link2740 link2741 link2742 link2743 link2744 link2745 link2746 link2747 link2748 link2749 link2750 link2751 link2752 link2753 link2754 link2755 link2756 link2757 link2758 link2759 link2760 link2761 link2762 link2763 link2764 link2765 link2766 link2767 link2768 link2769 link2770 link2771 link2772 link2773 link2774 link2775 link2776 link2777 link2778 link2779 link2780 link2781 link2782 link2783 link2784 link2785 link2786 link2787 link2788 link2789 link2790 link2791 link2792 link2793 link2794 link2795 link2796 link2797 link2798 link2799 link2800 link2801 link2802 link2803 link2804 link2805 link2806 link2807 link2808 link2809 link2810 link2811 link2812 link2813 link2814 link2815 link2816 link2817 link2818 link2819 link2820 link2821 link2822 link2823 link2824 link2825 link2826 link2827 link2828 link2829 link2830 link2831 link2832 link2833 link2834 link2835 link2836 link2837 link2838 link2839 link2840 link2841 link2842 link2843 link2844 link2845 link2846 link2847 link2848 link2849 link2850 link2851 link2852 link2853 link2854 link2855 link2856 link2857 link2858 link2859 link2860 link2861 link2862 link2863 link2864 link2865 link2866 link2867 link2868 link2869 link2870 link2871 link2872 link2873 link2874 link2875 link2876
トップページ > ブログ > ブログ界は文学不在のテキスト文化

ブログ界は文学不在のテキスト文化

書き手の視点、切り口、体験、情報網などがダイレクトに現れるのがブログの個性。しかし、これほどまでに総量が増えてくると、ユニークな文体や文章としての面白み自体も磨いていかないと、他との差別化が難しくなってくるのではないでしょうか。

ハンバーガー屋に置いてあったファッション誌、その記事のひとつにたいへん刺激されました。

ファッション誌といえば写真が中心なので、全般的にあまり高い文章力が求められるとは思ってはいないのですが(そんなことなかったらスミマセン)、男性の観点からすると、なかでも女性向けのファッション雑誌は特にぶっ飛んでる印象がありまして、昨日たまたま目にしたこの言い回しとボキャブラリーはかなりツボにはまりました。

以下「シュプール 07年12月号」より引用

テクノカラーの明るいグリーンをきかせた、構築的なサングラス。プロダクト製品のような硬派なデザインが新鮮
サングラス

まず「構築的」という形容。サングラスの写真を見る限りは言い得て妙です。しかし「構築的」と「サングラス」という、かなり遠距離にある語句を結びつける発想は、男性的なロジカルシンキングから導き出されるものではなさそう。むしろ感性の部分のみから放たれてる勢いすらあります。

そして最大のポイントはやはり「プロダクト製品のような」ですね。

プロダクト製品というのは、味なチープ感ただよう工業製品とかプラスティックな大量生産品を意味してるんでしょうか。これまた上手く言い当ててると思うんです。が、このサングラスって「プロダクト製品のような」じゃなくて、まさに「プロダクト製品」そのものなんじゃないか。とツッコミたくてたまらないです。

普通、原稿では「酢飯のような艶のある握りが美味い」とか「高級和牛のような霜降りの松坂牛」とか書いたら叱られると思うんだけどな。

でもザイーガなんか読んでても思うんですが、語句の用法や文法がおかしくても、独特の感性に沿った心地よい文章というのはあります。ロジックとコンテキストを崩壊させないギリギリの点まで感性を持ち上げていくような文章や文体。そういった感性主体の文って男性が書いてるブログではあまりお目にかかれないですよね。

人気ブログの多くも文章自体の革新性には欠けていたりして、その辺は文壇とは明らかに違う、やはり文筆家ではなくてブロガーなのだなと感じます。情報などではなく文章そのものを楽しませてくれるブログとなると、なかなか思い当たりません。たまに嫁さんが持ち帰ってくる「よむ花椿」を読んでますが、まだまだブログからはこういう「文章自体がおもしろい」ものを見つける機会は少ないように思います(自分の見えてるところがそうなだけかもしれませんけど)。

ブログ以前のテキストサイトや、ブログ黎明期のいくつかのブログにはそういったものもありました。が、文章の面白みから「知の流通」へとブログの役割も移っていきました。今現在目にとまるものの大多数は情報源としての役割でしかないような気がします。

ただし、その方向でみると、情報量の飽和と伝播速度の限界点に達しようとしている感じがします。そうなるとユニークな視点や体験だけにとどまらず、文体や文章自体のクオリティで差別化されていくこともあり得るかもしれません。2008年はそういう観点からもブログを見ていこうかと思います。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2007年12月29日 17:05

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー