link140 link141 link142 link143 link144 link145 link146 link147 link148 link149 link150 link151 link152 link153 link154 link155 link156 link157 link158 link159 link160 link161 link162 link163 link164 link165 link166 link167 link168 link169 link170 link171 link172 link173 link174 link175 link176 link177 link178 link179 link180 link181 link182 link183 link184 link185 link186 link187 link188 link189 link190 link191 link192 link193 link194 link195 link196 link197 link198 link199 link200 link201 link202 link203 link204 link205 link206 link207 link208 link209 link210 link211 link212 link213 link214 link215 link216 link217 link218 link219 link220 link221 link222 link223 link224 link225 link226 link227 link228 link229 link230 link231 link232 link233 link234 link235 link236 link237 link238 link239 link240 link241 link242 link243 link244 link245 link246 link247 link248 link249 link250 link251 link252 link253 link254 link255 link256 link257 link258 link259 link260 link261 link262 link263 link264 link265 link266 link267 link268 link269 link270 link271 link272 link273 link274 link275 link276 link277 link278 link279
トップページ > グルメ・食文化 > うにむらかみ、ウニ丼

うにむらかみ、ウニ丼

父さんは一度だって雲丹のことなんて教えてくれなかったじゃないか!

僕が食べてきた「うに」の味は、本当の味じゃなかったんだな。
「うに」というのは実はスウィーツなんだ。間違いない。そう思わせてくれたのがこちら。

うに専門店 うにむらかみのウニ丼です。
ウニ丼
ぜひ上の画像をクリックして、オリジナルサイズで見てください。かなりヤバいです。(撮影はもちろんザクティ)

「うに」は油脂分が多くて形を保てないので、ミョウバンを添加するのですが、所謂うにの苦みというのは、そのミョウバンの苦みだそうです。

うにむらかみの「うに」は無添加。この無添加うには殆ど市場に出回らないらしいです。

日本で唯一のうに加工会社直営店ゆえに成せる業。

店のチラシによると『うに嫌いの方が当店のうにを食べて、うに好きになったという方が多いのが自慢』とのこと。

これを読んだとき「そんなことあるわけないやろ」と思ったのですが、ウニ丼を一口食べて納得!

究極で至高で味っ子な逸品。丼が輝きました。もしくは栗田さんが「あっ」と言いました。海原雄山も唸ります。

まるでクセが無い!!甘い!うにが甘いんだよ父さん!!洋菓子に練り込まれててもOKだよ!!

小さい頃、海水浴に行ったとき、叔父さんが採ってきたウニ(たぶん密猟)を、浜ですぐさばいて食べたことがあるんですが、そのときの味がしました。

うに むらかみ

うに接写
雲丹マクロ



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年9月20日 00:37

» 息子がヤバい。 from Paqn! ミカニッキ
私の預かり知らぬところで、息子と夫が舌を肥やしています。 うにむらかみのウニ丼と… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月19日 23:11

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー