link548 link549 link550 link551 link552 link553 link554 link555 link556 link557 link558 link559 link560 link561 link562 link563 link564 link565 link566 link567 link568 link569 link570 link571 link572 link573 link574 link575 link576 link577 link578 link579 link580 link581 link582 link583 link584 link585 link586 link587 link588 link589 link590 link591 link592 link593 link594 link595 link596 link597 link598 link599 link600 link601 link602 link603 link604 link605 link606 link607 link608 link609 link610 link611 link612 link613 link614 link615 link616 link617 link618 link619 link620 link621 link622 link623 link624 link625 link626 link627 link628 link629 link630 link631 link632 link633 link634 link635 link636 link637 link638 link639 link640 link641 link642 link643 link644 link645 link646 link647 link648 link649 link650 link651 link652 link653 link654 link655 link656 link657 link658 link659 link660 link661 link662 link663 link664 link665 link666 link667 link668 link669 link670 link671 link672 link673 link674 link675 link676 link677 link678 link679 link680 link681 link682 link683 link684
トップページ > GarageBand, Logic Pro, 雑誌・書籍 > 音を大きくする本 宅録DTMでのマスタリング解説書決定版

音を大きくする本 宅録DTMでのマスタリング解説書決定版

コンプレッサー、リミッター、イコライザーなど音圧をかせぐための技術や、楽器・音色ごとの各種設定、パラメータなど、マスタリング、ミックスダウンのための無駄なく分かりやすい本。

自宅録音のDTMユーザーなら必読の一冊。ラジオから流れる曲、CDに入ってる曲と同等に音圧を高くするには?それで悩んでいたアナタのための本です。シンプルな装丁ながら内容は必要十分。下手に盛りだくさんな本よりもずっと分かりやすい。
音を大きくする本 — 永野光浩
音を大きくする本

コンプレッサーとリミッターを制する者は宅録を制する。

既にヒビノアワや小粋空間などでも紹介されていました。やはり評判良いようです。
ヒビノアワ: 音を大きくする本

音楽を作ったりしているとこの、ただ「音を大きくする」ということがいかに難しいかがわかってくるのです。 「音圧」を稼ぐってのは、ほんと難しいし、僕の苦手なところだったりします

そうなんですよ、肝心の音楽作ることよりもマスタリングに時間とられて延々とDAWいじりしてたり(笑)

小粋空間: 音を大きくする本

Amazon のレビューを読むと、音圧を稼ぐためのテクニックと、それに必要な機器の使用方法に的を絞り、112ページという薄さで無駄な内容が省かれているようです

ここまでカスタマーレビューの評価が良い書籍というのは他になかなか見当たらないと思います。具体的にコンプレッサーをどうするのか、リミッターをどんなパラメータに設定するか、そもそもそれって何よ?みたいなところから、音色・楽器ごとの特色に合わせた設定や、曲のアレンジにまで言及されています。目から鱗とはまさにこの本のためのことわざと言ったら言い過ぎか。

以前に紹介した「新・プロの音プロの技」と合わせて読むと、10段階くらい一気にステップアップしたような気になります。とにかく読んでおいて損はない、むしろ今まで読んでなかったことが悔やまれるDTM書籍です。

音を大きくする本 — 永野光浩
音を大きくする本

新・プロの音プロの技 永野光浩 著
新・プロの音プロの技

サクっと遊べる KORG DS-10 KORG DS-10公式ガイド
KORG DS-10公式ガイド

KORG DS-10 performance guide book
KORG DS-10 performance guide book



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年11月 8日 23:09

» 新・プロの音プロの技/音を大きくする本 from J's Garage
新・プロの音プロの技 (Stylenote Nowbooks 6)posted with amazlet at 10.02.12永野 光浩 スタイルノート 売り [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年2月12日 22:21

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー