link4795 link4796 link4797 link4798 link4799 link4800 link4801 link4802 link4803 link4804 link4805 link4806 link4807 link4808 link4809 link4810 link4811 link4812 link4813 link4814 link4815 link4816 link4817 link4818 link4819 link4820 link4821 link4822 link4823 link4824 link4825 link4826 link4827 link4828 link4829 link4830 link4831 link4832 link4833 link4834 link4835 link4836 link4837 link4838 link4839 link4840 link4841 link4842 link4843 link4844 link4845 link4846 link4847 link4848 link4849 link4850 link4851 link4852 link4853 link4854 link4855 link4856 link4857 link4858 link4859 link4860 link4861 link4862 link4863 link4864 link4865 link4866 link4867 link4868 link4869 link4870 link4871 link4872 link4873 link4874 link4875 link4876 link4877 link4878 link4879 link4880 link4881 link4882 link4883 link4884 link4885 link4886 link4887 link4888 link4889 link4890 link4891 link4892 link4893 link4894 link4895 link4896 link4897 link4898 link4899 link4900 link4901 link4902 link4903 link4904 link4905 link4906 link4907 link4908 link4909 link4910 link4911 link4912 link4913 link4914 link4915 link4916 link4917 link4918 link4919 link4920 link4921 link4922 link4923 link4924 link4925 link4926 link4927 link4928 link4929 link4930 link4931
トップページ > 社会・国際・政経 > まず、やらないことを決める働き方とか

まず、やらないことを決める働き方とか

忙殺されるとつまんないから

余談を先に書いておくと、今年の1月1日からふたたび僕も開業しました。

「僕も」というのは他の人もそうだったりするのですが、森川眞行さんより以下引用

テクテク歩くよ ? シリコンカフェログ
色々な方の近況を改めて拝見したりすると、かなりの人の状況が変わっていることに驚きます。この数年、以前フリーランスだった人が会社勤務になったりする傾向(傾向なのか?)がありましたけど、またそれも変化しているようですね

やっぱり森川さんもそう感じてたというか(まあ周辺人物がかぶってる面もあるので当然ですが)、ほんとこの数年で組織力の必要性を強く感じたりしてたフリーランスの皆さんが会社勤めしてみたりしてたのですが、この半年ほどでばたばたっと辞めてまたフリーに戻るという現象がありまして「え?あんたもかいな」と思うことしばしばです。いや、僕の場合は開業してても会社勤めしてるので違いますけどね。

で、余談も終わったところで弾さん。
404 Blog Not Found:暇を作れぬ奴に金は作れない

金作りに優先して、暇作りをしていることである。
今の日本が、なぜヤバいか。金がないからでは、ない。実際、ある。しかしこの金を投資する対象としての、暇がない。暇は生産に必要なだけではなく、消費にも必要だ

ほんとその通りで、忙殺されていると何も消費することなく終わる。つまんない言い方をすると、お金はもらった時ではなくて使った時に価値が実感できるので(それは人によって違うかもしれないけどさw)、消費する時間すら持てずに過ぎていくなら、わざわざ賃金を得るために働く意味などなくて、いっそ社会主義体制にでもなってしまえばいいのよ。

で、なんだか自分も忙殺スパイラルに陥って来たなと感じていた時期にW辺さん(誰)から「無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法」という流行りの本を薦められました。

一通り読んでみましたが、そういえば完全にフリーランス状態のときってそういう思考回路だよなと改めて思ったりしまして、それは一体なにかというと

やらないことを決める

これに尽きるわけです。ともすれば「やることを」決めてから仕事してるつもりで迷走してみたり、何をやるのかという会議に時間を費やしてみたりしがちですが、本来ならまず「何をしないか」を決めないと始まらないのです。

ということを先日も周囲の人と話してまして、サラリーマンしかやったことのない奴は可哀想だよなあなどと言ってたわけです。正確には、漠然とサラリーマンなどをやってると損だなという意味で。

組織の力が必要なら会社勤めなどもすればいいし、そうでなくとも必要とされるときにアサインしてもらうというワークスタイルは山ほどあるわけで、僕なんかは1ヶ月働いて2ヶ月ブラブラするというキリギリスな時期もありましたし、またあるひとは週に3日だけ3〜4時間ずつ働いてフルタイムの人と変わらず食って行けたという話も出てました。これを早くから知っておくかどうかで働き方に対する見方も差が出るでしょうね。

あと、忙殺されるのと勤勉さを取り違えると痛いかもよ。

弾言する。

暇を作れぬ奴に金は作れない。

お金のことは置いといても、余裕のない人から面白い話が出て来たり良い話が舞い込んでくるなんてことはあまりないんですよね。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年1月28日 01:28

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー