link4110 link4111 link4112 link4113 link4114 link4115 link4116 link4117 link4118 link4119 link4120 link4121 link4122 link4123 link4124 link4125 link4126 link4127 link4128 link4129 link4130 link4131 link4132 link4133 link4134 link4135 link4136 link4137 link4138 link4139 link4140 link4141 link4142 link4143 link4144 link4145 link4146 link4147 link4148 link4149 link4150 link4151 link4152 link4153 link4154 link4155 link4156 link4157 link4158 link4159 link4160 link4161 link4162 link4163 link4164 link4165 link4166 link4167 link4168 link4169 link4170 link4171 link4172 link4173 link4174 link4175 link4176 link4177 link4178 link4179 link4180 link4181 link4182 link4183 link4184 link4185 link4186 link4187 link4188 link4189 link4190 link4191 link4192 link4193 link4194 link4195 link4196 link4197 link4198 link4199 link4200 link4201 link4202 link4203 link4204 link4205 link4206 link4207 link4208 link4209 link4210 link4211 link4212 link4213 link4214 link4215 link4216 link4217 link4218 link4219 link4220 link4221 link4222 link4223 link4224 link4225 link4226 link4227 link4228 link4229 link4230 link4231 link4232 link4233 link4234 link4235 link4236 link4237 link4238 link4239 link4240 link4241 link4242 link4243 link4244 link4245 link4246
トップページ > グルメ・食文化 > 豚肉の味噌漬けステーキ

Zubni implantati.

豚肉の味噌漬けステーキ

究極の豚の味噌漬けを作りたくて挑んだ7日間、その活動の記録とレシピ

一週間をかけて10枚の豚肉と闘った。

その結果得たのがこの、究極と呼ぶに相応しい豚肉の味噌漬けステーキ
豚肉の味噌漬けステーキ
ここに至るまでの闘いの記録を綴る。

大晦日の夕方、近所のスーパーに行く。
豚の味噌漬け肉を売っていた。ごくごく普通の豚の味噌漬け。なぜか無性に食べたくなった。

しかし、夏に秩父で買った肉のみねぎしの味を思い出し、どうせならあの絶品の豚肉の味噌漬けをまた食べたいと思った。とはいえ秩父までは行ってられない。年末年始にお取り寄せしてもいつ届くか分からない。

ならば自分の手であれを超える味を作ろうではないか、

腕前では本職に勝てるはずもない。せめて素材は可能な限りの贅を尽くそう。ということで、ゴールデンポークの肩ロースステーキ肉とソテー用ロース肉を購入。

味噌は麹味噌。キダタロー先生の懐メロ、ああ越中日本海味噌だ。麹が焦げた風味が好きだから。他に理由はない。これに砂糖、酒などを加えて豚肉を一晩漬ける。
味噌漬け
ステーキ肉はどう見ても標準的な味噌漬け肉より厚いので、両面とも包丁で網目状に切り込みを入れた。

一夜明けて元旦。おせち?雑煮?なにそれ。今年の正月は豚肉だ。

こちらが焼きあがり。フライパンにサラダ油で焼いた。焦げた味噌がいい色。
焼いた肉
とにかく美味い。鍋炊きご飯を二合炊いたのだが、この味噌漬け肉だけでご飯二合すべて食べてしまった。それほどまでにピン立ちおかず。

しかしこれ塩っぱさが尖ってる。切り込みを入れたのが裏目に出たようだ。半熟卵は、味噌の塩分を中和してまろみを加えるために急遽用意したもの。
半熟卵と豚肉

ということで新たな高みを目指してさらに豚肉を漬けることに。1月3日に無難なロース肉を4枚購入。これは本当にごく普通のノンブランド国産ロース肉。味噌床はそのまま続投。
豚ロース肉を味噌に漬ける

明けて1月4日、二枚焼いて食べるもいまいち。さらに翌5日に残りの二枚も焼いたが納得いかず。普通のロース肉なら薄いほうが良いらしい。美味いには美味いがサッパリしすぎてつまらない。
焼いた豚肉
ただしこれも無駄ではなく4枚も焼いただけあって、サラダ油よりオリーブオイルの方が合うことや、ステーキよりも気持ち弱火でじっくり焼いたほうが良いということが分かってきた。

5日の夕方、間髪入れずに新しい肉を漬け込む。実家に帰省していた妻子が戻って来た。

今度の肉は初回と同じゴールデンポーク肩ロースステーキ。今度は家族のぶんも含めて4枚。これまで決定的に甘みが足りなかったことから、まずは肉に直接砂糖を振る。

また一晩経って6日の夕食。今回は徹底的に肉表面の味噌をこそぎ落としてから焼いた。焦げた麹の風味は格別だが、肉が焼ける時間とはまったく噛み合ないので、見た目がどうしても黒くなりがちだから。焼きながらもさらにフライ返しで味噌を剥ぎ取っていく。

そうして焼き上がった最終作品がこちら。
豚肉の味噌漬けステーキ

味噌の焦げがないぶん、脂の照りが際立っている。
これはもう見るからに美味そうで、実際に美味い。こんなに美味い豚肉の味噌漬けは他で食べたことがない。家族からも大絶賛。

ただ、直に砂糖を振ったせいか脂身の部分の甘みとどうも折り合いが悪い。次からは極力この脂身も削いでから漬けたほうが良いと感じた。

ごちそうさま。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年1月 6日 23:10

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー