link292 link293 link294 link295 link296 link297 link298 link299 link300 link301 link302 link303 link304 link305 link306 link307 link308 link309 link310 link311 link312 link313 link314 link315 link316 link317 link318 link319 link320 link321 link322 link323 link324 link325 link326 link327 link328 link329 link330 link331 link332 link333 link334 link335 link336 link337 link338 link339 link340 link341 link342 link343 link344 link345 link346 link347 link348 link349 link350 link351 link352 link353 link354 link355 link356 link357 link358 link359 link360 link361 link362 link363 link364 link365 link366 link367 link368 link369 link370 link371 link372 link373 link374 link375 link376 link377 link378 link379 link380 link381 link382 link383 link384 link385 link386 link387 link388 link389 link390 link391 link392 link393 link394 link395 link396 link397 link398 link399 link400 link401 link402 link403 link404 link405 link406 link407 link408 link409 link410 link411 link412 link413 link414 link415 link416 link417 link418 link419 link420 link421 link422 link423 link424 link425 link426 link427 link428 link429 link430 link431 link432 link433 link434 link435 link436 link437

2008 音楽ガジェット総括 前編

2008年を大いに賑わした名作ガジェット楽器の数々。買った遊んだ欲しかった、それらをまとめて紹介する企画の前編。

2008年に登場した音楽ガジェットを総括する企画、前回「2008 音楽ガジェット総括 プロローグ」につぐ第二回目です。

今回は2008年1月から7月上旬までの流れを紹介。

2008年1月
マクドナルド・ハッピーセット「ビート・スター」販売

2008年3月
小学館「小学一年生」付録「ゆびピアノ

ハッピーセットも含め、子供用の電子玩具に大人が夢中に。

2008年3月
KORG DS-10(ニンテンドーDSソフト)発表
伝説の名機「KORG MS-10シンセサイザー」をニンテンドーDSソフトに。ゲーム機で動くコンパクトな電子楽器として大きな注目をあびました。発売は7月ながらこの発表時点で既に、Amazonでの予約ランキング1位になるなど話題沸騰。

当ブログでも発売前から積極的に情報を追いかけ、随時レポートしてまいりました。
日本初 KORG DS-10 セミナーの動画
コルグ DS-10 に触れてみた動画
発売前夜 KORG DS-10 関連記事まとめ

2008年初頭??
生産終えるはずの「ELECTRIBE」、ニコ動で人気復活 「売れちゃってしょうがない」 — ITmedia News
生産終了の予定だったKORG「ELECTRIBE」がニコ動・YouTubeによりブーム再燃。音楽ガジェット分野においてもマーケティング上、ユーザーコンテンツが無視できない存在に。
▼Amazon.co.jp: ELECTRIBE — 家電&カメラ: 家電・カメラ
ElectribeMX EMX-1KORG ELECTRIBE・SX ESX-1

2008年5月
ヤマハ「TENORI-ON(テノリオン)」発売
メディアアーティスト岩井俊雄氏が手がけた新感覚の電子楽器。16×16の光るボタンで音楽を奏でる。奏者側だけでなくオーディエンス側からも光る様が見えるため、自分の名前や図形を描きながらの演奏も。

製品の発表自体は2007年後半、英国において先行発売。日本では手にできなかったものの、KAOSSILATORと同時期に世にでたことで、こちらも音楽ガジェットブームの火付け役を担ったといえますね。

2008年7月1日
ポケットDJツール「Pacemaker」国内お披露目
iPodとKORG KAOSS PADを足したようなコンパクトなDJツール。これひとつあれば本格的なDJプレイが可能。発売日をiPhoneと同日(7月11日)にぶつけるということでも話題に。
▼Amazon.co.jp: Pacemaker — 家電&カメラ: 家電・カメラ
ペースメーカー

2008年7月11日
iPhone 3G発売 App Storeスタート
iPhone独自のUIを駆使しユニークな演奏方法をとる音楽アプリが、世界中のベンダーにより発表されました。「KAOSSILATOR」「TENORI-ON」にインスパイアされたものから、実際の楽器をモチーフにしたものまで様々。安価で提供されるものが多いため、各アプリのユーザーは相当数にのぼると予想されます。

個人的なお薦めはこの「Ocarina

楽器としてよりも、演奏を共有するという仕組みに脱帽。インターネット時代ならではの楽器の在り方を指し示してくれたようにも感じました。

さて、ここまで2008年前半の音楽ガジェットを振り返ってきました。次回の後半もお楽しみに。
つづき:
2008 音楽ガジェット総括 後編

まえ:
2008 音楽ガジェット総括 プロローグ



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年12月23日 04:17

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー