link1022 link1023 link1024 link1025 link1026 link1027 link1028 link1029 link1030 link1031 link1032 link1033 link1034 link1035 link1036 link1037 link1038 link1039 link1040 link1041 link1042 link1043 link1044 link1045 link1046 link1047 link1048 link1049 link1050 link1051 link1052 link1053 link1054 link1055 link1056 link1057 link1058 link1059 link1060 link1061 link1062 link1063 link1064 link1065 link1066 link1067 link1068 link1069 link1070 link1071 link1072 link1073 link1074 link1075 link1076 link1077 link1078 link1079 link1080 link1081 link1082 link1083 link1084 link1085 link1086 link1087 link1088 link1089 link1090 link1091 link1092 link1093 link1094 link1095 link1096 link1097 link1098 link1099 link1100 link1101 link1102 link1103 link1104 link1105 link1106 link1107 link1108 link1109 link1110 link1111 link1112 link1113 link1114 link1115 link1116 link1117 link1118 link1119 link1120 link1121 link1122 link1123 link1124 link1125 link1126 link1127 link1128 link1129 link1130 link1131 link1132 link1133 link1134 link1135 link1136 link1137 link1138 link1139 link1140 link1141 link1142 link1143 link1144 link1145 link1146 link1147 link1148 link1149 link1150 link1151 link1152 link1153 link1154 link1155 link1156 link1157 link1158 link1159 link1160 link1161 link1162 link1163 link1164 link1165 link1166 link1167
トップページ > ウソホント豆知識, 雑記 > 新宿でビル風に吹かれた壱万円札が集まってくる吹きだまりの話

新宿でビル風に吹かれた壱万円札が集まってくる吹きだまりの話

知られざる新宿の不思議スポット。落とした一万円札は必ずここに行き着くという、ただの都市伝説で済ますにはあまりにも魅力的な話

新宿御苑に一風変わった居酒屋がある。

どう変わっているのかを書いてしまうと、ググればすぐにどの店か分かってしまうのでそれは書けない。

この話は5年ほど前に、そこの店主から聞いた話だ。

知っての通り、新宿というのは世界でも有数の繁華街。そしていくつもの高層ビルが建ち並ぶ巨大オフィス街でもある。行き交う人の数も相当なものだ。

それだけ人が多ければ落とし物の数も計り知れない。鍵やメガネなどの小物から、バッグなどの類い、酔ってなくしたであろう靴や上着。そして時折、人間までもが路上に落ちていることがある。

そんな落とし物のなかでも、拾って最も嬉しく思うのは現金ではなかろうか。それも小銭ではなく紙幣。あの人の多さを考えれば、毎日膨大な金額の紙幣が新宿のあちこちで落とされているはずである。

しかし、あなたは一度でも、新宿でお札を拾った経験があるだろうか?

財布を拾うのは勘定に入れない。純粋に紙幣を拾った経験。知人などにも尋ねてみるといい。恐らく十中八九「ない」と答えるはずだ。そしてあなたはきっと、何故ないのだろうと考え始める。「あの界隈は人が多いから、お金が落ちているとすぐに拾われてしまうのだ」そう考えて自分を納得させることだろう。だが、そうではない。

風なのだ。全ては風の仕業だ。

西新宿の強いビル風をはじめ様々な風が、入り組んだ迷路のような新宿の街を複雑な経路で吹き抜けていく。勇気ある者は試してみるといい。路上に紙幣を落とせばそれはたちまちのうちに風にさらわれてしまうことだろう。そうして紙幣はどこともなくあてのない旅に出て行くかのように見える。

ところが、これには決まって行き着く先があるのだ。しかも、壱万円札ばかりが寄り集まってくる場所があるという。紙幣は金額によってそれぞれ面積や重量が違うが、そのことが風に選別の機会を与えるのだ。まるで自販機のように紙幣を選り分け、決まった経路で壱万円札だけをその場所に運ぶ。

多いときには一晩で10万円を超えるという。

信じ難い話ではあるが紙幣をゴミに置き替えてみれば、新聞紙ばかりが集まる場所や特定の種の落ち葉ばかりが集まる場所というのは確かにある。ならば壱万円札だけが集まる吹きだまりというのもあながち嘘ではないかもしれない。そう信じてみたいという浪漫も充分に備わっている話だ。

さて問題の場所がどこにあるかだが、これはあるホームレスの老人しか知らないのだとか。件の店主もその老人にこの話を聞いたのだそうだが、当然ながら場所は教えてもらえなかったらしい。ただし、この吹きだまりは常に一カ所に固定されているわけではなく、季節ごとの風やその年の気候によって多少変わるそうだ。

ちなみに私は新宿西口から大久保の間が怪しいと睨んでいる。既にそれらしき老人も何度か確認している。

もうすぐ木枯らしの吹き荒れる時期、今秋の壱万円札が流れ着く場所を探してみるのも面白いかもしれない。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2007年10月30日 12:36

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー