link292 link293 link294 link295 link296 link297 link298 link299 link300 link301 link302 link303 link304 link305 link306 link307 link308 link309 link310 link311 link312 link313 link314 link315 link316 link317 link318 link319 link320 link321 link322 link323 link324 link325 link326 link327 link328 link329 link330 link331 link332 link333 link334 link335 link336 link337 link338 link339 link340 link341 link342 link343 link344 link345 link346 link347 link348 link349 link350 link351 link352 link353 link354 link355 link356 link357 link358 link359 link360 link361 link362 link363 link364 link365 link366 link367 link368 link369 link370 link371 link372 link373 link374 link375 link376 link377 link378 link379 link380 link381 link382 link383 link384 link385 link386 link387 link388 link389 link390 link391 link392 link393 link394 link395 link396 link397 link398 link399 link400 link401 link402 link403 link404 link405 link406 link407 link408 link409 link410 link411 link412 link413 link414 link415 link416 link417 link418 link419 link420 link421 link422 link423 link424 link425 link426 link427 link428 link429 link430 link431 link432 link433 link434 link435 link436 link437
トップページ > Mac, ONEDARI BOYS > Toast 8 Titanium で音楽も動画も焼ける

Toast 8 Titanium で音楽も動画も焼ける

最近はデータCD(DVD)を焼くだけじゃないんですね。便利ツールのToast 8 Titaniumをおねだりしました

TOAST 8 TITANIUM TOAST 8 TITANIUM

昔はよく自分の曲などをCD-Rに焼いたものです。

その頃CDのオーサリングツールといえばToastかB's Recorderくらいしかなかったです。会社ではToast、家ではB's Recorderを使ってました。

その後Mac OSでも、OSデフォルト機能としてCDを焼けるようになり、オーサリングツールの類いは次第に使わなくなっていきました。

が、Mac OS X 10.3以降ではなぜか、Mac用のフォーマットでしかCDやDVDが焼けなくなり、Windows用フォーマットで焼くにはターミナルをいじらねばならんという、なんとも敷居の高いことになってしまいました。

ブロードバンドのおかげでファイルのやりとりは騙し騙しなんとかやってきましたが、やはりToastなどのツールも必要かな?と思っていた次第です。僕の場合は仕事上、動画や音声や画像をふんだんにやりとりしますからね。

ということで、ロキシオさんに「Toast 8 Titanium」をONEDARIしました。

インストールしてみてビックリですよ。もはやCDを焼くだけではないのですね。

CDといえばまずは音楽ですが、「CD Spin Doctor」という音声編集ソフトにより、外部入力の音声を録音したり音声ファイルを波形編集できます。
CD Spin Doctor
イコライザやノイズリダクション、エンハンサなど多彩なフィルタ類で好みの音質のCDが作成できてしまいます!そうやって出来たトラックをToast本体へ送ってCDに焼くことが出来るのです。

それから、DVDといえばビデオですね。「Motion Pictures HD」にて、BGM付スライドショーを簡単作成。
Motion Pictures HD
動画時代ならではですよね。

以下が作成したスライドショー。

ドラッグ&ドロップ操作するだけ。あとは自動でなかなか凝った動きをしてくれています。これもToastへ受け継がせてDVDを焼くことが出来ます。

これらはiMovieやiTunes、iPhotoなどのライブラリと上手に連携しているので、使い勝手はiLife並みに良いです。

もちろん写真だけでなく、直接ビデオカメラから映像をキャプチャしたり、VIDEO_TSフォルダを読込んでDVDへ焼くことも可能。

最後に「Disc Cover RE」でラベル面をデザインできてしまうという、いたれりつくせり。
Disc Cover RE

他に、バックアップ機能やCDカタログ作成など、本当に機能が多彩です。また、記録メディアはCDやDVDだけでなくBlu-ray Discにも対応しています。

とにかく使ってみて真っ先に感じたのは、単なるデータCDを焼くだけではないということ。

光ディスクといえば動画や音声コンテンツとの親和性も高いです。それらを完パケする編集ツールも兼ねているのは特筆すべき点です。そして、ラベル面のデザインやカタログ作成などなど豊富すぎる機能で、あらゆる光ディスクの作成がこのToastひとつで済んでしまうという、総合的な光ディスク用ツールとしての面が強いですね。

この Toast 8 Titanium があれば iLifeアプリもさらに楽しむことが出来ると思いますよ。

TOAST 8 TITANIUM TOAST 8 TITANIUM
ロキシオ・ジャパン



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2007年6月27日 00:35

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー