link959 link960 link961 link962 link963 link964 link965 link966 link967 link968 link969 link970 link971 link972 link973 link974 link975 link976 link977 link978 link979 link980 link981 link982 link983 link984 link985 link986 link987 link988 link989 link990 link991 link992 link993 link994 link995 link996 link997 link998 link999 link1000 link1001 link1002 link1003 link1004 link1005 link1006 link1007 link1008 link1009 link1010 link1011 link1012 link1013 link1014 link1015 link1016 link1017 link1018 link1019 link1020 link1021 link1022 link1023 link1024 link1025 link1026 link1027 link1028 link1029 link1030 link1031 link1032 link1033 link1034 link1035 link1036 link1037 link1038 link1039 link1040 link1041 link1042 link1043 link1044 link1045 link1046 link1047 link1048 link1049 link1050 link1051 link1052 link1053 link1054 link1055 link1056 link1057 link1058 link1059 link1060 link1061 link1062 link1063 link1064 link1065 link1066 link1067 link1068 link1069 link1070 link1071 link1072 link1073 link1074 link1075 link1076 link1077 link1078 link1079 link1080 link1081 link1082 link1083 link1084 link1085 link1086 link1087 link1088 link1089 link1090 link1091 link1092 link1093 link1094 link1095
トップページ > 雑記 > ハーレムの夢と現実の夢

ハーレムの夢と現実の夢

男の夢、それはハーレム

こんな夢を見た。

そろそろハーレムも良いのではないかと思いたち、愛する女たちを家に招き入れた。

本妻はもちろんのことめいめいが嫉妬に狂いいがみ合って、この大所帯は立ち行かなくなるのではないかとも心配した。しかし、最初のぎくしゃくした雰囲気さえ乗り越えれば、あとはどうということもなかった。

少なくとも女たちの仲に関してはうまくいっているように見えた。

ところが困ったのは私の方だ。
女たちのおしゃべりに入る余地がない。ほとんど多くの話題は私にとって意味がわからないか興味がないかだ。楽しそうに彼女たちがしゃべるところに居合わせただけでも迷惑そうな顔をされる。家族が増えて私は孤独になったのだ。

ようやく話しかけてくれたと思ったら小言だ。これまでは本妻一人の小言を聞くだけで済んでいたのが一気に増えた。それも単純に人数分だけ小言の量が増えたのではなく、おのおの独自の視点からまったく違った小言を繰り出してくるものだから、私は何をしようにも全方位的に咎められることとなった。

居場所を失い、私は次第に家に帰らなくなった。そのうち外に妾をつくり、通い婚のような生活を始めた。

何年か経ち妾の数も増えた。毎夜ちがう部屋へと通う生活であったから、あの忌々しい家のことなど遥か遠い記憶のようにすっかりと忘れてしまった。解放感と充実感に満ちたとても楽しい日々が続いた。

しかし、それはほんの少し不便な生活でもあった。女たちそれぞれの部屋に私の持ち物が散らばっているのだ。紺の背広はあの妾の部屋、それに合う靴はこちら、お気に入りのネクタイはまた別のところ、鞄はあるが中身は一体どこかといった具合だ。

そこで私は考えた。どこかに手頃な家を借り、女たちを集めてハーレムにしようと。最初は女たちの関係もぎくしゃくするだろうが、そのうち馴れてくれることだろう。これはいい考えだ。

そこで目が覚めた。

夢十夜 他二篇 (岩波文庫) 夏目漱石
夢十夜

「夢」黒澤明
夢



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年10月23日 00:50

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー