link4384 link4385 link4386 link4387 link4388 link4389 link4390 link4391 link4392 link4393 link4394 link4395 link4396 link4397 link4398 link4399 link4400 link4401 link4402 link4403 link4404 link4405 link4406 link4407 link4408 link4409 link4410 link4411 link4412 link4413 link4414 link4415 link4416 link4417 link4418 link4419 link4420 link4421 link4422 link4423 link4424 link4425 link4426 link4427 link4428 link4429 link4430 link4431 link4432 link4433 link4434 link4435 link4436 link4437 link4438 link4439 link4440 link4441 link4442 link4443 link4444 link4445 link4446 link4447 link4448 link4449 link4450 link4451 link4452 link4453 link4454 link4455 link4456 link4457 link4458 link4459 link4460 link4461 link4462 link4463 link4464 link4465 link4466 link4467 link4468 link4469 link4470 link4471 link4472 link4473 link4474 link4475 link4476 link4477 link4478 link4479 link4480 link4481 link4482 link4483 link4484 link4485 link4486 link4487 link4488 link4489 link4490 link4491 link4492 link4493 link4494 link4495 link4496 link4497 link4498 link4499 link4500 link4501 link4502 link4503 link4504 link4505 link4506 link4507 link4508 link4509 link4510 link4511 link4512 link4513 link4514 link4515 link4516 link4517 link4518 link4519 link4520
トップページ > グルメ・食文化 > 蕎麦屋は食うか食われるかの真剣勝負

蕎麦屋は食うか食われるかの真剣勝負

大晦日の蕎麦屋で繰り広げられる無言の闘いの壮絶さ

そば

素人相手に玄人が見栄きり立ち回るのがラーメン屋なら、蕎麦屋というのは玄人と玄人の真剣勝負だ。

名店ともなると、しかもそれが大晦日ともなると、蕎麦通を自負する常連客がどっと押し寄せて来るのだから、店主にとってはたまったものではない。次から次へとやってくる蕎麦通をちぎっては投げちぎっては投げの百番勝負に、新年を迎える頃にはすっかり精魂尽き果てている。

だから本当の蕎麦っ喰い達は、まだ店に活気がみなぎる明るいうちに訪れ、店主との今年最後の勝負を楽しむのだ。

そして、今日がその大晦日だ。

私は昼過ぎにある店の暖簾をくぐった。この辺りでは一番腕利きの職人がいる店だ。

半年ぶりだろうか、品書きを見て変化に気付く。以前は店主のこだわりから笊は一枚しか頼めなかったのだが、一体どういう風の吹き回しか二枚盛りと書かれている。さらには十割しか出さなかったこの店が二八蕎麦も始めたではないか。

私は十割の二枚盛りを頼んだ。

しばらくして運ばれて来たのは、蕎麦猪口がふたつに、薬味も二杯分。さらにその後、一枚目の笊が来た。一枚目で蕎麦つゆの味は変わってしまうのだから、二枚盛りにはそれぞれ別の猪口を使うというのは納得だ。

さて一枚目が食べ終わろうかという頃、そば湯が運ばれてきた。二枚目を喰う前にここで出して来たか。私は猪口にそば湯を注いでしばらくつゆの味を楽しんだ。

そうしているうちに二枚目の笊が来た。

一本とってすすってみる。一枚目よりもやや固く茹でられている。だがそれだけか?違う。蕎麦粉自体が違うものだ。

利き蕎麦か!?

私は試されているのか。胸が高鳴り始める。しかし私など蕎麦っ喰いの端くれに過ぎない。わざわざこの繁忙期にそんな罠を張ってくるものか。私はふたつめの猪口に蕎麦をつけてすすってみた。

やられた。

つゆの味も違うではないか。二枚目の蕎麦によく合うよう、鰹も醤油もぐっと強く前に出ているのだ。ここまでの組み立てが出来てこその二枚盛りだったか。

いや待てよ。最初に猪口が二つ出て来ているのだ。その時点で私がどの猪口から先に手をつけるかなど誰にも予測できないはずだ。にも関わらず、二種類の蕎麦とつゆを合わせるとは一体どういう仕掛けだ?

私は試しに、一枚目で使ったつゆの残りをもう一度飲んでみた。しかしそれも後の祭り。そば湯を足したせいで味比べなどできなかった。この謎を解く唯一の手がかりが失われたように思えた。

完全に私の負けだ。

やられたよ店主。二枚目の蕎麦を食べ終えた私は、そう心のなかでつぶやきながら、猪口にそば湯を注いだ。そしてそれを口に含んだ瞬間、一気に謎は解けたのだ!

二つの猪口に入ってるつゆは同じだ!! 両方をそば湯で割った今だからこそ分かる。これは同じものだ。

確かに同じものだがしかし、一枚目を食べ終えたあとに、私はそば湯で薄めたつゆを飲んでいる。それが二枚目のときのつゆをより強く濃く感じさせていたのだ!舌と嗅覚の感度を絶妙に利用したマジックだ。そうだろ?その通りだろ店主?

私の無言の呼びかけに、カウンターの店主はちらりとこちらを見やり、またすぐに目をそらした。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2007年12月31日 19:24

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー