link4672 link4673 link4674 link4675 link4676 link4677 link4678 link4679 link4680 link4681 link4682 link4683 link4684 link4685 link4686 link4687 link4688 link4689 link4690 link4691 link4692 link4693 link4694 link4695 link4696 link4697 link4698 link4699 link4700 link4701 link4702 link4703 link4704 link4705 link4706 link4707 link4708 link4709 link4710 link4711 link4712 link4713 link4714 link4715 link4716 link4717 link4718 link4719 link4720 link4721 link4722 link4723 link4724 link4725 link4726 link4727 link4728 link4729 link4730 link4731 link4732 link4733 link4734 link4735 link4736 link4737 link4738 link4739 link4740 link4741 link4742 link4743 link4744 link4745 link4746 link4747 link4748 link4749 link4750 link4751 link4752 link4753 link4754 link4755 link4756 link4757 link4758 link4759 link4760 link4761 link4762 link4763 link4764 link4765 link4766 link4767 link4768 link4769 link4770 link4771 link4772 link4773 link4774 link4775 link4776 link4777 link4778 link4779 link4780 link4781 link4782 link4783 link4784 link4785 link4786 link4787 link4788 link4789 link4790 link4791 link4792 link4793 link4794 link4795 link4796 link4797 link4798 link4799 link4800 link4801 link4802 link4803 link4804 link4805 link4806 link4807 link4808 link4809 link4810 link4811 link4812 link4813 link4814 link4815 link4816 link4817
トップページ > 動画共有・ストリーミング > 角川認定YouTubeはMAD動画の文化に福音をもたらすか

角川認定YouTubeはMAD動画の文化に福音をもたらすか

破るべきルールがなくなる日。動画版ヘブンアーティスト?角川アニメのJam Pack化か。認定マークや関連広告の掲載などで角川とYouTubeが協業。

『自由はいま死にました。万来の拍手のなかで』というパドメの台詞を思い出した。(スターウォーズ EP3)

何かが音をたてて崩れ、確かに終わる瞬間を見たような気がする。

しかし、はてブコメントなどを見ると好意的にとらえる向きも少なくない。
「ユーザー投稿角川アニメ」の公式認定も YouTubeに角川参加 — ITmedia News
角川グループ、2月上旬にもYouTube内で動画配信を開始

著作権者が権利を主張するのはもっともなこと。権利侵害コンテンツを「どうにかしよう」というアクションも必然と言える。その点に異論を唱えるつもりはない。

ただ、この認定制に賛同するユーザがいるというのは不思議な感じがしている。ヘブンアーティスト制度に似た違和感。

もしこういった認定制のような流れが他のコンテンツホルダーにも波及するなら、わざわざ権利者の許可を請うことなく我々一般人が好きに編集して楽しむ事が出来る。全てのアニメソフト、映画、テレビのニュースまでもが、サンプリング素材集やJam Packのように認識される日が来るかもしれない。それならそれで面白い。

しかし、警察に追い立てられるところまでが大道芸ではないだろうか?演目を最後までやれるだろうかという緊張感、切迫感、スリルだけが持つ魅力。芸人にも観衆にもその意識があり、芸とはまた違った部分での共有感覚になる。ストックホルム症候群的かもしれないし、共犯としての仲間意識かもしれない。

アヴァンギャルドというのは常にそういう部分がなければ成立しないのでは?

個人的にはMAD動画をアヴァンギャルドでもあるととらえていた。故に与えられた自由のなかでルール違反を犯す事なく制作されるなら、単にそれはパロディ的なコラージュだと思える。アヴァンギャルドそれ自体は「作品そのもの」よりも「活動」としてとらえるべきものだ。MAD動画も当然ながらその流れの上にあるものと僕は考えている。それはルールを破ってこそ初めて得られる芸術体験だと思う。その原則がなくなるのはアヴァンギャルドの根底を覆す事件だ。

破るべきルールがなくなる。反体制活動においてこれは深刻な問題なのだ。

成人した途端に飲酒喫煙の意味が変わってしまうように、悪い子がやる悪いことはそれが「悪いこと」だからこそ面白がってやるのだ。この「悪いこと」を全て合法だとしてしまえば、たちまち興味が失せる。MAD動画にもそういう一面があるなら、角川×YouTubeの取り組みは狡猾なものだ。MADを許可することでクリエイターのやる気を削げるなら万々歳ではないか。そもそもの目的がMADの広告媒体化ではなく、著作権侵害の取り締まりなのだから。

しかしもしもMAD動画の文化自体がアンダーグラウンドな反体制活動ではないとしたら、今回のようなメジャーレーベルによる歩み寄りはむしろ大歓迎なのだろうな。いま現在、どういった気概で取り組む作家が多いのかで、この取り組みの結果は分かれると思う。結果次第では、我々はMADの文化を失うかもしれないし、どういう結果に終わっても角川にはメリットのある話ではなかろうか。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年1月26日 04:13

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー