link1781 link1782 link1783 link1784 link1785 link1786 link1787 link1788 link1789 link1790 link1791 link1792 link1793 link1794 link1795 link1796 link1797 link1798 link1799 link1800 link1801 link1802 link1803 link1804 link1805 link1806 link1807 link1808 link1809 link1810 link1811 link1812 link1813 link1814 link1815 link1816 link1817 link1818 link1819 link1820 link1821 link1822 link1823 link1824 link1825 link1826 link1827 link1828 link1829 link1830 link1831 link1832 link1833 link1834 link1835 link1836 link1837 link1838 link1839 link1840 link1841 link1842 link1843 link1844 link1845 link1846 link1847 link1848 link1849 link1850 link1851 link1852 link1853 link1854 link1855 link1856 link1857 link1858 link1859 link1860 link1861 link1862 link1863 link1864 link1865 link1866 link1867 link1868 link1869 link1870 link1871 link1872 link1873 link1874 link1875 link1876 link1877 link1878 link1879 link1880 link1881 link1882 link1883 link1884 link1885 link1886 link1887 link1888 link1889 link1890 link1891 link1892 link1893 link1894 link1895 link1896 link1897 link1898 link1899 link1900 link1901 link1902 link1903 link1904 link1905 link1906 link1907 link1908 link1909 link1910 link1911 link1912 link1913 link1914 link1915 link1916 link1917
トップページ > 社会・国際・政経 > 仕事と酒はそんなに関係の深いものですか?

仕事と酒はそんなに関係の深いものですか?

「若い世代は酒を飲まない」といった事が、わざわざ報道されてしまう件

僕が二十代だった頃からこういう記事をちらほらと目にするようになった。そのたびに不思議でならない。

雑記帳:仕事に熱心で出世意欲が強いのは… — 毎日jp(毎日新聞)

30代の18.9%が「ほとんど毎日飲酒」と回答したが、20代は9.6%。「おいしいと思わない」「節約のため」などが理由で、「酒なしでバリバリ仕事」の傾向は酒好き上司を悩ませるかも

上司の酒の誘いを断ることについて、さも問題であるかのように報じられることは少なくなったものの、それでもまだこうして酒と仕事を結びつける記事がたまに出てくることに驚く。

僕は団塊ジュニアで不況のまっただ中に就活していた世代。

終身雇用なんて幻想だということに決定されたし、昇級も期待できずこれからは実力主義だとも言われていた。というわけで僕たちは会社の仕事が終わっても、自分磨きとか自己投資なんかを惜しまなかったし、それ無しで生き残れるとも思わなかった。

タイムカードを押して会社を出たあとも、コスト意識を持ち続けている。特に技術職ともなると、社外のプロジェクトをやるか飲み会に出るか、数年続けていれば差は歴然としてくる。

だから上司と酒飲んで愚痴を聞いたりしてる場合ではないのだ。

これってジェネレーションギャップではなくてワークスタイルとライフプランの違い。

酒を飲んで酔ってしまうとその後なにも手につかない。または何をしてもはかどらない非効率さ、そして何より本領発揮できない。だからこそ飲酒運転も禁止されているというもの。

以前ある社長さんに聞いた話がとても良くて「最近、社外でどんな仕事したの?」と社員に尋ねるらしい。

社外プロジェクトで得たものを自社にフィードバックしてもらおうというわけだ。副業に限らず、研究成果や人脈なども同様。社外でも評価されているということが、社内にも良い結果をもたらすようにしているのだ。

振り返ってみれば僕自身も、社外で色々と実績を積んでいたからこそ、出来た仕事というのも少なくない。同世代の友人達からもちらほらとそんな話は出てくる。

まあそうは言っても、件の社長さんも僕も、実はとっても酒好きなのだが(笑)



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年3月10日 02:27

» 私がダラダラとお酒を飲まない理由 from Paqn! ミカニッキ
仕事と酒はそんなに関係の深いものですか? — webdog 終身雇用なんて幻想だ… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年3月10日 23:28

» 副業 禁止 from 副業で稼ぐ秘訣
仕事と酒はそんなに関係の深いものですか?… だからこそ飲酒運転も禁止されているというもの。 以前ある社長さんに聞いた話がとても良くて「最近、社外でど… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年3月17日 09:12

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー