link2190 link2191 link2192 link2193 link2194 link2195 link2196 link2197 link2198 link2199 link2200 link2201 link2202 link2203 link2204 link2205 link2206 link2207 link2208 link2209 link2210 link2211 link2212 link2213 link2214 link2215 link2216 link2217 link2218 link2219 link2220 link2221 link2222 link2223 link2224 link2225 link2226 link2227 link2228 link2229 link2230 link2231 link2232 link2233 link2234 link2235 link2236 link2237 link2238 link2239 link2240 link2241 link2242 link2243 link2244 link2245 link2246 link2247 link2248 link2249 link2250 link2251 link2252 link2253 link2254 link2255 link2256 link2257 link2258 link2259 link2260 link2261 link2262 link2263 link2264 link2265 link2266 link2267 link2268 link2269 link2270 link2271 link2272 link2273 link2274 link2275 link2276 link2277 link2278 link2279 link2280 link2281 link2282 link2283 link2284 link2285 link2286 link2287 link2288 link2289 link2290 link2291 link2292 link2293 link2294 link2295 link2296 link2297 link2298 link2299 link2300 link2301 link2302 link2303 link2304 link2305 link2306 link2307 link2308 link2309 link2310 link2311 link2312 link2313 link2314 link2315 link2316 link2317 link2318 link2319 link2320 link2321 link2322 link2323 link2324 link2325 link2326 link2327 link2328 link2329 link2330 link2331 link2332 link2333 link2334 link2335
トップページ > グルメ・食文化 > 12月マクドナルドがクォーターパウンダーデラックス発売か

Free clipart font on PhoPng.

12月マクドナルドがクォーターパウンダーデラックス発売か

表参道のクォーターパウンダーは先鋒だったのか

マクドナルドと表参道クォーターパウンダーの関係に関して「ステルスマーケティングではなく覆面レスラーブランディングだと思う」と書いたところ、ニューシングのコメント欄にて面白いものがリンクされておりました。

これです。
2008年度12月期中間期決算状況(PDF)

PDFの39ページ目(ノンブルでは38P)にクォーターパウンダーデラックスなる商品写真。以下がそのキャプチャ画像。
クォーターパウンダーデラックス

撮り方のせいもあり、表参道のクォーターパウンダーとは随分と違うブツに見えます。なんたって「デラックス」と付くだけあって肉パテのはみ出しが尋常ではない。

12月より東京TVエリアで新発売だそうです。もうすぐ食べられるんですね楽しみです。クォーターパウンダー最果ての地である熊本では、このデラックスについては地域限定販売が終了した商品だそうです。

それにしてもこのスライドPDF、見出しに「ビーフ戦略」「チキン戦略」と立て続けに書いてあって、ちょっと可笑しくなりました。もし眼前でこれをやられたら、三段オチとして「牛歩戦術」などを期待してみます。

ところでクォーターパウンダーといえば思い出すのがこの台詞。

『フランスではクォーターパウンダーを何て呼ぶか?』

トラボルタがそんな謎なぞジョークを言う映画が、タランティーノの「パルプフィクション」。タラちゃん全盛期、キャリア頂点での代表作ですね。

って、なにこのFMラジオみたいな展開。もう寝よ

追記:なんだか東京ウォーカーでこんなネタバレ記事まで出てきてアレな感じになって来ましたね。
表参道と渋谷の新しいハンバーガー店に連日行列が!(東京ウォーカー) — Yahoo!ニュース

「『クォーターパウンダー』は、マクドナルド発の商品PR企画の一環なんです。赤と黒のスタイリッシュなインテリアや、突然出現した意外性を大切にしています。メニューが2種類なのは、自信のあらわれだと思ってください。シンプルに勝負しています(笑)」(広報担当)

しかも12月の一般店舗での発売開始と同時に、渋谷&表参道の店舗は消える(元に戻る?)という運命も明かされました。

「実は、『クォーターパウンダー』は期間限定のショップなんです。11月末で閉店することがもう決まっています。お客様には、お祭気分で楽しんでもらう。街に、話題が溢れる。それができればマクドナルドとしては成功ですね」(同広報)

つまりあれだ、一ヶ月かけて謎と枯渇感を煽ったわけだ。

でもブログなんかで「騙された気分」なんて書いてる人が何人か現れて、さらにはステルスマーケティングの失敗事例だなどという人まで出て来てますから、ここらでネタバレしとかないとヤバいということにでもなったんでしょうかね?

僕個人としてはそういうブロガーなど知らぬ顔で突っ走ってもらいたかったですね。むしろ「ブロガーうざすぎ」とか言い放ってみてほしかった。外野が騒いだくらいで揺れるような大企業はつまんないよ。

東京 大人のウォーカー 2008年 12月号
東京 大人のウォーカー



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年11月17日 03:26

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー