link5986 link5987 link5988 link5989 link5990 link5991 link5992 link5993 link5994 link5995 link5996 link5997 link5998 link5999 link6000 link6001 link6002 link6003 link6004 link6005 link6006 link6007 link6008 link6009 link6010 link6011 link6012 link6013 link6014 link6015 link6016 link6017 link6018 link6019 link6020 link6021 link6022 link6023 link6024 link6025 link6026 link6027 link6028 link6029 link6030 link6031 link6032 link6033 link6034 link6035 link6036 link6037 link6038 link6039 link6040 link6041 link6042 link6043 link6044 link6045 link6046 link6047 link6048 link6049 link6050 link6051 link6052 link6053 link6054 link6055 link6056 link6057 link6058 link6059 link6060 link6061 link6062 link6063 link6064 link6065 link6066 link6067 link6068 link6069 link6070 link6071 link6072 link6073 link6074 link6075 link6076 link6077 link6078 link6079 link6080 link6081 link6082 link6083 link6084 link6085 link6086 link6087 link6088 link6089 link6090 link6091 link6092 link6093 link6094 link6095 link6096 link6097 link6098 link6099 link6100 link6101 link6102 link6103 link6104 link6105 link6106 link6107 link6108 link6109 link6110 link6111 link6112 link6113 link6114 link6115 link6116 link6117 link6118 link6119 link6120 link6121 link6122 link6123 link6124 link6125 link6126 link6127 link6128 link6129 link6130 link6131
トップページ > 社会・国際・政経 > F-4ファントム最後の展示 2008 FINAL YEAR 特別塗装

F-4ファントム最後の展示 2008 FINAL YEAR 特別塗装

三沢基地のファントムは今年でその勇姿も終了。入間航空祭にて展示の黒豹ファントム、航空自衛隊F-4EJ改をまじまじと眺めた。

航空自衛隊F-4EJ改ファントムです。
ファントム ノーズアート

僕らの世代が子供のころはエリア88やマクロスそしてトップガンなどなどリアルからSFまで、戦闘機ファンになる数多の起爆剤があちこちに仕掛けられていたものです。航空戦力について知ることは、モビルスーツの型式番号を覚えるのと同じくらいボーイズたちのたしなみでした。

空自に限って言えば、当時はF-4ファントムとF-15イーグルの二機種が少年たちの人気を二分しておりました。

さて、そのファントムがいよいよ本気で引退することになりました。初飛行から実に50年です。三沢基地のF-4EJ改は今年を最後に退役、順次F-2戦闘機に換わっているそうです。

前置きが長くなりましたが、その三沢基地の黒豹ファントムを、入間航空祭でたっぷり撮影してきたのでここに掲載します。

まずは機体の全体像。マットブラックの特別塗装で、いつも見慣れたグレーの機体よりもシャープで精悍な印象になっています。
黒豹ファントム

背中には黄色で「2008 FINAL YEAR」の文字
2008 FINAL YEAR

垂直尾翼に描かれた部隊エンブレムのブラックパンサー
垂直尾翼

燃料タンクにも丁寧に塗装が施されています。
燃料タンク

ランディングギアまわりのピクトグラム的なマーキングがなかなか格好良い。
タイヤ

F-4はずんぐりした印象を持っていたのですが、こうして機種を見ると黒色塗装とあいまって、スラリとのびたいい顔立ちをしています。
機種

ファントムといえばおなじみのシャークティースのノーズアート
シャークティース

インテーク周辺の混みいった注意書きがめちゃくちゃ格好いい、これはガンプラマニアならぜひともマーキングの参考にしたいところ。
マーキング

こちらはコクピット。
コクピット

別れを惜しむファントマーたちで黒山の人だかりでした。
F-4EJファントム

ヒコーキ写真テクニック (イカロス・ムック)
ヒコーキ写真テクニック

F-4ファントム開発のすべて 航空秘話復刻版シリーズ
F-4ファントム開発のすべて



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年11月 6日 02:57

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー