link2628 link2629 link2630 link2631 link2632 link2633 link2634 link2635 link2636 link2637 link2638 link2639 link2640 link2641 link2642 link2643 link2644 link2645 link2646 link2647 link2648 link2649 link2650 link2651 link2652 link2653 link2654 link2655 link2656 link2657 link2658 link2659 link2660 link2661 link2662 link2663 link2664 link2665 link2666 link2667 link2668 link2669 link2670 link2671 link2672 link2673 link2674 link2675 link2676 link2677 link2678 link2679 link2680 link2681 link2682 link2683 link2684 link2685 link2686 link2687 link2688 link2689 link2690 link2691 link2692 link2693 link2694 link2695 link2696 link2697 link2698 link2699 link2700 link2701 link2702 link2703 link2704 link2705 link2706 link2707 link2708 link2709 link2710 link2711 link2712 link2713 link2714 link2715 link2716 link2717 link2718 link2719 link2720 link2721 link2722 link2723 link2724 link2725 link2726 link2727 link2728 link2729 link2730 link2731 link2732 link2733 link2734 link2735 link2736 link2737 link2738 link2739 link2740 link2741 link2742 link2743 link2744 link2745 link2746 link2747 link2748 link2749 link2750 link2751 link2752 link2753 link2754 link2755 link2756 link2757 link2758 link2759 link2760 link2761 link2762 link2763 link2764 link2765 link2766 link2767 link2768 link2769 link2770 link2771 link2772 link2773

ざわざわニュースジェネレーター

こ、これは滝川クリステルジェネレータの動画版ではないか!?

ざわざわニュースジェネレーター

機能としては、懐かしの滝川クリステルジェネレータ動画版といったところ。

以下が実際にジェネレートしたニュース動画。

使ってみた感想としては、ニュースサイトにトラックバックしたり、ブクマしてコメントつけてるような感覚。だけどしっかり動画が生成されるという点で感動。

ユーチューブのビデオレスポンスは日本人の肌には合わないけど、ニコニコ動画は大丈夫だというのを改めて強く意識してしまいます。みんなニュースなどの動画にツッコミ入れたいんですよね。必ずしも動画を作りたいわけではない。ツッコミたいだけだから動画撮るほどのモチベーションはない。そこ重要なポイントだと思います。

それにやはりインターネットはまだまだテキスト文化。
セガサミーが検証していたZi‐Bang!も同様でしたが、テキストからリッチコンテンツが自動生成されるというのは、現況にマッチしていると思います。

そして、江口靖二さんが動画ニュースを制作できる「ざわざわニュースジェネレーター」というエントリーにて「応用編でより魅力的なものに発展する予感です」と仰ってますが、まさにその通りだと思います。ちょっと考えただけでも色々な面での深化や発展をいくつも思い付きますよね。例えばニコ動的に第三者も交えたテキストオーバーレイをやるのも良し。大元のニュースサイトはクリーンさを保ったまま、ユーザーにコミュニケーションの場を与えられます。

また、これは一種のFlash Blogでもありますから、こういった仕組み自体はmixiなどのSNSとも結びついて行くと思われます。現在はテレビ番組に倣った構成ですが、このシステムでまったく違う方向性のコンテンツも出来ますね。とにかく今後に期待しつつヲチします。


投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2007年10月20日 11:30

» 滝川クリステル 家族 from 女子アナ命!!
行列のできる人気商品店 本日開店!ダイエットなど人気商品は、激安価格!さらにさらに最大10%ポイント還元! 上戸彩さんがテレビに出るたびに、いつも僕を見て… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月22日 02:25

» 「ざわざわニュース」や「ヤフーニュースのコメント欄追加」に見るニュースサイトの戦略 from ウェブ妄想論(仮)
新聞3社共同ポータルに対抗 ヤフーがニュース・コメント欄(ITmediaNEWS) ヤフーは2007年10月23日夕、ニュースサイトにコメ… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月23日 14:51

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー