link1233 link1234 link1235 link1236 link1237 link1238 link1239 link1240 link1241 link1242 link1243 link1244 link1245 link1246 link1247 link1248 link1249 link1250 link1251 link1252 link1253 link1254 link1255 link1256 link1257 link1258 link1259 link1260 link1261 link1262 link1263 link1264 link1265 link1266 link1267 link1268 link1269 link1270 link1271 link1272 link1273 link1274 link1275 link1276 link1277 link1278 link1279 link1280 link1281 link1282 link1283 link1284 link1285 link1286 link1287 link1288 link1289 link1290 link1291 link1292 link1293 link1294 link1295 link1296 link1297 link1298 link1299 link1300 link1301 link1302 link1303 link1304 link1305 link1306 link1307 link1308 link1309 link1310 link1311 link1312 link1313 link1314 link1315 link1316 link1317 link1318 link1319 link1320 link1321 link1322 link1323 link1324 link1325 link1326 link1327 link1328 link1329 link1330 link1331 link1332 link1333 link1334 link1335 link1336 link1337 link1338 link1339 link1340 link1341 link1342 link1343 link1344 link1345 link1346 link1347 link1348 link1349 link1350 link1351 link1352 link1353 link1354 link1355 link1356 link1357 link1358 link1359 link1360 link1361 link1362 link1363 link1364 link1365 link1366 link1367 link1368 link1369
トップページ > 雑誌・書籍 > 「おもてなしの経営学」と「パラダイス鎖国」

「おもてなしの経営学」と「パラダイス鎖国」

アスキー新書 中島聡「おもてなしの経営学」と海部美知「パラダイス鎖国」

どちらも、アメリカを論じて日本を語るという感じかしら?

おもてなしの経営学おもてなしの経営学 アップルがソニーを超えた理由 中島聡 著

パラダイス鎖国パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 海部美知 著

アスキーさんから二冊同時に献本いただきました。

「おもてなしの経営学」のほうは中島さんのブログ「Life is beautiful」からの引用多々、どれも読んだ記憶のある名エントリーばかりで回想録としても良かったですし、後半のゴージャスな面々との対談(西村博之、古川享、梅田望夫)はとても勉強になりました。

「パラダイス鎖国」は、日本人の舶来信仰がなくなったという話に始まり、その先どうすれば良いかという著者なりの考えをまとめたような内容。たしかにアメリカへの憧れみたいなものは、僕らの世代だとほぼ皆無に等しくて、むしろ嫌いだという印象すら強いですね。そこを鎖国としてとらえると、ああいう風に話が展開するのだなあという感じ。

どちらも著者自身とアメリカと日本という関係性があって成立しているように思います。自分で考えたい人は「おもてなしの経営学」を、手っ取り早く誰かの意見を聞きたいという方は「パラダイス鎖国」を読めば良いんではないでしょうか。
ということで次回「英語で情報発信を勧められる違和感」へつづく。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年3月29日 22:08

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー