link1168 link1169 link1170 link1171 link1172 link1173 link1174 link1175 link1176 link1177 link1178 link1179 link1180 link1181 link1182 link1183 link1184 link1185 link1186 link1187 link1188 link1189 link1190 link1191 link1192 link1193 link1194 link1195 link1196 link1197 link1198 link1199 link1200 link1201 link1202 link1203 link1204 link1205 link1206 link1207 link1208 link1209 link1210 link1211 link1212 link1213 link1214 link1215 link1216 link1217 link1218 link1219 link1220 link1221 link1222 link1223 link1224 link1225 link1226 link1227 link1228 link1229 link1230 link1231 link1232 link1233 link1234 link1235 link1236 link1237 link1238 link1239 link1240 link1241 link1242 link1243 link1244 link1245 link1246 link1247 link1248 link1249 link1250 link1251 link1252 link1253 link1254 link1255 link1256 link1257 link1258 link1259 link1260 link1261 link1262 link1263 link1264 link1265 link1266 link1267 link1268 link1269 link1270 link1271 link1272 link1273 link1274 link1275 link1276 link1277 link1278 link1279 link1280 link1281 link1282 link1283 link1284 link1285 link1286 link1287 link1288 link1289 link1290 link1291 link1292 link1293 link1294 link1295 link1296 link1297 link1298 link1299 link1300 link1301 link1302 link1303 link1304 link1305 link1306 link1307 link1308 link1309 link1310 link1311 link1312 link1313
トップページ > 社会・国際・政経 > 自分探しではなく、自分なくしの旅

自分探しではなく、自分なくしの旅

凡人が無理に自分探しをするよりも、むしろ自分を無くして群衆に埋もれた方が楽ではないか?

近頃、ゆとり教育見直しについてのニュースが多いですね。

ゆとり教育制定と同時期に、個性を伸ばす/活かす教育というのも話題になっていました。その結果が「自分さがし」という没個性を多々産出しているとも言えなくないです。

個性なんてのは長い年月をかけての差別化とブランディングの果てにあるオマケみたいなものですから、突出した才能もない凡人に若いうちからユニークさを求めるのはかなり酷な話ではないかと思います。

ましてやインターネットで世界レベルと直接対峙できる時代。

15年前なら町内会レベルで際立っていれば良かった「個性」も、いまや世界を相手にどう戦うかを考えなくてはいけなくなりました。

無理ですね。一個人でそれはさすがに疲れます。

にも関わらず個性尊重などと叫ばれ「自分らしさ」を求められれば、最初から土俵にあがらないという逃げの選択もしたくなるわけで、ニート君が「働いたら負け」と言うのもある意味で正しいかもしれません。

人からの聞きかじりですが、みうらじゅん氏が「自分なくしの旅」というのをやってるらしいですね。「勝手に観光協会」もその一環だそうで。
生きてるうちにしたいこと】みうらじゅん 自分なくしの旅

振り返ってみれば自分も、我を強く出し過ぎて全体を殺してしまうという仕事は多々ありました。天才でもないのに個人プレーに走り過ぎてチームが勝てないという試合は駄目ですね。

それこそ凡人が「個性を磨くこと」を強いられた末の結果。

没個性を認めない風潮が、永遠に続く自分探しの元凶であり、一億総モラトリアム時代を招いたのではないかと思います。

自分探しの一人旅に出て「人間も大自然の一部なんだ」などと言い出すおかしな輩も多く、そうして地球や宇宙と融和するのと、都会の片隅でモブの一部におさまっているのは根本的にどう違うのかと問いたくなります。

それは我が強くて人間社会に馴染めていないだけなんじゃないかと。海や空や大地は余計なこと言って来ませんからね。

むしろ「自分」などそぎ落としてしまう方がよほど生きやすいんではないでしょうか。


超合金魂 GX-36 伝説巨神 イデオン
超合金魂 GX-36 伝説巨神 イデオン

伝説巨人イデオン 接触篇/発動篇
伝説巨人イデオン 接触篇/発動篇



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2007年6月 9日 19:40

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー