link146 link147 link148 link149 link150 link151 link152 link153 link154 link155 link156 link157 link158 link159 link160 link161 link162 link163 link164 link165 link166 link167 link168 link169 link170 link171 link172 link173 link174 link175 link176 link177 link178 link179 link180 link181 link182 link183 link184 link185 link186 link187 link188 link189 link190 link191 link192 link193 link194 link195 link196 link197 link198 link199 link200 link201 link202 link203 link204 link205 link206 link207 link208 link209 link210 link211 link212 link213 link214 link215 link216 link217 link218 link219 link220 link221 link222 link223 link224 link225 link226 link227 link228 link229 link230 link231 link232 link233 link234 link235 link236 link237 link238 link239 link240 link241 link242 link243 link244 link245 link246 link247 link248 link249 link250 link251 link252 link253 link254 link255 link256 link257 link258 link259 link260 link261 link262 link263 link264 link265 link266 link267 link268 link269 link270 link271 link272 link273 link274 link275 link276 link277 link278 link279 link280 link281 link282 link283 link284 link285 link286 link287 link288 link289 link290 link291
トップページ > Logic Pro, エレクトロニクス > 新幹線DTMに挑戦 KORG nanoKEYとN700系

新幹線DTMに挑戦 KORG nanoKEYとN700系

時代はユビキタスDTMへ、東京-新大阪ビートメイキングの旅。N700系とMacBookとKORG nanoKEYで、新幹線の移動時間にDAW打ち込み作業ができる。

白と青のカラーリングはこのためだったのか!とすら思えてくるほど両者の相性はバッチリでした。

新幹線N700系といえばプレス向けの試乗会に参加させてもらって以来すっかり惚れ込んでしまい、関西へ行くときは毎回使っています。

N700系は揺れも騒音も低減され、窓際の座席やグリーン車なら電源も確保できて、座席テーブルには13インチMacBookもはみ出すことなく置けて、こりゃDTMやるしかないじゃんという好環境。

そこにKORG nanoKEY発売という革命的な出来事、新幹線と同じくホワイト/ブルーのツートンカラーですから、これはもう運命だと思って試してみないわけにはいきません。ということで動画に収めて来ました。

いやー思いのほか良い環境です。今までは缶ビール飲んでiPod聴いてただけの時間が、すっかり打ち込みの時間になりました。(コルグの雑誌広告で推奨されているのも納得。参照→

つい先日は、KORG nanoKEYを使ってのファミレスDTMに挑戦しましたが、意外なことに新幹線N700系のほうがずっと快適。ファミレスのように余計なBGMも流れていないし、他人のタバコの煙が邪魔になったりもせず、気持ちよくビートメイキングに没入できます。

KORG nanoシリーズでユビキタスDTMの道が拓けました。皆さんも挑戦してみてはいかが?

ちなみに今回の使用DAWは「Logic Pro」ですが、もちろんGarageBandでもnanoKEYを利用できます。
KORG nanoKEYをGarageBandにつないで弾いてみた参照

【関連記事】
初代EeePCでもKORG nanoKEYが使用できた
初公開 KORG nanoシリーズ 黒(ブラック)筐体
KORG nano シリーズでDTMはモバイル化する
KORG nanoKEY 企画者 御自ら解説の動画
KORG nanoPAD はドラムパッド+KAOSS PADだった



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年12月 2日 22:50

» s2B082g53[50082eB0^79}DA from 新幹線
やっぱり奥が深いよな新幹線知りたいことが沢山ありますね。新幹線DTMに挑戦 K… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年12月 4日 15:36

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー