link2329 link2330 link2331 link2332 link2333 link2334 link2335 link2336 link2337 link2338 link2339 link2340 link2341 link2342 link2343 link2344 link2345 link2346 link2347 link2348 link2349 link2350 link2351 link2352 link2353 link2354 link2355 link2356 link2357 link2358 link2359 link2360 link2361 link2362 link2363 link2364 link2365 link2366 link2367 link2368 link2369 link2370 link2371 link2372 link2373 link2374 link2375 link2376 link2377 link2378 link2379 link2380 link2381 link2382 link2383 link2384 link2385 link2386 link2387 link2388 link2389 link2390 link2391 link2392 link2393 link2394 link2395 link2396 link2397 link2398 link2399 link2400 link2401 link2402 link2403 link2404 link2405 link2406 link2407 link2408 link2409 link2410 link2411 link2412 link2413 link2414 link2415 link2416 link2417 link2418 link2419 link2420 link2421 link2422 link2423 link2424 link2425 link2426 link2427 link2428 link2429 link2430 link2431 link2432 link2433 link2434 link2435 link2436 link2437 link2438 link2439 link2440 link2441 link2442 link2443 link2444 link2445 link2446 link2447 link2448 link2449 link2450 link2451 link2452 link2453 link2454 link2455 link2456 link2457 link2458 link2459 link2460 link2461 link2462 link2463 link2464 link2465
トップページ > おもちゃ・ホビー > KORG microKORG XL 参考出品 写真つきレポート

KORG microKORG XL 参考出品 写真つきレポート

不意を突く刺客。なんとmicroKORGの後継機が楽器フェスKORGブースに登場!

その名を継ぐからには相当の自信作であるはず。
僕がしばらく興奮と妄想で眠れない夜が続くとしたら、このmicroKORG XLのせいに違いない。言うまでもなく名機microKORGの後継機である。
microKORG XL 全体
グースネックマイクが「オマケ程度」のマイクからちゃんとしたものに変更(R3と同型?)。全体的に重厚感と高級感を増したボディ。見ての通り鍵盤の下部がピアノライクな厚みを持ち、質感も弾きやすさも格段に良くなった。MIDI端子の他にUSB端子も装備。

さらに寄ってみた写真
microKORG XL クローズアップ
microKONTROLと同じアルミ天板か?microKORG独特の温かみのあるマテリアル・色調からは一転、このXLでは冷たいくらいにシャープでクールなイメージに。

本体中央あたりにバックライト液晶ディスプレイ設置
microKORG XL 液晶
従来のmicroKORGと比べれば情報量は雲泥の差。この液晶ではるかに分かりやすくなったはず。

ツマミの数は印象的には減った。
microKORG XL ノブ
ボタン・ツマミの配置や機能の割り当てが先代microKORGより洗練されて、直感的な操作に近付いている。ハードウェアシンセのなかでは使いやすい部類のユーザーインターフェースだと思う。

両サイドのウッドパネルが無くなったのが残念だと言ったら、今回はエレピをモチーフにしたデザインなのだとか。それなら納得。しかし改造無しでストラップが付けられるようになればもっと良いと思う。

これがmicroKORGとリプレイスされるのか、それともmicroKORG XLという新しい製品がラインナップに加わるのか。そう遠くない将来に発売されるはずなので、とりあえず5万円ほど用意しておこう。
追記:試奏している動画も撮影してきました。以下のリンク先にて公開中。
シンセサイザーフェスティバル2008
追記2:いよいよ発売「microKORG XL 正式発表

<追記3>
Amazonでも予約開始しておりました。
microKORG XL
microKORG XL

追記08年12月14日:
無事に発売日にゲットできたので早速レビュー動画をアップしました。
microKORG XL ファーストインプレッション

Amazonで「microKORG XL」を調べる
楽天市場で「microKORG XL」を調べる
</追記3>

【関連記事】
KORG nanoシリーズ価格決定、ブラックバージョンも発表
2008楽器フェスティバル 物欲編
2008楽器フェスティバル おもしろ編
大人の科学 テルミンPremium



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年10月27日 00:36

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー