link5694 link5695 link5696 link5697 link5698 link5699 link5700 link5701 link5702 link5703 link5704 link5705 link5706 link5707 link5708 link5709 link5710 link5711 link5712 link5713 link5714 link5715 link5716 link5717 link5718 link5719 link5720 link5721 link5722 link5723 link5724 link5725 link5726 link5727 link5728 link5729 link5730 link5731 link5732 link5733 link5734 link5735 link5736 link5737 link5738 link5739 link5740 link5741 link5742 link5743 link5744 link5745 link5746 link5747 link5748 link5749 link5750 link5751 link5752 link5753 link5754 link5755 link5756 link5757 link5758 link5759 link5760 link5761 link5762 link5763 link5764 link5765 link5766 link5767 link5768 link5769 link5770 link5771 link5772 link5773 link5774 link5775 link5776 link5777 link5778 link5779 link5780 link5781 link5782 link5783 link5784 link5785 link5786 link5787 link5788 link5789 link5790 link5791 link5792 link5793 link5794 link5795 link5796 link5797 link5798 link5799 link5800 link5801 link5802 link5803 link5804 link5805 link5806 link5807 link5808 link5809 link5810 link5811 link5812 link5813 link5814 link5815 link5816 link5817 link5818 link5819 link5820 link5821 link5822 link5823 link5824 link5825 link5826 link5827 link5828 link5829 link5830 link5831 link5832 link5833 link5834 link5835 link5836 link5837 link5838 link5839

ノロウイルス感染での症状

発熱、腹痛、下痢など、実際に感染・発症した体験談を書き留めておきます。ご参考まで。

以下は先日、私がノロウィルスに感染した際のことを、記憶をたどって思い出しながら書いたものです。ゆえに正確性を欠くかもしれませんが、体験談として知っておきたい方は読んでみてもいいかもしれません。

先週木曜の夕方より体の節々が痛くなり始め、次第に激しい腹痛と頭痛、腹の中のひとが胃腸をぐわしっと鷲掴みにしているような痛み。

下痢で頻繁に便意を催し何度も出すものの、むしろ腹は膨らんで張っているかのような感覚。そうこうしてるうちに悪寒により体の震えが止まらなくなり、体温を計ると40度もの高熱でした。

その夜は高熱のため体がだるく、何をするのも嫌なので、家の隣に夜間診療所があるという好立地にも関わらず、デパ地下の惣菜とコージーコーナーのショートケーキ2個を食べ、市販の風邪薬を飲んで寝ました。寝ているうちに大量の汗をかき、朝までの間に2回も着替えました。

風邪かインフルエンザかと思ったのですが、喉の痛みもなく、咳も出ず、鼻詰まりもないのを不思議に感じていました。

翌朝は少し気分がよくなっていたのですが、それでも38度もの熱。そして相変わらず腹の中の人に内蔵を掴まれるような痛み、そして下痢。風邪薬を飲んでいるせいか爆睡。気付けば夜で、二日目も病院には行けず終い。

三日目は微熱はあるものの、頭痛はなくなり頭脳は正常動作している感覚でした。それでも内蔵はたびたびぐわしっと掴まれます。

四日目は病疲れからか一日中熟睡。あまり記憶なし。下痢も治ったような気がしたので契機付けに叙叙園で焼き肉。しかしそれは勘違い。帰宅してから激しくあれでした。

五日目にしてようやく病院へ。特にウィルスの検査などはしてないが、様々な状況証拠から消去法で推理するに、おそらくノロウィルスの類いだと診断される。抗生物質と下痢止めを処方してもらいました。

六日目、ここに至っても内蔵を鷲掴みにされる痛み。そして下痢も止まらず。ちゃんと薬飲んでるのに。

そしてこれ書いてる今日は七日目。薬は今朝飲んだ分でなくなりました。まだ下痢といえば下痢ではありますが、内蔵をつかまれるような痛みはもう無いです。あとは下痢さえおさまればOKといった感じ。今日、下痢的な便意を催してトイレに行ったのはわずか一回のみ。

以上が私のノロウィルス体験です。先述した通り、ウィルスの検査はしてないので本当にノロウィルスだと断言していいものかは分かりません。医者の言うことを信じるならノロウィルスだというまでです。

おそらく病状はこのまま終息するものと考えていますが、もしなんらかの展開があれば追記しようと思います。

新 家庭の医学
"新 家庭の医学



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2007年12月12日 23:33

» ノロウイルス from goo検索最新トレンド
片山津と山代温泉で300人食中毒 ノロウイルス(続きを読む) ノロウィルス感染での症状発熱、腹痛、下痢など、実際に感染・発症した体験談を書き留めておきま… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月14日 06:14

» ノロウイルス 治療 from ニュースナビ
チュチュベビー つけるだけ 1.1L 次亜塩素酸ナトリウム1.0% ノロウイルス予防・対策には次亜塩素酸ナトリウムが効果的チュチュベビー つけるだけ 11… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月19日 16:17

» ノロウイルス 治療 from takagana22
入れ歯のノロウイルスに対する消毒父がノロウイルスらしきものに感染したようです。 嘔吐した時に入れ歯をしていました。 入れ歯は次亜塩素酸ナトリウムでの消毒や… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月20日 02:24

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー