link4672 link4673 link4674 link4675 link4676 link4677 link4678 link4679 link4680 link4681 link4682 link4683 link4684 link4685 link4686 link4687 link4688 link4689 link4690 link4691 link4692 link4693 link4694 link4695 link4696 link4697 link4698 link4699 link4700 link4701 link4702 link4703 link4704 link4705 link4706 link4707 link4708 link4709 link4710 link4711 link4712 link4713 link4714 link4715 link4716 link4717 link4718 link4719 link4720 link4721 link4722 link4723 link4724 link4725 link4726 link4727 link4728 link4729 link4730 link4731 link4732 link4733 link4734 link4735 link4736 link4737 link4738 link4739 link4740 link4741 link4742 link4743 link4744 link4745 link4746 link4747 link4748 link4749 link4750 link4751 link4752 link4753 link4754 link4755 link4756 link4757 link4758 link4759 link4760 link4761 link4762 link4763 link4764 link4765 link4766 link4767 link4768 link4769 link4770 link4771 link4772 link4773 link4774 link4775 link4776 link4777 link4778 link4779 link4780 link4781 link4782 link4783 link4784 link4785 link4786 link4787 link4788 link4789 link4790 link4791 link4792 link4793 link4794 link4795 link4796 link4797 link4798 link4799 link4800 link4801 link4802 link4803 link4804 link4805 link4806 link4807 link4808 link4809 link4810 link4811 link4812 link4813 link4814 link4815 link4816 link4817
トップページ > グルメ・食文化 > 蕎麦屋は食うか食われるかの真剣勝負

蕎麦屋は食うか食われるかの真剣勝負

大晦日の蕎麦屋で繰り広げられる無言の闘いの壮絶さ

そば

素人相手に玄人が見栄きり立ち回るのがラーメン屋なら、蕎麦屋というのは玄人と玄人の真剣勝負だ。

名店ともなると、しかもそれが大晦日ともなると、蕎麦通を自負する常連客がどっと押し寄せて来るのだから、店主にとってはたまったものではない。次から次へとやってくる蕎麦通をちぎっては投げちぎっては投げの百番勝負に、新年を迎える頃にはすっかり精魂尽き果てている。

だから本当の蕎麦っ喰い達は、まだ店に活気がみなぎる明るいうちに訪れ、店主との今年最後の勝負を楽しむのだ。

そして、今日がその大晦日だ。

私は昼過ぎにある店の暖簾をくぐった。この辺りでは一番腕利きの職人がいる店だ。

半年ぶりだろうか、品書きを見て変化に気付く。以前は店主のこだわりから笊は一枚しか頼めなかったのだが、一体どういう風の吹き回しか二枚盛りと書かれている。さらには十割しか出さなかったこの店が二八蕎麦も始めたではないか。

私は十割の二枚盛りを頼んだ。

しばらくして運ばれて来たのは、蕎麦猪口がふたつに、薬味も二杯分。さらにその後、一枚目の笊が来た。一枚目で蕎麦つゆの味は変わってしまうのだから、二枚盛りにはそれぞれ別の猪口を使うというのは納得だ。

さて一枚目が食べ終わろうかという頃、そば湯が運ばれてきた。二枚目を喰う前にここで出して来たか。私は猪口にそば湯を注いでしばらくつゆの味を楽しんだ。

そうしているうちに二枚目の笊が来た。

一本とってすすってみる。一枚目よりもやや固く茹でられている。だがそれだけか?違う。蕎麦粉自体が違うものだ。

利き蕎麦か!?

私は試されているのか。胸が高鳴り始める。しかし私など蕎麦っ喰いの端くれに過ぎない。わざわざこの繁忙期にそんな罠を張ってくるものか。私はふたつめの猪口に蕎麦をつけてすすってみた。

やられた。

つゆの味も違うではないか。二枚目の蕎麦によく合うよう、鰹も醤油もぐっと強く前に出ているのだ。ここまでの組み立てが出来てこその二枚盛りだったか。

いや待てよ。最初に猪口が二つ出て来ているのだ。その時点で私がどの猪口から先に手をつけるかなど誰にも予測できないはずだ。にも関わらず、二種類の蕎麦とつゆを合わせるとは一体どういう仕掛けだ?

私は試しに、一枚目で使ったつゆの残りをもう一度飲んでみた。しかしそれも後の祭り。そば湯を足したせいで味比べなどできなかった。この謎を解く唯一の手がかりが失われたように思えた。

完全に私の負けだ。

やられたよ店主。二枚目の蕎麦を食べ終えた私は、そう心のなかでつぶやきながら、猪口にそば湯を注いだ。そしてそれを口に含んだ瞬間、一気に謎は解けたのだ!

二つの猪口に入ってるつゆは同じだ!! 両方をそば湯で割った今だからこそ分かる。これは同じものだ。

確かに同じものだがしかし、一枚目を食べ終えたあとに、私はそば湯で薄めたつゆを飲んでいる。それが二枚目のときのつゆをより強く濃く感じさせていたのだ!舌と嗅覚の感度を絶妙に利用したマジックだ。そうだろ?その通りだろ店主?

私の無言の呼びかけに、カウンターの店主はちらりとこちらを見やり、またすぐに目をそらした。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2007年12月31日 19:24

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー