link146 link147 link148 link149 link150 link151 link152 link153 link154 link155 link156 link157 link158 link159 link160 link161 link162 link163 link164 link165 link166 link167 link168 link169 link170 link171 link172 link173 link174 link175 link176 link177 link178 link179 link180 link181 link182 link183 link184 link185 link186 link187 link188 link189 link190 link191 link192 link193 link194 link195 link196 link197 link198 link199 link200 link201 link202 link203 link204 link205 link206 link207 link208 link209 link210 link211 link212 link213 link214 link215 link216 link217 link218 link219 link220 link221 link222 link223 link224 link225 link226 link227 link228 link229 link230 link231 link232 link233 link234 link235 link236 link237 link238 link239 link240 link241 link242 link243 link244 link245 link246 link247 link248 link249 link250 link251 link252 link253 link254 link255 link256 link257 link258 link259 link260 link261 link262 link263 link264 link265 link266 link267 link268 link269 link270 link271 link272 link273 link274 link275 link276 link277 link278 link279 link280 link281 link282 link283 link284 link285 link286 link287 link288 link289 link290 link291
トップページ > IT, Internet > Webでのコミュニケーションは「はだかの王様」からは学べない

Domain clipart on PhoPng.

Webでのコミュニケーションは「はだかの王様」からは学べない

名言「嘘を嘘と見抜けないと難しい」は空気を読むことを重視される現在、さらに重みのある言葉になってきている。

ユーチューブに「A bird standing on water」という動画を投稿した。

なんと、水面に一羽の鳥が立っているのだ!

まあ、このくらいバカバカしいとツッコミを入れるよりも、ボケにボケをかぶせていく方が断然おもしろくなる。

案の定、コメント欄にはボケまくりの投稿が相次いだ。『チャクラの制御が上手だ』『鳥の姿をしたジーザスだ』『鳥 2.0だ』などなど。
コメント欄へのリンク

ところがひとり『下に岩がある』などと言っている。まあ、それ自体がより高次元のお題なのかもしれないけど、でもまだそれを言い出すには早すぎるタイミングだ。

『王様は裸だ!』

寓話のなかではその台詞を吐いた少年が、さも真実を見透かしているかのように描かれているが、現実世界でそれをやるとまったく余計なお世話だ。それを言っちゃあおしまいなのだ。この少年のようになってはいけない。

『王様は裸』そんなの知ってる。みんな知ってる。知っていながらも、これはどうすればより面白くなるかということに頭をひねる。全身全霊をそそぐ。

ところが真実だけ告げたがる者がかならず出てくる。

「この事業は失敗します」「お嬢さんは援交しています」「あなたは癌に冒されています」「2012年に人類は滅亡します」

だから何だ?

それが先述の「より高次元のお題」となれば良いのだが、真実を告げる者はほとんどの場合、それのみ告げて去って行く。その後の対応をうながすようなことはしないし、なんの解決策も持ってこない。しかもこういう輩はなぜか正義感に満ちているからたちが悪い。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年12月23日 01:41

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー