link2628 link2629 link2630 link2631 link2632 link2633 link2634 link2635 link2636 link2637 link2638 link2639 link2640 link2641 link2642 link2643 link2644 link2645 link2646 link2647 link2648 link2649 link2650 link2651 link2652 link2653 link2654 link2655 link2656 link2657 link2658 link2659 link2660 link2661 link2662 link2663 link2664 link2665 link2666 link2667 link2668 link2669 link2670 link2671 link2672 link2673 link2674 link2675 link2676 link2677 link2678 link2679 link2680 link2681 link2682 link2683 link2684 link2685 link2686 link2687 link2688 link2689 link2690 link2691 link2692 link2693 link2694 link2695 link2696 link2697 link2698 link2699 link2700 link2701 link2702 link2703 link2704 link2705 link2706 link2707 link2708 link2709 link2710 link2711 link2712 link2713 link2714 link2715 link2716 link2717 link2718 link2719 link2720 link2721 link2722 link2723 link2724 link2725 link2726 link2727 link2728 link2729 link2730 link2731 link2732 link2733 link2734 link2735 link2736 link2737 link2738 link2739 link2740 link2741 link2742 link2743 link2744 link2745 link2746 link2747 link2748 link2749 link2750 link2751 link2752 link2753 link2754 link2755 link2756 link2757 link2758 link2759 link2760 link2761 link2762 link2763 link2764 link2765 link2766 link2767 link2768 link2769 link2770 link2771 link2772 link2773
トップページ > エレクトロニクス, サイエンス・テクノロジー > 立体テレビ「BS11」の店頭デモは見といたほうがいい

立体テレビ「BS11」の店頭デモは見といたほうがいい

映画やテーマパークなどでの非日常体験ではなく、テレビは日常のリアルさを映すものだからこそ、立体映像で「空気」を再現する必要があったのだ。さすがにテレビ不要派の私ですらも、これは欲しいと感じた。

お得意さまクーポンの期限が年内一杯だったので、冷やかし半分でビックカメラに行ってみたのだが、その入り口で思わぬ収穫があった。

なんと立体テレビ。BSデジタル局「BS11」にて放送中の番組なのだとか(ITmedia +D LifeStyle:ビックカメラ、“立体テレビ”の店頭デモを開始参照)。
立体テレビ

メガネをかけて観るタイプだが右が赤で左が青というアレではないよ。サングラスみたいな偏光(?)メガネ。あまりオシャレじゃないメガネなのが玉にキズ。

しかし3Dテレビ番組そのものは、メガネが洒落てないのを相殺してあまりある迫力。私の場合メガネをかけた瞬間が、運悪くバドミントン選手がこちらに向けてスマッシュしたところだった。打たれたシャトルが物凄い速さで飛んで来るのだが、体感的にはもう本当にすぐ近くまで飛び出して来たような印象。反射的に「わっ」と叫びつつ避けてしまい、周囲の失笑を買った。

そんな程度なら数多のアミューズメント施設で体験できると思う方もいるだろう。ところが映画やアトラクション用の映像ではなく、私が今回見たのは普通のテレビ番組が3Dになったもの。どうって事はないただのバドミントンの試合だったのだ。映画作品は非日常的な虚構だが、反対にテレビ番組は日常のリアルを多く映すもの。ということは、両者が立体視される意味もまた正反対の意味だと思って良い。

バドミントンの試合を数分観て、一体私が何を思ったか。

これは従来のテレビ番組を「視聴」から「疑似体験」に変えるものだ。スクリーンに何かが「映る」のではなく、スクリーンの向こう側でまさに「バドミントンの試合が行われている」のだ。これこそ言葉の意味通りのTeleVisionだろう。試合会場のはるか遠くにあるひな壇状の観客席までもが、前後関係をはっきりとさせ存在感を際立たせている。明らかに「空気」がある。

それに慣れてくると2Dしか映せないテレビのほうが、明らかに生理的に不自然だと思うようになる。これは映画のような虚構世界の立体映像では分からなかったことだ。我々の住む世界だからこそ、周囲の空間と同じように立体で見るほうが自然なのだ。

そしてさらに重要なのは、テレビなど要らないと公言していた私が、この立体映像番組が普及するなら欲しいと思ったことだ。このテレビでなら報道番組やドキュメンタリー番組を見てみたい。デジタル、大画面、高画質化などの売り口上はまったく響かないが、立体映像ほどの別世界体験をさせてくれるなら話は別だ。

で、先述ITmediaの記事によれば2008年中にはこの立体テレビが市場に投入されるとのこと。多くの番組が対応しない限りはハードだけ買っても仕方ないが「お隣さんは立体なのに、うちはまだ平面テレビ!?」という事態は避けたいので、これからもせめて情報だけはコマメに追っかけたいところだ。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2007年12月28日 22:41

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー