か示さない限りはどれだけ叫んでも空回りのような気がしました。

その答えがまさに「誠意ある対応」なのだと言うしかない無限ループが現状ですよね。

マーケティング2.0
マーケティング2.0

【関連記事】
ようやくマーケティング2.0



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年9月18日 07:28

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー