link146 link147 link148 link149 link150 link151 link152 link153 link154 link155 link156 link157 link158 link159 link160 link161 link162 link163 link164 link165 link166 link167 link168 link169 link170 link171 link172 link173 link174 link175 link176 link177 link178 link179 link180 link181 link182 link183 link184 link185 link186 link187 link188 link189 link190 link191 link192 link193 link194 link195 link196 link197 link198 link199 link200 link201 link202 link203 link204 link205 link206 link207 link208 link209 link210 link211 link212 link213 link214 link215 link216 link217 link218 link219 link220 link221 link222 link223 link224 link225 link226 link227 link228 link229 link230 link231 link232 link233 link234 link235 link236 link237 link238 link239 link240 link241 link242 link243 link244 link245 link246 link247 link248 link249 link250 link251 link252 link253 link254 link255 link256 link257 link258 link259 link260 link261 link262 link263 link264 link265 link266 link267 link268 link269 link270 link271 link272 link273 link274 link275 link276 link277 link278 link279 link280 link281 link282 link283 link284 link285 link286 link287 link288 link289 link290 link291
トップページ > グルメ・食文化 > エビスビールの缶の色が変わった!

エビスビールの缶の色が変わった!

ヱビスのアルミ缶の金色が少し変わっています。

エビスビール(ヱビスビール)といえば「ちょっと贅沢な」のキャッチフレーズに相応しく、ラベルや缶の色が金色となっております。

が、先週頃から次第に、同じ金色でも少し違う色のアルミ缶に置き換わっているようです。以下がその新しい缶の写真
エビスビール

以前なら反射率の高い輝く金色だったのですが、新しい缶では艶消し処理を施したような質感です。どちらがプレミアム感が高いかといえば、断然これまで親しんできた色のほうだと思います。

しかし新しい缶では、つや消し処理ゆえなのか、濡れた缶を持っても滑りにくいような気がしますね。

そしてもう一点、これはとても希望的な勘繰りなのですが、ブログ(ブロガー)対応のデザインなのではないかと考えました。

上の写真をご覧頂いても分かるように反射光が極めて少なくなったので、よほどの光源でない限り、缶の表面に描かれた意匠などが白トビする心配がありません。つまり、素人カメラマンの撮影でもちゃんとラベルが判読できるよう撮影可能なのですよね。

だから、ブログ対応型なのではないかと考えた次第です。缶をブツ撮りで紹介するにしろ、なにげなく撮った宴会でのスナップ写真にしろ、商品名がちゃんと判読できる形でブログに掲載されていると、サブリミナル的な広告効果くらいはあるかもしれませんからね(笑)

ところで、家で寿司をつまむときは缶よりも瓶のほうが雰囲気が出るような気がします。いかがでしょうか?
寿司



エビスビールのハーフ&ハーフセット



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2007年4月11日 02:23

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー