link4526 link4527 link4528 link4529 link4530 link4531 link4532 link4533 link4534 link4535 link4536 link4537 link4538 link4539 link4540 link4541 link4542 link4543 link4544 link4545 link4546 link4547 link4548 link4549 link4550 link4551 link4552 link4553 link4554 link4555 link4556 link4557 link4558 link4559 link4560 link4561 link4562 link4563 link4564 link4565 link4566 link4567 link4568 link4569 link4570 link4571 link4572 link4573 link4574 link4575 link4576 link4577 link4578 link4579 link4580 link4581 link4582 link4583 link4584 link4585 link4586 link4587 link4588 link4589 link4590 link4591 link4592 link4593 link4594 link4595 link4596 link4597 link4598 link4599 link4600 link4601 link4602 link4603 link4604 link4605 link4606 link4607 link4608 link4609 link4610 link4611 link4612 link4613 link4614 link4615 link4616 link4617 link4618 link4619 link4620 link4621 link4622 link4623 link4624 link4625 link4626 link4627 link4628 link4629 link4630 link4631 link4632 link4633 link4634 link4635 link4636 link4637 link4638 link4639 link4640 link4641 link4642 link4643 link4644 link4645 link4646 link4647 link4648 link4649 link4650 link4651 link4652 link4653 link4654 link4655 link4656 link4657 link4658 link4659 link4660 link4661 link4662 link4663 link4664 link4665 link4666 link4667 link4668 link4669 link4670 link4671
トップページ > 社会・国際・政経 > 必要以上にプロセスが尊重されるのは疑問だ

必要以上にプロセスが尊重されるのは疑問だ

手間をかけるということは大切だが、そこが評価ポイントになる必要性は必ずしもない。良い結果が出て初めて、手間をかけた意味が生まれる。

昨今のデジタル映像作品などを観ていて思うのは、明らかにアナログ技法の面倒臭さが尊重され過ぎているという点。

今日観たなかでは DIGITAL DJ にて紹介されていた「体中に歌詞を書きなぐっていくPV — Come On Up To The House」というビデオ。他にも今年は、家の壁面に描いては消し描いては消しという工程で制作されたアニメーションなども観た(URL失念)。

この類いの作品で感服するのは「よくもこの面倒な作業をやり遂げたものだ」という点のみ。もちろんそこも作品の魅力として否定されるべきではないのだが、その作品における表現手法として最適だったか、そもそも作品として優れているかどうかの議論は放置されがちだ。

デジタルアートの分野においてはフルCGアニメなどに真新しさがなくなった時点で、アナログ技法に評価が集まりやすいという揺り戻しがあるのも当然だろう。しかし単にポスプロ段階での編集機やエフェクタとしてまでコンピュータの位置づけが後退してしまっては、デジタル技術を駆使した表現と呼ぶには程遠い。ここ数年でデジタルアート系のイベントにいくつか参加し、最も大きく感じた違和感はそれだった。(そもそもアートの世界にデジタルだのアナログだの分離する必要性はないのかもしれないが)

体に歌詞を書いて撮影し、石鹸で洗ってまた書いて… そんな手間のかかる作業よりも、CGなどを使ったほうが手早くスッキリまとめられたのではないか?そのほうが、酔いそうになるほどの画面のブレもなく、より多くの人に愛してもらえる作品になったのではないか?などと考えてしまう。
参考作品:Björk — Hidden Place

ところが結果よりもプロセスを評価されると、作家の拠り所はそこになってしまう。「目的と手段を取り違える」とはよく言うが、まさに技法そのものが目的になっていく。面倒で誰もやらなさそうなことを「ユニークさ」と取り違えてしまえば、さらにそれは加速する。

これが許されるデジタルアートという世界は全く不思議だ。アーティストをビジネスマンに置換してみると面白い。パワポ資料を作成するために、紙プリントの写真をハサミで切り抜き、カーボン式の伝票をもとに方眼紙にグラフを描き上げ、レタリングシートで見出し文字などを作り、それらをページごとにA4用紙に貼付けてレイアウトし、コンピュータでスキャンしてようやくパワポのスライドショーにペーストされる。そんなことしてたら、クビにはならないにしても上司に改善を迫られること必至だ。

【関連記事】
仕事でセンスが問われるのは技量が下地にあってこそ



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2007年12月31日 02:53

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー