link146 link147 link148 link149 link150 link151 link152 link153 link154 link155 link156 link157 link158 link159 link160 link161 link162 link163 link164 link165 link166 link167 link168 link169 link170 link171 link172 link173 link174 link175 link176 link177 link178 link179 link180 link181 link182 link183 link184 link185 link186 link187 link188 link189 link190 link191 link192 link193 link194 link195 link196 link197 link198 link199 link200 link201 link202 link203 link204 link205 link206 link207 link208 link209 link210 link211 link212 link213 link214 link215 link216 link217 link218 link219 link220 link221 link222 link223 link224 link225 link226 link227 link228 link229 link230 link231 link232 link233 link234 link235 link236 link237 link238 link239 link240 link241 link242 link243 link244 link245 link246 link247 link248 link249 link250 link251 link252 link253 link254 link255 link256 link257 link258 link259 link260 link261 link262 link263 link264 link265 link266 link267 link268 link269 link270 link271 link272 link273 link274 link275 link276 link277 link278 link279 link280 link281 link282 link283 link284 link285 link286 link287 link288 link289 link290 link291
トップページ > Web 2.0, ビデオブログ・ポッドキャスト > ブログの次にはなれなかったボッドキャスト、その理由

ブログの次にはなれなかったボッドキャスト、その理由

減速傾向のポッドキャスティング。コンテンツ同士の関係性を可視化できなかった点で、ブログに溝をあけられた。

# 本来なら僕は、最もこういう事を書いてはいけない立場のうちの一人だろうけど(笑)

CNET Japan にて「リッチコンテンツの波間でポッドキャスティングは生き残るか」というコラムが掲載されてました。

  • 動画やブログコンテンツとの競合
  • 適合する場面に制約
  • 収益化の難しさ
  • 大手メディアとの競合

上記のような理由をあげながら、なぜポッドキャストはダメだったのかを解説する内容。

確かにラジオ番組の真似事をやるなら既に飽和状態。そういったコンテンツの山を指して「終わった」というならその通り。コンテンツ特性以外で件のコラムを補足するなら、ブログには出来てポッドキャストに足りないのは、コンテンツ同士の関係性を可視化すること。

トラックバックは個々のHTML同士をひもづけて関係を可視化できますが、ポッドキャストの場合は音声ファイルそのものを関連付けられません。「『ABC.mp3』は『XYZ.mp3』に対して言及している」というのが全く見えてこない。だから他者に言及する内容は少ない。さらにそのMP3ファイル達はiTunesやiPodへ切り離されるという不幸。大元の配信サイトがどこだったか忘れ去られることも多々。

「関係性の可視化」がないとブロゴスフィアのような一種の「世界」が形作られないし、集合知的な加速度が生まれないんですよね。ブロガー同士がブログについて様々に議論できたからこそ、幾多の「終わった」的な悲観論も乗り越え、様々なトレンドの波にもまれながらも長く続く人気ブログが沢山あるわけです。

ポッドキャストは、ブログに次ぐCGMの雄として鳴り物入りで登場したものの、そもそもの成り立ち/位置づけが、ブログやRSSのサブセットでしかないのだから、多少至らないのも仕方がないとは思います。

システムの不備がユーザーやコミュニティの成長を阻害する例として、ブログとポッドキャストの比較は非常に興味深いものがありますね。似非ラジオというイメージから脱却できなければ、ポッドキャストの未来は暗いでしょう。

ただし「enclosure」タグを得たことは、ブログにとっては非常にプラスになっていると思いますから、今後しばらくはポッドキャストという「仕組み」自体が廃れることはないとは思っています。

例えばYouTube動画をブログに貼りつつビデオポッドキャストも併用して、コンテンツの出先や視聴スタイルを増やすことが出来ますからね。ブログのサブセットという意味でも、やはりそういったブログの情報を補完する利用法がとてもしっくり来ます。

だからこそブロガーであるモダシンさんのポッドキャストの人気が高いのも頷けます。最近ポッドキャストやってないですけどkengoさんやいしたにさんにしても、テキストや写真といった普段の記事を補完する形でリッチコンテンツが出て来ますから、総合的な情報伝達力は圧倒的でしたね。

特にこういうネタはブロガーならでは。
Podcasting1回目はまた歯磨きネタ。:[mi]みたいもん!

ということで、本日発売のMacFan誌ですが上述モダシンさんのインタビューをやらせて頂いております(最後に宣伝かよw)。ポッドキャスターとして彼がフィーチャーされる機会は少ないので貴重ですし、今回は僕のコラムを削っていつもの倍のスペースでやってますので、書店で目にとまったら読んでみて下さい。
▼Mac Fan (マックファン) 2007年 11月号
Mac Fan (マックファン) 2007年 11月号



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2007年9月29日 04:12

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー