link5840 link5841 link5842 link5843 link5844 link5845 link5846 link5847 link5848 link5849 link5850 link5851 link5852 link5853 link5854 link5855 link5856 link5857 link5858 link5859 link5860 link5861 link5862 link5863 link5864 link5865 link5866 link5867 link5868 link5869 link5870 link5871 link5872 link5873 link5874 link5875 link5876 link5877 link5878 link5879 link5880 link5881 link5882 link5883 link5884 link5885 link5886 link5887 link5888 link5889 link5890 link5891 link5892 link5893 link5894 link5895 link5896 link5897 link5898 link5899 link5900 link5901 link5902 link5903 link5904 link5905 link5906 link5907 link5908 link5909 link5910 link5911 link5912 link5913 link5914 link5915 link5916 link5917 link5918 link5919 link5920 link5921 link5922 link5923 link5924 link5925 link5926 link5927 link5928 link5929 link5930 link5931 link5932 link5933 link5934 link5935 link5936 link5937 link5938 link5939 link5940 link5941 link5942 link5943 link5944 link5945 link5946 link5947 link5948 link5949 link5950 link5951 link5952 link5953 link5954 link5955 link5956 link5957 link5958 link5959 link5960 link5961 link5962 link5963 link5964 link5965 link5966 link5967 link5968 link5969 link5970 link5971 link5972 link5973 link5974 link5975 link5976 link5977 link5978 link5979 link5980 link5981 link5982 link5983 link5984 link5985
トップページ > 社会・国際・政経 > 事件は現場じゃなくて画面の中で起こってる

事件は現場じゃなくて画面の中で起こってる

体験の不在、情報の空振り

まわりくどい情報伝達経路の例です。

[登場人物]
・うちの母(富山県在住)
・うちの息子(練馬区在住)
・私(表参道勤務)

先日の夕方、勤務中の私のケータイに、実家の母からメールが届きました。

「あんたんちの近所ですごい火事みたいやけど大丈夫?」と。どうやらテレビで空撮中継されてたらしいのです。

私は勤務中でしたし、表参道にいながら練馬の状況など知る由もなく、とりあえずググってみたところ、ある新聞社のサイトでそれらしきニュースは見つけました。

火事の現場は近所といえば近所ですが、危険が及ぶほど近いという場所でもなさそうです。

念のため自宅に電話してみたところ息子が出ました。「火事?知らないよ」とのことでした。

このケースでは現場から遠い順に情報が伝わっています。物理的に当事者にもっとも近い人間が、いちばん後から事件を知るという例です。

しかし、こういったことは初めてではなく、過去にも何度かありました。

うちの近所で日本刀を持った男がいるというのを親類や友人の電話で知ったり、「茨城で原発事故があったらしいけど大丈夫?」と大阪の友人から電話がかかって来たり、通り魔事件の現場すぐ近くにいたのに事件を知ったのは家に帰ってニュース番組を見てからだったり。

事件は現場で確かに起きているのでしょうが、人間の知覚が及ぶ範囲より少しでも外側の出来事だと感知できないのですね。そうなると、いくら現場に近いところにいようとも、それは「体験」ではなく単なる「情報」になります。情報化した瞬間に地理的な差を飛び越えていくので、なんらかの情報端末に触れてるほうが物理的な距離よりも優位だということですね。

ま、それはそれで構わないんですけど、ただの情報を入手しただけで追体験や疑似体験した気分になってしまうというのが非常に問題ありですよね。とても悲しい事件が起きたら日本全体で悲しくなったり、たったひとりの者が突出して理解不能な行動に出ただけで全国的にパニックに陥ったり。

情報から受ける印象だけで、世の中全体が物騒になったなんて判断するのはどうかしてます。身の回りの空気よりも、画面から受けるインパクトのほうが「濃い」と感じてしまうのでしょうか。でもカレーに毒盛った犯人と私との間の"精神的な"ベーコン指数は500以上はありますよ。正直、それって別世界のエピソードです。

最初の話に戻れば、「火事?知らないよ」が一番リアルな言葉なんです。放送や通信を通して得た情報に振り回された者と、半径3メートルを見渡して何も起きていないと確認できた者の差ですね。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年1月18日 01:49

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー