link1752 link1753 link1754 link1755 link1756 link1757 link1758 link1759 link1760 link1761 link1762 link1763 link1764 link1765 link1766 link1767 link1768 link1769 link1770 link1771 link1772 link1773 link1774 link1775 link1776 link1777 link1778 link1779 link1780 link1781 link1782 link1783 link1784 link1785 link1786 link1787 link1788 link1789 link1790 link1791 link1792 link1793 link1794 link1795 link1796 link1797 link1798 link1799 link1800 link1801 link1802 link1803 link1804 link1805 link1806 link1807 link1808 link1809 link1810 link1811 link1812 link1813 link1814 link1815 link1816 link1817 link1818 link1819 link1820 link1821 link1822 link1823 link1824 link1825 link1826 link1827 link1828 link1829 link1830 link1831 link1832 link1833 link1834 link1835 link1836 link1837 link1838 link1839 link1840 link1841 link1842 link1843 link1844 link1845 link1846 link1847 link1848 link1849 link1850 link1851 link1852 link1853 link1854 link1855 link1856 link1857 link1858 link1859 link1860 link1861 link1862 link1863 link1864 link1865 link1866 link1867 link1868 link1869 link1870 link1871 link1872 link1873 link1874 link1875 link1876 link1877 link1878 link1879 link1880 link1881 link1882 link1883 link1884 link1885 link1886 link1887 link1888 link1889 link1890 link1891 link1892 link1893 link1894 link1895 link1896 link1897
トップページ > 動画共有・ストリーミング > HD化したYouTubeにはアップスケーリングして投稿すべし

Cubism clipart on PhoPng.

HD化したYouTubeにはアップスケーリングして投稿すべし

ワイドVGAなどで撮影されたSD画質の動画でも、720pへとアップスケーリング(アップコンバート)処理してYouTubeにアップロードすれば、HD向けの高ビットレートで動画をエンコードしてくれる。

先日からYouTubeの再生プレーヤーが16:9横長となりHD(ハイビジョン)対応しました。

その美しさはYouTubeにて動画再生ページのURL末尾に「&fmt=22(HD表示する引数)」と付加することで確かめることが出来ますが、なんでもかんでもHD化されるわけではありません。現状では画面サイズが1280×720ピクセル(いわゆる720p)以上の動画のみ、HD向けのエンコード処理が施されるようです。

逆に言えば、ワイドVGA(853×480ピクセル等)などのSD画質で撮影された動画でも、いちど720pへとアップスケーリング(アップコンバート)してからYouTubeへアップロードしてやれば、損失のすくない高ビットレートでエンコード処理されるということです。

以下のふたつの動画は「&fmt=22」を付加したものです。試しに全画面表示にして見てみてください。
ワイドVGAのままで投稿した動画
HD(720p)にアップスケーリングしてから投稿した動画

一目瞭然で違いますね。そもそもワイドVGAのまま投稿したのでは、HD再生用のFLVが存在しないのですから、こういう結果になるのは当たり前です。(※ 動画の内容は同一ではないですが、撮影環境が同じなので十分に比較できると思います)

具体的にどうアップスケーリングしたかというと、QuickTime Proにて書き出しの際、画面サイズに「1280×720」を指定しただけ。

ところで上の動画ふたつを「&fmt=22」付きでエンベッドしてみました。


(※ エンベッドには「Drift Diary13: YouTube HD動画をembedするブックマークレット その2」使用。heightの値を264ピクセルに変更するとワイド画面にぴったりです)

横425ピクセルでエンベッドしてみたのですが、この程度のサイズだとあまり差異はないですね。むしろ回線やマシンへの負荷が少ないSD画質の方がよいとも言えます。高画質でブログにエンベッドしたい方は、より大きな画面サイズが確保できるようブログのレイアウトから考えたほうがよいかもしれません。もしくは「全画面で見て」と注意書きをしておくなど。

それにしても今年はデジタル一眼で動画撮影できるものが2機種も発表されましたが、どちらも安物ビデオカメラを遥かに凌駕した素晴らしい表現力ですね。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkII
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkII

Nikon デジタル一眼レフカメラ D90
Nikon デジタル一眼レフカメラ D90



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年12月 7日 19:14

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー