link4818 link4819 link4820 link4821 link4822 link4823 link4824 link4825 link4826 link4827 link4828 link4829 link4830 link4831 link4832 link4833 link4834 link4835 link4836 link4837 link4838 link4839 link4840 link4841 link4842 link4843 link4844 link4845 link4846 link4847 link4848 link4849 link4850 link4851 link4852 link4853 link4854 link4855 link4856 link4857 link4858 link4859 link4860 link4861 link4862 link4863 link4864 link4865 link4866 link4867 link4868 link4869 link4870 link4871 link4872 link4873 link4874 link4875 link4876 link4877 link4878 link4879 link4880 link4881 link4882 link4883 link4884 link4885 link4886 link4887 link4888 link4889 link4890 link4891 link4892 link4893 link4894 link4895 link4896 link4897 link4898 link4899 link4900 link4901 link4902 link4903 link4904 link4905 link4906 link4907 link4908 link4909 link4910 link4911 link4912 link4913 link4914 link4915 link4916 link4917 link4918 link4919 link4920 link4921 link4922 link4923 link4924 link4925 link4926 link4927 link4928 link4929 link4930 link4931 link4932 link4933 link4934 link4935 link4936 link4937 link4938 link4939 link4940 link4941 link4942 link4943 link4944 link4945 link4946 link4947 link4948 link4949 link4950 link4951 link4952 link4953 link4954 link4955 link4956 link4957 link4958 link4959 link4960 link4961 link4962 link4963
トップページ > グルメ・食文化 > 今まさにメシ食ってる店が突然ロケ現場になり自分だけ部外者でドッキリかと思った件

今まさにメシ食ってる店が突然ロケ現場になり自分だけ部外者でドッキリかと思った件

期せずして異邦人。僕だけがストレンジャーですわ。

昨日はね、すっごく遅い昼食だったんですよ。17時くらい。

うまいハンバーガーが食いたくて、easeのTHE GREAT BURGERに行ったんですよ。

昼間はいつも満席になる人気店だけど、17時頃に行ってみたら他にお客いないのね。僕一人だけなんですよ。

『お好きな席へどうぞ』なんて言われてね。どうせ一人だから一番大きな席に座ってみたわけですよ。そしたら、店員さん同士の『給料日前だと客が少ないよね』みたいな話が聞こえてくるわけ。だったら今日は一人でのんびりゆっくり過ごしちゃおうかなと思うじゃない?

ところがそうはいかないのよ。
グレートバーガー

フライドエッグ入りチーズバーガーを半分くらい食べたとき、照明機材とかトライポッドとか抱えた男性の方々が何人もお店に入り込んで来て、入り口にはめっちゃ美人のお姉さんが何人か立ってるの。『おじゃましま〜す』とか言って。

なんですか?と思ってたら、手際良く照明がセッティングされて、美人のお姉さん(モデルさんだな)がポーズとったりなんかしちゃったりなんかして。

裏原じゃ毎日なにかロケやってるから馴れてるつもりではいたけど、さすがに昨日のはビビったね。だって店内には、素人のお客は僕一人なんですよ。他は撮影クルーとモデルさんだよ?

しかも店員からは何の説明もないの。それをとがめるつもりはないけど、これはフツーに気まずいよね?ていうかこんな展開、ドッキリの序章だろ。

それでね、超強烈なライトが僕にもあたるわけ。日が沈んで外は暗いというのに、体内時計も狂うほどに照射されるわけ。ってことはあれか?僕にライトが向いてて、僕とライトの間にモデルさんがいるから、ひょっとして僕は背景として見切れちゃってたりするわけ?『お好きな席へどうぞ』ってのもドッキリのうちだったんだな!

そう思った瞬間からもう、頼まれてもないのに演技ですよ演技。とりあえず口についたケチャップとか拭きつつ、お上品にハンバーガー食べてみたり。

そのうちカメラマンから「後ろのひと、そのまま動かないで」とか僕のほうにも要求が入るんじゃないかとドキドキしてみたり。

そして最後には変なポーズとかさせられて色々といじられた挙げ句に「ドッキリ」と書かれたプラカード持った奴が現れるんじゃないかという妄想がニューロンを超高速でかけめぐり。

というところで、僕の前にもライトが設置され始めたので、いよいよ本格的に始まったのだと思いきや…

あれ?ライトが僕じゃなくてモデルさんの背中に向いてる。つまりこれは僕の前に逆光の照明を置いて、僕の存在をフレームから消し去っているわけですか?

ということで一安心。

でも、まったく何の絡みもないというのは、それはそれで寂しくなってくるのです。ていうか不自然だ。せめてね、撮影クルーから何か一言でもあれば、僕も気まずくならなくて良かったのにね。タバコ吸っていいかどうかも分からないじゃん。煙がモデルさんとこに流れてったらダメだろうしさ。

まあ逆に『タバコ吸わないでください』的なことくらいは言ってくれるんじゃないかと、わざと吸ってみたりしたんだけど、全員スルーでしたね。まったくどうでも良かったみたい。せっかくドキドキしてたのに。

そうこうしてるうちに撮影は終わって、何事もなかったかのように、みなさん撤収していきました。

帰り際、レジの店員さんに『お食事中にお騒がせしてすみませんでした』と言われたのがせめてもの救い。それがなかった僕ひとりだけ完全に浮いた部外者だからね。

ちなみにその店員さんが言うには女性ファッション誌のスチル撮影だったらしいです。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2007年10月23日 07:30

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー