link3066 link3067 link3068 link3069 link3070 link3071 link3072 link3073 link3074 link3075 link3076 link3077 link3078 link3079 link3080 link3081 link3082 link3083 link3084 link3085 link3086 link3087 link3088 link3089 link3090 link3091 link3092 link3093 link3094 link3095 link3096 link3097 link3098 link3099 link3100 link3101 link3102 link3103 link3104 link3105 link3106 link3107 link3108 link3109 link3110 link3111 link3112 link3113 link3114 link3115 link3116 link3117 link3118 link3119 link3120 link3121 link3122 link3123 link3124 link3125 link3126 link3127 link3128 link3129 link3130 link3131 link3132 link3133 link3134 link3135 link3136 link3137 link3138 link3139 link3140 link3141 link3142 link3143 link3144 link3145 link3146 link3147 link3148 link3149 link3150 link3151 link3152 link3153 link3154 link3155 link3156 link3157 link3158 link3159 link3160 link3161 link3162 link3163 link3164 link3165 link3166 link3167 link3168 link3169 link3170 link3171 link3172 link3173 link3174 link3175 link3176 link3177 link3178 link3179 link3180 link3181 link3182 link3183 link3184 link3185 link3186 link3187 link3188 link3189 link3190 link3191 link3192 link3193 link3194 link3195 link3196 link3197 link3198 link3199 link3200 link3201 link3202 link3203 link3204 link3205 link3206 link3207 link3208 link3209 link3210 link3211
トップページ > エレクトロニクス > KORG nanoPAD はドラムパッド+KAOSS PADだった

נערות ליווי בחיפה

KORG nanoPAD はドラムパッド+KAOSS PADだった

KORG nanoPAD(コルグ・ナノパッド)はドラムやサンプラー用パッドとしてだけでなく、KAOSS PAD(カオスパッド)的にも使えるらしい。KORG nanoシリーズ企画者 坂巻氏による解説第二弾。

演奏技術がなくても、指で触れているだけでドラムロールが誰でも簡単に繰り出せてしまうという夢のようなガジェットですねこれは。

いよいよ発売となった超小型USB — MIDIコントローラー「KORG nanoシリーズ」ですが、前回の「KORG nanoKEY 企画者 御自ら解説の動画」に引き続き、企画者である坂巻匡彦さんによる解説の動画。

今回はMIDIパッドコントローラーの「KORG nanoPAD」です。

上位機種である「KORG padKONTROL」の機能をこのコンパクトな筐体に落とし込んだというこの製品。パッドという製品の構造からか、nanoシリーズ中では最も無理なくダウンサイジングに成功しているように見受けられます。

動画冒頭のタッチパッドを使ったドラムロールは誰でも簡単にできます。この製品発表会に参加したブロガーさんはほぼ全員試していました。自分でやってみてシビレます陶酔できます確実に。学校なんかに一台あれば、表彰式など行事のたびに使う機会はありそう。

各パッドにコードをアサインして演奏するというのも、何かと使い道は多そうです。

しかもしかもしかも、タッチパッド(X-Yパッド)はアサイン次第で「KAOSS PAD」のようにも使用できるとのこと。(※ あくまでKAOSS PAD的。ノートは吐かないのでKAOSSILATOR代用にはならないとのこと。)

僕個人はMIDI打ち込み作業などでは、あまりパッドというのを利用しないです。でも、この「KORG nanoPAD」でのドラムロールの気持ちよさなどを味わってしまうと、データ入力に使うだけでなく叩いて演奏して楽しむ用途もアリだなと思い始めました。

DTM未経験者の方でも(買うかどうかは別として)、このドラムロールだけは是非とも体験して欲しいです。

付属のドラム音源として上のデモ動画でも使用しているクリプトン・フューチャー・メディア「EzDrummer Lite」をバンドル。これ、上位版に有償アップグレードできるのですが、実勢価格ベースで考えると、単体パッケージ版だけを購入するよりも断然お得。ほぼ「nanoPAD」ぶんの金額が浮くような感じになります。なので「EZ DRUMMER」導入を考えている方にも「nanoPAD」はオススメです。

【関連記事】
初公開 KORG nanoシリーズ 黒(ブラック)筐体
KORG nanoシリーズ 発売日決定
KORG nanoシリーズ価格決定、ブラックバージョンも発表
2008楽器フェスティバル 物欲編
KORG nano シリーズでDTMはモバイル化する
KORG nanoKEY 企画者 御自ら解説の動画



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年11月21日 23:03

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー