link4247 link4248 link4249 link4250 link4251 link4252 link4253 link4254 link4255 link4256 link4257 link4258 link4259 link4260 link4261 link4262 link4263 link4264 link4265 link4266 link4267 link4268 link4269 link4270 link4271 link4272 link4273 link4274 link4275 link4276 link4277 link4278 link4279 link4280 link4281 link4282 link4283 link4284 link4285 link4286 link4287 link4288 link4289 link4290 link4291 link4292 link4293 link4294 link4295 link4296 link4297 link4298 link4299 link4300 link4301 link4302 link4303 link4304 link4305 link4306 link4307 link4308 link4309 link4310 link4311 link4312 link4313 link4314 link4315 link4316 link4317 link4318 link4319 link4320 link4321 link4322 link4323 link4324 link4325 link4326 link4327 link4328 link4329 link4330 link4331 link4332 link4333 link4334 link4335 link4336 link4337 link4338 link4339 link4340 link4341 link4342 link4343 link4344 link4345 link4346 link4347 link4348 link4349 link4350 link4351 link4352 link4353 link4354 link4355 link4356 link4357 link4358 link4359 link4360 link4361 link4362 link4363 link4364 link4365 link4366 link4367 link4368 link4369 link4370 link4371 link4372 link4373 link4374 link4375 link4376 link4377 link4378 link4379 link4380 link4381 link4382 link4383
トップページ > iPhone・iPad・iPod > 産經新聞iPhoneアプリで判明したのは新聞紙は読みにくいということだ

産經新聞iPhoneアプリで判明したのは新聞紙は読みにくいということだ

産經新聞と朝日新聞のインターネットへの取り組みの違いなど。

本日、産經新聞iPhoneアプリを読んでいてまっさきに目にとまったのは、産經新聞がiPhoneアプリになったというニュース(笑)
081213_sankei1.jpg 081213_sankei2.jpg

紙の新聞がそのままiPhoneで無料購読できるという試みだが、いったい何が狙いなのだろう?

僕が感じたのはこういうことだ。
ただでさえ大きすぎて持ちにくく記事の区切りも毎回変わって読みにくい、情報デザインとしては最悪の媒体であるあの新聞紙が、そのうえピンチイン/アウト、タップ、スクロールという操作を強いることになって、さらに読みにくさが増したということ。

やっぱりiPhoneじゃ読みにくいから、ちゃんと紙の新聞を購読しようかな?

なんてことを本気で狙ってはいないだろうけど、それ以外に何につながるのだろうか。これに比べてITmediaのアプリは断然正常だ。あれがもし、ITmediaウェブページのスクリーンキャプチャを配布していたらと思うとぞっとする。産経新聞のアプリはそういうことだ。

「25面に関連記事」でハイパーリンク張らないって一体どういうこと?

このブログでも何年も前から書いてるけども、新聞社の武器というのは紙の新聞を配布できることではなくて、ジャーナリストを多数抱えているということ。

インターネットが普及した今となっては、紙を印刷してカブに載せて配ってるあいだに情報は陳腐化している。せっかく優秀な記者たちがマスコミならではの企画力や機動力を活かして作り上げたコンテンツが、Web上で議論しつくされたあとに出てくるようではいけない。

asahi.com(朝日新聞)が、夕刊連載をビデオで再構築したドキュメンタリーコンテンツを配信している。
前編「ネットはいま」マネーとネットの拡大 — 動画
後編「ネットはいま」現実とネットの融合

ハイビジョン画質でテレビの報道番組のようなテイストを目指しているように見える。じつはこれ、聞くところによるとカメラを回しているのは映像制作会社のプロカメラマンではなく新聞記者の方々が中心のようだ。記者自身がボイスレコーダーの代わりにビデオカメラを使い、テレビにもiPhoneにも転用し得るコンテンツを用意し始めたということだ。

これに比べて産經新聞のiPhoneアプリ化というのは、拍子抜けした感があるのは否めない。もちろん産経でも取材記事の補足に動画を活用しているが、重要なのはそこではない。クロスメディアとコンテンツの流通方法について、現時点でどちらがより真剣に取り組んでいるかということだ。

紙を売るのが仕事ではない、ちゃんと報道をやるということ、今の時代にあった伝え方というのを真摯に考えていない新聞社は、大手といえども生き残れなくなるだろう。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年12月13日 13:54

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー