link5694 link5695 link5696 link5697 link5698 link5699 link5700 link5701 link5702 link5703 link5704 link5705 link5706 link5707 link5708 link5709 link5710 link5711 link5712 link5713 link5714 link5715 link5716 link5717 link5718 link5719 link5720 link5721 link5722 link5723 link5724 link5725 link5726 link5727 link5728 link5729 link5730 link5731 link5732 link5733 link5734 link5735 link5736 link5737 link5738 link5739 link5740 link5741 link5742 link5743 link5744 link5745 link5746 link5747 link5748 link5749 link5750 link5751 link5752 link5753 link5754 link5755 link5756 link5757 link5758 link5759 link5760 link5761 link5762 link5763 link5764 link5765 link5766 link5767 link5768 link5769 link5770 link5771 link5772 link5773 link5774 link5775 link5776 link5777 link5778 link5779 link5780 link5781 link5782 link5783 link5784 link5785 link5786 link5787 link5788 link5789 link5790 link5791 link5792 link5793 link5794 link5795 link5796 link5797 link5798 link5799 link5800 link5801 link5802 link5803 link5804 link5805 link5806 link5807 link5808 link5809 link5810 link5811 link5812 link5813 link5814 link5815 link5816 link5817 link5818 link5819 link5820 link5821 link5822 link5823 link5824 link5825 link5826 link5827 link5828 link5829 link5830 link5831 link5832 link5833 link5834 link5835 link5836 link5837 link5838 link5839
トップページ > QuickTime, Xacti, ビデオブログ・ポッドキャスト, 動画共有・ストリーミング > ジェットカットを用いた動画の編集方法が放送されました

ジェットカットを用いた動画の編集方法が放送されました

Blog TVにてジェットダイスケ式「iMacとXactiでつくるビデオブログ」が放送されました

Blog TVさんにて、ジェットカットを用いた動画編集方法が放送されました。

iMacとXactiでつくるビデオブログっていうか、QuickTimeで動画を編集しているさまですね。

オンエアでも語っているように、ジェットカットの基本は間引くことにあります。ついつい沢山撮ってしまうビデオ素材ではありますが、それを豪快に間引くんです。

その際に気を付けたいのは、本筋がブレないようにすること。撮影してるとあれこれ面白イベントが発生しますが、本筋一本だけ通すことを大切にしてます。ブレて伝わらなくなるなら編集しないほうが楽ですからね。

要は、二番目以降に大切なことは切り捨てるんです。残すのは一番だけ。そのくらいシンプルじゃないと本質が伝わらない。

そのためにも自分に課しているのが1本あたり90秒前後という尺の制限。これなら余計なものを挟む余地が少なく、そして飽きる前に見終えることも出来ます。

そしてもうひとつジェットカットの特徴ですが、実は動画編集の技法でありつつ、そうではありません。

本質は音声を中心にした編集なのです。映像はただの補足情報。これはアサカワズ君のような音の専門家には一瞬で見破られてしまいました。

考えてもみてください、映像で何でも伝わるならテレビ番組にMCなんて不要です。アナウンサーがニュース映像に合わせて原稿を読む必要もないはずです。しかし実情はそうではないんですよね。

映像面での芸術性の高さが求められる映画やビデオアートならまだしも、日々の情報番組などは音声でドライヴしたほうがずっと楽だということです。

そもそもジェットカットはビデオブログ向けに、日々の配信を楽にこなすべくQuickTime Proだけで完結できるよう考案した編集技法です。

音声がなくてもテロップを挿入してやればいい、あとからNaやBGMなどをいれればいい、そういう考え方もあります。しかしFinal CutやPremiereなどのリッチなビデオ編集ソフトでそれをやる暇があったら、QuickTime Proでもう一本編集できてしまいます。

また、凝った編集で誤摩化さなければならない素材というのは、そもそも人に見せるほど面白いものでもないという点は忘れてはなりませんね。よく能のない監督が現場で「これ編集でなんとかなる?」と口走りますが、その轍は踏まないことが肝心です。面白くないものをなんとかするよりも、配信せずに丸ごと捨ててしまったほうが楽です。

「楽」という言葉を何度も書いてしまいましたが、つまりは「楽」にやろうというのがジェットカットなのですね。「楽」に出来そうだなと思った方は、ぜひ試してみて下さいね。

そして追記(2008.01.31):
動画人JAPANでのプレゼンを、たつをさんがまとめてくれたので、ここに貼っておきます。

オマケ:神田さんの後ろでちゃっかり見切れている僕

【関連記事】
本日のBlog TVにちょっと出演いたします
Blog TVに2週連続で出演しました
Blog TVに出演しました
Blog TVの取材をうけました

SANYO 防水型デジタルムービーカメラ Xacti DMX-CA65(Y)
SANYO 防水型デジタルムービーカメラ Xacti (ザクティ)DMX-CA65(Y)(ブライトイエロー)



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2007年6月 3日 01:37

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー