link4818 link4819 link4820 link4821 link4822 link4823 link4824 link4825 link4826 link4827 link4828 link4829 link4830 link4831 link4832 link4833 link4834 link4835 link4836 link4837 link4838 link4839 link4840 link4841 link4842 link4843 link4844 link4845 link4846 link4847 link4848 link4849 link4850 link4851 link4852 link4853 link4854 link4855 link4856 link4857 link4858 link4859 link4860 link4861 link4862 link4863 link4864 link4865 link4866 link4867 link4868 link4869 link4870 link4871 link4872 link4873 link4874 link4875 link4876 link4877 link4878 link4879 link4880 link4881 link4882 link4883 link4884 link4885 link4886 link4887 link4888 link4889 link4890 link4891 link4892 link4893 link4894 link4895 link4896 link4897 link4898 link4899 link4900 link4901 link4902 link4903 link4904 link4905 link4906 link4907 link4908 link4909 link4910 link4911 link4912 link4913 link4914 link4915 link4916 link4917 link4918 link4919 link4920 link4921 link4922 link4923 link4924 link4925 link4926 link4927 link4928 link4929 link4930 link4931 link4932 link4933 link4934 link4935 link4936 link4937 link4938 link4939 link4940 link4941 link4942 link4943 link4944 link4945 link4946 link4947 link4948 link4949 link4950 link4951 link4952 link4953 link4954 link4955 link4956 link4957 link4958 link4959 link4960 link4961 link4962 link4963
トップページ > KAOSSILATOR カオシレーター, サイエンス・テクノロジー > KORG KAOSSILATOR(コルグ カオシレーター)実機レビュー

KORG KAOSSILATOR(コルグ カオシレーター)実機レビュー

大ヒット確実、話題の電子楽器 てのひらサイズのタッチパッド シンセサイザーKORG KAOSSILATOR(コルグ カオシレーター)のファーストインプレッションを動画でご紹介します。

ついにKORG KAOSSILATOR(コルグ カオシレーター)が手元に届きました。
カオシレーター

電子楽器好きのBOYSにもガジェットヲタにもオススメしたい、個人的には microKORG 以来の大注目アイテムです。言葉で説明してもこの魅力は伝わらないので、まずは動画で(もちろん音も)お見せ致します。

なんといっても驚くのは小さいこと。しかも単三乾電池4本(付属!)での電池駆動まで可能。鍵盤ではないからこそ可能なプロダクトデザイン。カオスパッド・ミニと色違いの筐体です。

一番の特徴であるタッチパッドの操作は、縦軸が音程で横軸が各種フィルターとなっています。

音色は大きく分けて7つのカテゴリ。
リード、アコースティック、ベース、コード、サウンドエフェクト、ドラム、パターンとなっています。パターンは音色というより文字通りリズムパターン等ですね。

上の動画ではマーシャルミニアンプにつないで音を鳴らしています。でもカオシレーターはステレオアウトなのでミキサーをかますか、アンプを二台用意したらいいかも。

で、これとYAMAHA QY70をもって路上とか公園で演りたいという願望がふつふつと(笑)出力5Wのマーシャルミニでは繁華街の路上でやるほどの音量はないですが、せっかくの小型シンセなので大きなアンプは合わないかなと思ってます。スマートにいきたいですよね。

どなたか小型軽量で10W以上の乾電池(or 充電池)アンプをご存知でしたら教えて下さい。

あとリファラーをみてたら、松尾公也さんがガレバンでブルースを演奏してました。テクノでポップな見た目とは裏腹にアコースティック音源もなかなか使えますね。
こんな雨の日はKAOSSILATORでブルースでも弾いてみるか

それから電源は乾電池とACアダプタKA191の2ウェイでして、僕はなんでもACアダプタを買ってしまう派なのですが、このカオシレーターについてはむしろエネループを買うべきだったと後悔しました。手にのるシンセなのに野暮ったい配線はなるべく避けたいですもんね。

機会があればまたレポートしようと思います。では/

追記:さっそく以下をレポートしました。
KAOSSILATOR のオーバーダブ機能でループを作成する方法

KORG KAOSSILATORKORG KAOSSILATOR

SANYO eneloop 充電器 単3形4個セット
SANYO eneloop 充電器 単3形4個セット

カオシレーター用コルグ純正ACアダプターKA191
カオシレーター用コルグ純正ACアダプターKA191


KORG KAOSSILATOR


KORG / KAOSSILATOR



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2007年11月11日 01:00

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー