link4620 link4621 link4622 link4623 link4624 link4625 link4626 link4627 link4628 link4629 link4630 link4631 link4632 link4633 link4634 link4635 link4636 link4637 link4638 link4639 link4640 link4641 link4642 link4643 link4644 link4645 link4646 link4647 link4648 link4649 link4650 link4651 link4652 link4653 link4654 link4655 link4656 link4657 link4658 link4659 link4660 link4661 link4662 link4663 link4664 link4665 link4666 link4667 link4668 link4669 link4670 link4671 link4672 link4673 link4674 link4675 link4676 link4677 link4678 link4679 link4680 link4681 link4682 link4683 link4684 link4685 link4686 link4687 link4688 link4689 link4690 link4691 link4692 link4693 link4694 link4695 link4696 link4697 link4698 link4699 link4700 link4701 link4702 link4703 link4704 link4705 link4706 link4707 link4708 link4709 link4710 link4711 link4712 link4713 link4714 link4715 link4716 link4717 link4718 link4719 link4720 link4721 link4722 link4723 link4724 link4725 link4726 link4727 link4728 link4729 link4730 link4731 link4732 link4733 link4734 link4735 link4736 link4737 link4738 link4739 link4740 link4741 link4742 link4743 link4744 link4745 link4746 link4747 link4748 link4749 link4750 link4751 link4752 link4753 link4754 link4755 link4756 link4757 link4758 link4759
トップページ > ONEDARI BOYS, サイエンス・テクノロジー > サスペンション付のペン!? BIC リアクション

サスペンション付のペン!? BIC リアクション

バネで筆圧コントロール。ボールペン/シャープペンシルがショックアブソーバー付きに。

BICの「リアクション」というペンをONEDARIしました。

なんとこれ、車でおなじみサスペンションが付いたペンなのです。透明カバー内にプラスティックのスプリングが仕込んであるのが分かりますでしょうか
BICボールペン
最初はポップなデザインなだけかと思ったのですが、これこそが最大の特徴であるサスペンションの役割を果たしています。

ペン先をグイッと紙に押し下げてみると、数ミリの遊びがあって、それがバネで押し戻されるのが分かります。(ペン先つぶれるかもしれないので、やってみたい人は自己責任でね)

人によって違う筆圧を、上手くコントロールするための機構だとか。

知らずに使えばそれほど実感できるでものではありませんが、よくよく意識してみると、普通のペン先を紙に付けた時のようにカツっと固く当たる感触が皆無です。BICリアクションのあとで、他のボールペンを試してみましたが、どうもガチガチに固くなってしまっている感じがしました。これは筆圧の強い人ほど感じられるかと思います。

普通のペンだと「ペンに踊らされている感触」ですが、リアクションの場合は「ちゃんと持ち手がペンを制御している」という印象ですね。

派手なアピールポイントがなくても、こういうさりげない気配りが出来る商品は、とても良い商品だと思います。

【関連記事】
特許取得、ボールペンのグリップを回すと蛍光ペンへ BIC ブリーフィング



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2007年11月10日 16:33

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー