link5256 link5257 link5258 link5259 link5260 link5261 link5262 link5263 link5264 link5265 link5266 link5267 link5268 link5269 link5270 link5271 link5272 link5273 link5274 link5275 link5276 link5277 link5278 link5279 link5280 link5281 link5282 link5283 link5284 link5285 link5286 link5287 link5288 link5289 link5290 link5291 link5292 link5293 link5294 link5295 link5296 link5297 link5298 link5299 link5300 link5301 link5302 link5303 link5304 link5305 link5306 link5307 link5308 link5309 link5310 link5311 link5312 link5313 link5314 link5315 link5316 link5317 link5318 link5319 link5320 link5321 link5322 link5323 link5324 link5325 link5326 link5327 link5328 link5329 link5330 link5331 link5332 link5333 link5334 link5335 link5336 link5337 link5338 link5339 link5340 link5341 link5342 link5343 link5344 link5345 link5346 link5347 link5348 link5349 link5350 link5351 link5352 link5353 link5354 link5355 link5356 link5357 link5358 link5359 link5360 link5361 link5362 link5363 link5364 link5365 link5366 link5367 link5368 link5369 link5370 link5371 link5372 link5373 link5374 link5375 link5376 link5377 link5378 link5379 link5380 link5381 link5382 link5383 link5384 link5385 link5386 link5387 link5388 link5389 link5390 link5391 link5392 link5393 link5394 link5395 link5396 link5397 link5398 link5399 link5400 link5401
トップページ > IT, Internet, 動画共有・ストリーミング > 「動画人JAPANのその後で」補足

「動画人JAPANのその後で」補足

先に書いた「動画人JAPANのその後で」にて、中途半端な文章構成になって誤解を生…

先に書いた「動画人JAPANのその後で」にて、中途半端な文章構成になって誤解を生んでしまったようなので補足です。

本気の生放送は簡単じゃない (smashmedia)
ぼくの言ってる「ライブ」は、決して「日常的な行為の延長」ではなくて、ちゃんと準備をして、本気で取り組むものです。練習じゃなく、試合です。
編集が簡単とは言わないけど、ちゃんとライブするのは同じくらい難しいのです。ぼくはずっとそう言ってる。
動画人JAPANに行きました。 — Communication Produce Company:Kidsplates,inc.
多くのUSTREAMのユーザーが行っている、日常の垂れ流しや、チャットを主眼に語るのではなく、今、見ている人とどうやって気持ちを「共有」できるのかということを主眼にコンテンツを作り上げ、コミュニケーションをしていくのです。

僕も昨年Stickamさんの24時間番組に部分的に参加させてもらったんですが、ほんと生放送というのは難しい。これは自分には無理だなと思いました。少なくとも今の自分ではどうにも対処できない面が多々。付け焼き刃には何もできない。

で、誤解を招いた問題の箇所ですが、

動画人JAPANのその後で
動画を使ってどうしたいのか。 完パケしたものを見せてアーカイブしておくのが目的か(YouTube的)。それともコミュニケーションとその記録なのか(USTREAM的)。

後者は日常的な行為の延長ですが、前者は恐らくほとんど大多数の人にとって面倒で難解な作業です。敷居が高いからこそ逆に、編集ソフトの使用法などに関心を示す人が多いのでしょう。早晩そんな面倒なことには飽きるか挫折する人が多数出て来ますから、そこばかり盛り上げることに注力しても徒労に終わるような気がします。

入れるべき言葉がごっそりとすっぽ抜けたような構成で分かりにくかったのですが、これ以降の部分はお二方のブログ記事にではなくまったく別方面の話に移っていまして、収録番組よりも生番組のほうが簡単だとか、そういった意味を含んでるわけではないです。
最初に動画人JAPANの話を頂いたときに「動画の敷居を下げるには」という目的も入ってました。その観点で、対面コミュニケーション(日常的な行為の延長)やライフログ的な部分で考えては?ということを書いてます。

なので、

本気の生放送は簡単じゃない (smashmedia)
あと、(別にStickamの肩を持つ理由はないんだけど)一応スポンサーにStickamが入ってたんだから、「Ustream的」のところは「Stickam的」でいいんじゃないの、と思ったよ

Stickamでは作り込んだ番組、USTREAMでは日常の垂れ流しが多いという印象があったことから、ここでは「USTREAM的」ということにしてみました。あくまで個人的に持ってる印象ですけどね。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年1月28日 02:36

» 『動画人(Douga-Jin) JAPAN2008』 終了のまとめ from Podcast journal — ポッドキャストジャーナル
株式会社ボイスバンクさんとアジャイルメディア・ネットワーク株式会社さんが基盤と… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年1月29日 01:23

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー