link1370 link1371 link1372 link1373 link1374 link1375 link1376 link1377 link1378 link1379 link1380 link1381 link1382 link1383 link1384 link1385 link1386 link1387 link1388 link1389 link1390 link1391 link1392 link1393 link1394 link1395 link1396 link1397 link1398 link1399 link1400 link1401 link1402 link1403 link1404 link1405 link1406 link1407 link1408 link1409 link1410 link1411 link1412 link1413 link1414 link1415 link1416 link1417 link1418 link1419 link1420 link1421 link1422 link1423 link1424 link1425 link1426 link1427 link1428 link1429 link1430 link1431 link1432 link1433 link1434 link1435 link1436 link1437 link1438 link1439 link1440 link1441 link1442 link1443 link1444 link1445 link1446 link1447 link1448 link1449 link1450 link1451 link1452 link1453 link1454 link1455 link1456 link1457 link1458 link1459 link1460 link1461 link1462 link1463 link1464 link1465 link1466 link1467 link1468 link1469 link1470 link1471 link1472 link1473 link1474 link1475 link1476 link1477 link1478 link1479 link1480 link1481 link1482 link1483 link1484 link1485 link1486 link1487 link1488 link1489 link1490 link1491 link1492 link1493 link1494 link1495 link1496 link1497 link1498 link1499 link1500 link1501 link1502 link1503 link1504 link1505 link1506
トップページ > ビデオブログ・ポッドキャスト, ブログ > 英語で情報発信を勧められる違和感

英語で情報発信を勧められる違和感

せめてネットの世界くらいは日本語コンテンツ優位にして行かないとさ

最近とくに言われることが「英語で動画配信しないの?」ということ。

その度に逆に問うのです「なぜ?」と。

ほとんどの場合、単純にパイを広げるという考えでそういう意見をしているみたい。でもそれは非常に難しいんじゃないかと思ってます。僕の場合、半径3メートル以内の情報発信というのを常に念頭に置いているので、状況的に近い人々に響くようなコンテンツになると思うのです。住んでる国も言語も違う人々に共感しやすいものだとは思ってません。

逆の立場になってみればよく分かることで、新聞に載るようなレベルの海外情報であれば、マスメディアだけでなく1ブロガーの切り口というのも見てみたい気はします。しかしその地に住んでいなければ楽しめないような小さな事となると、あえて取得したい情報ではないと思っています。

以前、僕の「KAOSSILATOR」の動画が米国版ギズモードに掲載されたことがありました。これは「KAOSSILATOR」という超言語があったからであって、英語だとか日本語だとかあまり関係ないこと。海外の人が僕のYouTubeを登録してくれることも増えてますが、同じく増えているのが「言葉は分からないがアンタのビデオは面白い」という内容のコメント。これも超言語の部分。

多分に芸術系出身というのが強く影響しているような気はしますが、言語や地域性に縛られている部分での面白さというのは弱いという考えもあります。美術館に行って感動する作品は、同じ言語を喋る作家によるものばかりか?ということです。

超言語の面白さを獲得できていれば、他言語展開もやるべきでは?という事も言えます。ただ、訳詞を読んでがっかりする洋楽と同じで、言語というのは超言語の良さを曇らせる力も持ってます。言語のほうが「理解」しやすいですから。情報の質と無関係なところで評価されるのは、あくまで副次的なものとしてとらえています。

ところでOrkutがラテン語に侵食され始めた頃のこと、あるアメリカ人が「ここはアメリカだぞ」というメッセージを流したことがありました。

この発言の恥ずかしさもさることながら、経済力も軍事力も通用しない場では案外脆い国なのかもしれないと感じました。このケースを思えば、中国がGoogleを排除しつつ百度を展開しているというのは、圧倒的多数の中国語人口を考えると正しいとしか言いようがないですね。

4割がスパムとはいえ、ブログで使われる言語で最も多いのは日本語だそうです(参照1参照2)。
量が充分にあるのなら、あとは情報の質さえ高めていけば、無理に他の言語でやる必要というのもあまり無いような気がしてます。

論文にしろニュースにしろ、日本語でやるということが大切な時期なんじゃないでしょうか?知りたきゃ日本来れば?というくらい強気で行きたい。なんでも英語圏にあわせるより、日本人に都合の良いように世界を作り変えたほうが楽だと思いません?せめてバーチャルの世界だけでも。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年3月30日 00:34

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー