link2055 link2056 link2057 link2058 link2059 link2060 link2061 link2062 link2063 link2064 link2065 link2066 link2067 link2068 link2069 link2070 link2071 link2072 link2073 link2074 link2075 link2076 link2077 link2078 link2079 link2080 link2081 link2082 link2083 link2084 link2085 link2086 link2087 link2088 link2089 link2090 link2091 link2092 link2093 link2094 link2095 link2096 link2097 link2098 link2099 link2100 link2101 link2102 link2103 link2104 link2105 link2106 link2107 link2108 link2109 link2110 link2111 link2112 link2113 link2114 link2115 link2116 link2117 link2118 link2119 link2120 link2121 link2122 link2123 link2124 link2125 link2126 link2127 link2128 link2129 link2130 link2131 link2132 link2133 link2134 link2135 link2136 link2137 link2138 link2139 link2140 link2141 link2142 link2143 link2144 link2145 link2146 link2147 link2148 link2149 link2150 link2151 link2152 link2153 link2154 link2155 link2156 link2157 link2158 link2159 link2160 link2161 link2162 link2163 link2164 link2165 link2166 link2167 link2168 link2169 link2170 link2171 link2172 link2173 link2174 link2175 link2176 link2177 link2178 link2179 link2180 link2181 link2182 link2183 link2184 link2185 link2186 link2187 link2188 link2189 link2190 link2191
トップページ > 動画共有・ストリーミング > HD化したYouTubeにはアップスケーリングして投稿すべし

HD化したYouTubeにはアップスケーリングして投稿すべし

ワイドVGAなどで撮影されたSD画質の動画でも、720pへとアップスケーリング(アップコンバート)処理してYouTubeにアップロードすれば、HD向けの高ビットレートで動画をエンコードしてくれる。

先日からYouTubeの再生プレーヤーが16:9横長となりHD(ハイビジョン)対応しました。

その美しさはYouTubeにて動画再生ページのURL末尾に「&fmt=22(HD表示する引数)」と付加することで確かめることが出来ますが、なんでもかんでもHD化されるわけではありません。現状では画面サイズが1280×720ピクセル(いわゆる720p)以上の動画のみ、HD向けのエンコード処理が施されるようです。

逆に言えば、ワイドVGA(853×480ピクセル等)などのSD画質で撮影された動画でも、いちど720pへとアップスケーリング(アップコンバート)してからYouTubeへアップロードしてやれば、損失のすくない高ビットレートでエンコード処理されるということです。

以下のふたつの動画は「&fmt=22」を付加したものです。試しに全画面表示にして見てみてください。
ワイドVGAのままで投稿した動画
HD(720p)にアップスケーリングしてから投稿した動画

一目瞭然で違いますね。そもそもワイドVGAのまま投稿したのでは、HD再生用のFLVが存在しないのですから、こういう結果になるのは当たり前です。(※ 動画の内容は同一ではないですが、撮影環境が同じなので十分に比較できると思います)

具体的にどうアップスケーリングしたかというと、QuickTime Proにて書き出しの際、画面サイズに「1280×720」を指定しただけ。

ところで上の動画ふたつを「&fmt=22」付きでエンベッドしてみました。


(※ エンベッドには「Drift Diary13: YouTube HD動画をembedするブックマークレット その2」使用。heightの値を264ピクセルに変更するとワイド画面にぴったりです)

横425ピクセルでエンベッドしてみたのですが、この程度のサイズだとあまり差異はないですね。むしろ回線やマシンへの負荷が少ないSD画質の方がよいとも言えます。高画質でブログにエンベッドしたい方は、より大きな画面サイズが確保できるようブログのレイアウトから考えたほうがよいかもしれません。もしくは「全画面で見て」と注意書きをしておくなど。

それにしても今年はデジタル一眼で動画撮影できるものが2機種も発表されましたが、どちらも安物ビデオカメラを遥かに凌駕した素晴らしい表現力ですね。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkII
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkII

Nikon デジタル一眼レフカメラ D90
Nikon デジタル一眼レフカメラ D90



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年12月 7日 19:14

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー