link3650 link3651 link3652 link3653 link3654 link3655 link3656 link3657 link3658 link3659 link3660 link3661 link3662 link3663 link3664 link3665 link3666 link3667 link3668 link3669 link3670 link3671 link3672 link3673 link3674 link3675 link3676 link3677 link3678 link3679 link3680 link3681 link3682 link3683 link3684 link3685 link3686 link3687 link3688 link3689 link3690 link3691 link3692 link3693 link3694 link3695 link3696 link3697 link3698 link3699 link3700 link3701 link3702 link3703 link3704 link3705 link3706 link3707 link3708 link3709 link3710 link3711 link3712 link3713 link3714 link3715 link3716 link3717 link3718 link3719 link3720 link3721 link3722 link3723 link3724 link3725 link3726 link3727 link3728 link3729 link3730 link3731 link3732 link3733 link3734 link3735 link3736 link3737 link3738 link3739 link3740 link3741 link3742 link3743 link3744 link3745 link3746 link3747 link3748 link3749 link3750 link3751 link3752 link3753 link3754 link3755 link3756 link3757 link3758 link3759 link3760 link3761 link3762 link3763 link3764 link3765 link3766 link3767 link3768 link3769 link3770 link3771 link3772 link3773 link3774 link3775 link3776 link3777 link3778 link3779 link3780 link3781 link3782 link3783 link3784 link3785 link3786 link3787 link3788 link3789 link3790 link3791 link3792 link3793 link3794 link3795
トップページ > ONEDARI BOYS, 雑記 > メガネ JAPONISM をマルイメン新宿でONEDARI レンズ編

メガネ JAPONISM をマルイメン新宿でONEDARI レンズ編

JAPONISM メガネのレンズを選んでついにお披露目です。

マルイのメガネ JAPONISMの件の続きです。

じつは私、目が悪くないもので、ちゃんとしたメガネ購入の行程というのを全く知りませんでした。

前回はメガネのフレームを選びました。そしたら次はレンズ選びとなります。

マルイだけに何やら丸い形の透明板が運ばれて来たのですが、どうやらここでレンズの色を選ぶようです。
レンズ
目が悪くないですから当然、度付きレンズではなくて単にサングラスになります。

いつもは出来合のサングラスを買ってるのでレンズ選びなど考えたこともなく、そして今回は珍しく赤いフレームを選んだこともあり、フレーム選び同様レンズ選びでもまた迷いに迷うこととなりました。
フレームとレンズ

店員さんのオススメは黄色とかブラウンでグラデーションのかかってるもの。

対して僕自身がイメージする僕専用のサングラスというのは黒っぽくてギンギンにミラーレンズなもの。しかしそれではフレームの品の良さに合わないんですよね。

そこへ「今使ってるメガネこんな分厚いレンズなんだけど」と言いつつ、おやっさんが参入
モダシン

おやっさんの「キミの場合、派手な色のコレとかいいよな」と鶴の一声で決定。赤いフレームに赤いミラーレンズ。
赤レンズ
違う色同士のカラーコーディネートで悩んでた僕と店員さんは「おおっ!」と唸ってしまいました。確かに同じ色同士なら衝突しない。

はて、この丸い形ので色は選んだものの、メガネにはまる形のレンズはどうなるのかな?と思ってましたら、その丸い形のをメガネに合った形状に削って使うようなのです。

かくして私のフレームとレンズは合体するべく作業場へ運ばれて行きました。そしておやっさんは視力検査へ。
視力検査

ひとり手持ち無沙汰になってしまった私は「そうだ、メガネのレンズってどうやって削ってるんだ?」と、無理を言ってその作業の現場を見せてもらうことに。

これが作業机の写真。いかにもそれらしい器具や機械が並んでおります。
メガネ作業机

ニッパーとかピンセットとか精密ドライバーだかピンバイスの類いなど、なんだかガンプラモデラーにも通ずる器具が豊富に。
器具

で、お姉さんがレンズに線を引き始めたんですけど、まさかこのお姉さんが手作業でガリガリ削るんじゃ!?
作業中

と思ったのも束の間、こんなレンズ型枠が登場!
レンズ型

型枠を機械にセットしてやると…
機械

形状をスキャンして…
スキャン

自動的にレンズを削り出してくれるんです!
レンズ削り

手作業で面取りしたら…
面取り加工

ハイできあがり!やったァ!! JAPONISMサングラスの完成です!どうですか?
サングラス完成

最後にフレームの保証書をもらったのですが、なんと2週間以内ならフレーム交換が可能、そしてクリーニング、鼻パッド交換、メガネ調整、視力測定は無料で行ってくれるそうです。
保証書

ということで、生まれて初めて自分のメガネを作った男のレポートでした。近視ではない人間にとってはとても貴重な体験となりました。

マルイ|トピックス|JAPONISM 〜マルイのメガネ〜
JAPONISM

【関連記事】
メガネ JAPONISM をマルイメン新宿でONEDARI フレーム編
マルイのメガネJAPONISMをONEDARIさせていただきました!



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2007年9月 8日 22:48

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー