link3796 link3797 link3798 link3799 link3800 link3801 link3802 link3803 link3804 link3805 link3806 link3807 link3808 link3809 link3810 link3811 link3812 link3813 link3814 link3815 link3816 link3817 link3818 link3819 link3820 link3821 link3822 link3823 link3824 link3825 link3826 link3827 link3828 link3829 link3830 link3831 link3832 link3833 link3834 link3835 link3836 link3837 link3838 link3839 link3840 link3841 link3842 link3843 link3844 link3845 link3846 link3847 link3848 link3849 link3850 link3851 link3852 link3853 link3854 link3855 link3856 link3857 link3858 link3859 link3860 link3861 link3862 link3863 link3864 link3865 link3866 link3867 link3868 link3869 link3870 link3871 link3872 link3873 link3874 link3875 link3876 link3877 link3878 link3879 link3880 link3881 link3882 link3883 link3884 link3885 link3886 link3887 link3888 link3889 link3890 link3891 link3892 link3893 link3894 link3895 link3896 link3897 link3898 link3899 link3900 link3901 link3902 link3903 link3904 link3905 link3906 link3907 link3908 link3909 link3910 link3911 link3912 link3913 link3914 link3915 link3916 link3917 link3918 link3919 link3920 link3921 link3922 link3923 link3924 link3925 link3926 link3927 link3928 link3929 link3930 link3931 link3932 link3933 link3934 link3935 link3936 link3937 link3938 link3939 link3940 link3941
トップページ > グルメ・食文化, 動画共有・ストリーミング > グルメ番組はロングテールにすべき

グルメ番組はロングテールにすべき

近所のお店が一夜にして大人気店に変身。その理由が何かといえばテレビでの紹介だった。

近所のラーメン屋をふと覗いてみたら、大行列じゃありませんか。
なに?一体なにがあったの?
らーめん

そりゃ確かにこの辺りにしちゃあ美味い店ではあります。固定客もそこそこ多い方だと思います。でもどうして突然こんな大行列に?

試しにうちの妻子が並んでみたら、席に着くまで70分もかかったそうです。先ほど僕も、閉店間際の客が引き始めた時間を見計らって行って来ました。それでも15分待ちの行列。この練馬区の辺境の地にしては異常なほどの盛況ぶりですよ。

実はテレビのグルメ番組で紹介されたらしいのです。
都心の繁華街などのお店だったら、そんなのよくある話かもしれません。でも、うちのような住宅街でやられると割と迷惑なんですよね。

繁華街と違って、住宅街のお店というのは地域住民の生活に根ざしてるわけで、テレビを見たラーメン馬鹿が押し寄せてくると、我々住民の食生活に多々影響を及ぼします。例えばその店の常連客には、幼い兄弟を連れた両親なんかもよく見かけます。そういう人なんかは何十分も並べないだろうなと。僕だって最近の盛況ぶりに行きたくても行けなかったんですから。

その上、名物のチャーシュー丼や大判チャーシューのトッピングはしばらく販売中止とのこと。作るのが追いつかないのでしょうね。いつも楽しみにしてるのですが。

よくテレビ局の方が「宣伝にもなりますよ」というのを暗に匂わせての取材申込してくることがあります。でもテレビほどの影響力ともなると店のキャパをはるかに超えます。短期間にどっと客が押し寄せてもさばき切れないでしょう。それに、行列を見て諦める人もちらほらと見かけました。

それよりは、ゆっくり時間をかけてもじわじわとロングテール的に広まる方が、多くの飲食店にとっては有り難いような気がします。もちろんテレビの爆発力で一発逆転したいというお店もあるでしょうが、そういうお店が取材対象になるようなことは稀だと思いますし。

ということで、何か美味いもの食わせてくれませんか?(笑)
以下ご参考まで
東京駅の八重洲口そばホルモン焼き肉「ぐぅ」



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年1月23日 00:21

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー