link4795 link4796 link4797 link4798 link4799 link4800 link4801 link4802 link4803 link4804 link4805 link4806 link4807 link4808 link4809 link4810 link4811 link4812 link4813 link4814 link4815 link4816 link4817 link4818 link4819 link4820 link4821 link4822 link4823 link4824 link4825 link4826 link4827 link4828 link4829 link4830 link4831 link4832 link4833 link4834 link4835 link4836 link4837 link4838 link4839 link4840 link4841 link4842 link4843 link4844 link4845 link4846 link4847 link4848 link4849 link4850 link4851 link4852 link4853 link4854 link4855 link4856 link4857 link4858 link4859 link4860 link4861 link4862 link4863 link4864 link4865 link4866 link4867 link4868 link4869 link4870 link4871 link4872 link4873 link4874 link4875 link4876 link4877 link4878 link4879 link4880 link4881 link4882 link4883 link4884 link4885 link4886 link4887 link4888 link4889 link4890 link4891 link4892 link4893 link4894 link4895 link4896 link4897 link4898 link4899 link4900 link4901 link4902 link4903 link4904 link4905 link4906 link4907 link4908 link4909 link4910 link4911 link4912 link4913 link4914 link4915 link4916 link4917 link4918 link4919 link4920 link4921 link4922 link4923 link4924 link4925 link4926 link4927 link4928 link4929 link4930 link4931
トップページ > ニンテンドーDS > ニンテンドーDSi購入と液晶保護フィルム

ニンテンドーDSi購入と液晶保護フィルム

待ちに待ったニンテンドーDSi発売。新機能のカメラと音声をちょっとだけ触ってみました。あと液晶を保護するフィルムのご紹介

というわけでニンテンドーDSiを無事に購入いたしました。
ニンテンドーDSi ホワイト
ニンテンドーDSi ホワイト
新機能を中心にちょっとだけご紹介します。

動画中でご紹介の液晶フィルターはこちらです。
液晶保護フィルターDSi

さて、DSiでは本体スピーカーのステレオ感がすごく良くなりました。従来とは別次元レベルの高音質。でもイヤホンにはやっぱり負けるよ。

音量調節はスライド抵抗ではなく、プラスとマイナスのボタン式になりました。ぱっと見て音量が分かりませんから、せめて画面上にでも音量表示してくれないと、いきなりイヤホンで大音量という事故が多発かもしれませんね。音量表示ございましたが小さすぎて気付いておりませんでした。

音いじりと写真いじりの新機能は、インターフェースもよく出来ていてそこそこ面白いです。ゲームソフトがなくても少し暇つぶしできそう。

でもね、僕が「ああ」と思ったのはですね、電源を切らずにアプリだけ終了できるようになった点ですね。ゲームをプレイ後に、メニュー画面に戻って他の操作が出来ます。これまではDSのメニュー画面に戻るには本体の再起動する他なかったんですよね。つまりゲームと本体が1対1の関係。

これが、DSiでは1対nになってますね。ようやくPSPに追い付いたんじゃない?(笑)

オンライン販売のソフトを本体メモリに多数持てるわけですから、いちいち本体を再起動してソフト切り換えというのは面倒ですもんね。電源さえ切らせなければネットにつないで購入させる機会もあるかもしれないし。

この段階でDSカートリッジ用スロットすらレガシー化されちゃってるわけですから、こりゃあGBAスロットが廃止されるのは当たり前です。

ところで、DSカートリッジゲームのセーブデータは、SDカードには移動できないみたいですね。SDカード内の音が再生できるのと、撮った写真を保存できる程度かな。現状ではあまり意味を感じないかも。

おそらくは幼児の誤飲を防ぐためだろうけど、microSDではなくフルサイズのSDカード採用というところに、任天堂という子供向けメーカーの限界を感じます。

Amazonで「DSi 液晶」の検索結果へ
ニンテンドーDSi専用 液晶保護フィルムDSi

ニンテンドーDSi ブラック
ニンテンドーDSi ブラック

ニンテンドーDSi ホワイト
ニンテンドーDSi ホワイト


投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年11月 1日 23:29

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー