link146 link147 link148 link149 link150 link151 link152 link153 link154 link155 link156 link157 link158 link159 link160 link161 link162 link163 link164 link165 link166 link167 link168 link169 link170 link171 link172 link173 link174 link175 link176 link177 link178 link179 link180 link181 link182 link183 link184 link185 link186 link187 link188 link189 link190 link191 link192 link193 link194 link195 link196 link197 link198 link199 link200 link201 link202 link203 link204 link205 link206 link207 link208 link209 link210 link211 link212 link213 link214 link215 link216 link217 link218 link219 link220 link221 link222 link223 link224 link225 link226 link227 link228 link229 link230 link231 link232 link233 link234 link235 link236 link237 link238 link239 link240 link241 link242 link243 link244 link245 link246 link247 link248 link249 link250 link251 link252 link253 link254 link255 link256 link257 link258 link259 link260 link261 link262 link263 link264 link265 link266 link267 link268 link269 link270 link271 link272 link273 link274 link275 link276 link277 link278 link279 link280 link281 link282 link283 link284 link285 link286 link287 link288 link289 link290 link291
トップページ > IT, Internet > ステルスマーケティングに見えないブログの書き方が必要か?

ステルスマーケティングに見えないブログの書き方が必要か?

どれもこれも提灯記事ではないかと疑ってしまう人もいるわけで

四家さんが「ステルスマーケティングについては否定的」と書いたエントリーが、ずっと気になっていたのです。

ブロガー厚遇施策? (【旧・更新終了】カレン次世代ビジネスリサーチ室ブログ)

●「招待されて取材した」と明記してある
●いかにも自発的な執筆のように見えて、実は金銭でコントロールされていた

これは明らかに違うでしょう。

実はもうひとつあると思うのです。

いかにも自発的な執筆のように見えて、実はやっぱり自発的に執筆していた

いやあの、これはギャグではないですよ。ズッコケるところではありません(笑)

友人に言われたことがあるんです。

『あれだけ防水ザクティのこと書いて、いくら貰ってんの?』と。

一銭も貰ってませんよ。

好きだから試す、面白いから書く。だからそれに関するエントリーばかり増える。

いしたにさんと同じく、偏向を説明しなくてはいけない状況です。
ブログマーケティング問題で指摘された偏向について:[mi]みたいもん!

ブログマーケティングという言葉だけ一人歩きして、あまり実情が理解されていないという事かもしれませんね。だからひとつのテーマで記事を連投すると、お金もらって書いてると思われる。ステルスマーケティングのようにも見られる。

四家さんの"「招待されて取材した」と明記してある"に倣えば、「これは執筆料をもらっていません」と明記してある必要が生じ始めているのかもしれないですね。

「このエントリーは Paid WOM Free です」とかね。

結局なにをレビューしても裏があると勘繰られるなら、最早そういうものだと割り切って、例えオーガニックWOMであっても貢献度によって還元されるような仕組みがあった方が良いんじゃないかな。まあ、そんな仕組みはオーガニックを殺すだろうけど(笑)

アフィリエイトがあるとか言われる事もあるけど、自腹購入の費用はほとんど回収できてないですよ。

うちのブログで購入費を回収できたのはロバート・サブダのポップアップ絵本くらいのものです。それにしたって長い長い期間をかけて数千円になったというだけの事で、ロングテール様々ですよ。たまたま流行り廃りとは無縁の商品だったから時間をかけてどうにか回収できてる。

もちろんそこに執筆の手間ひまなどを加味すれば「副業」としてみるにも程遠いし、好きでやってることだけに、家族連れでロバートサブダ展などに出かけて最終的にやっぱり赤字になっているというのが現実ですわ。

【関連記事】
ブロガーを厚遇しているという意見について
有名ブログとは無自覚のメディアか?
コメント、トラックバックの閉鎖について



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2007年7月23日 02:22

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー