link1022 link1023 link1024 link1025 link1026 link1027 link1028 link1029 link1030 link1031 link1032 link1033 link1034 link1035 link1036 link1037 link1038 link1039 link1040 link1041 link1042 link1043 link1044 link1045 link1046 link1047 link1048 link1049 link1050 link1051 link1052 link1053 link1054 link1055 link1056 link1057 link1058 link1059 link1060 link1061 link1062 link1063 link1064 link1065 link1066 link1067 link1068 link1069 link1070 link1071 link1072 link1073 link1074 link1075 link1076 link1077 link1078 link1079 link1080 link1081 link1082 link1083 link1084 link1085 link1086 link1087 link1088 link1089 link1090 link1091 link1092 link1093 link1094 link1095 link1096 link1097 link1098 link1099 link1100 link1101 link1102 link1103 link1104 link1105 link1106 link1107 link1108 link1109 link1110 link1111 link1112 link1113 link1114 link1115 link1116 link1117 link1118 link1119 link1120 link1121 link1122 link1123 link1124 link1125 link1126 link1127 link1128 link1129 link1130 link1131 link1132 link1133 link1134 link1135 link1136 link1137 link1138 link1139 link1140 link1141 link1142 link1143 link1144 link1145 link1146 link1147 link1148 link1149 link1150 link1151 link1152 link1153 link1154 link1155 link1156 link1157 link1158 link1159 link1160 link1161 link1162 link1163 link1164 link1165 link1166 link1167
トップページ > Flash, ブログ > Flashでデザイン 差がつくBlogサイトの作り方 セカンドエディション

Flashでデザイン 差がつくBlogサイトの作り方 セカンドエディション

Webクリエイターはもちろん、ブロガーも目を通してみると良いかもしれません。MovableType と Adobe Flash を用いて作る、ブログやリッチなウェブサイト

最も身近で手軽なCMSでもあるブログシステム「MovableType

そして、RIA(リッチインターネットアプリケーション)の草分け「Flash

前者はXMLを書き出しできて、後者はそれを読み込むことが出来る。

ということは、ブログのように気軽に更新できてしまうのに、リッチなインターフェースと表現を持ち合わせているという、夢のようなサイト構築が可能になるわけです。または、ブログの一部に"仕掛けとして"Flashを仕込むということも出来ます。

エフエックスビィ 原さん(というかkara_dさんと呼んだ方が通るかな)による書籍「Flashでデザイン差がつくBlogサイトの作り方」のセカンドエディションを献本いただきました。
Flashでデザイン 差がつくBlogサイトの作り方 セカンドエディション
Flashでデザイン 差がつくBlogサイトの作り方 セカンドエディション

前作は2005年発売だったので、約3年ぶりのアップデート版。

MTもFlashも大きくバージョンアップしていることですし、それに則した内容にしたのかな?と単純に考えてたら度肝を抜かれました。キャラクターのイラストなどがふんだんに盛り込まれて、かなり敷居を下げて取っ付きやすくなった印象です。
Flashでデザイン 内容

タイトルこそ「Blog」と付いてますが、単にブログにとどまらず、RIAとCMSの共存という命題を明快に解説してくれる本です。

作例もより実用的でWebの現状に則した形になっており、Twitter APIとの連動、ケータイ、ティッカー(ブログパーツ)、ポッドキャスト、そしてWii対応のムービーブログまで、実に幅広い内容。さすがにサイトをドーンと作る暇はないですが、ブログパーツ程度なら作りたいと思っていたところなので、ティッカーを参考に週末にでも挑戦してみようかなと感じました。

作例データをダウンロードできる公式サイトもあります。
http://fxb.jp/flashblog2nd/

何度も書いてしまいますがFlashやMovableTypeということにとらわれず、XMLを用いた様々な連携や、これから流行りそうな「AIR(Adobe Integrated Runtime)」への応用などなど、色んな面で参考になるかと思います。ぜひ一読を。
Flashでデザイン 差がつくBlogサイトの作り方 セカンドエディション
Flashでデザイン 差がつくBlogサイトの作り方 セカンドエディション



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年3月 4日 23:48

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー